2017/09/16

長洲未来がトリプルアクセル成功!@2017U.S. International

2017年9月15日、U.S. International Figure Skating Classic女子ショートプログラムで、長洲未来がトリプルアクセルに成功!着氷が乱れてGOEマイナス1.60ながらも、回転不足はなくトリプルアクセルとジャッジされています。女子8人目。


まさか長洲未来が公式戦で3Aに成功するとは...恐れ入りました。24歳になっても高度な技にチャレンジする姿勢は素晴らしいな。


全く知らなかったのだが、練習でトリプルアクセルに成功した動画をツイッターで公開しており、7月のアイスショー「THE ICE 2017」でも跳んでるんだね。

| | コメント (0)

2017/09/07

X9.3の大規模な太陽フレアが発生(2017年9月6日)

2017年9月6日21時頃、X9.3の大規模な太陽フレアが発生。


このクラスのフレアは、2006年12月5日(X9.0)以来11年ぶりのこと。


この現象に伴って地球方向へのコロナ質量放出が観測されており、9月8日の夜に地球へ到達する見込み。GPS衛星、通信衛星などの人工衛星の障害、送電線への影響などが懸念されます。


参照記事
→情報通信研究機構「通常の1000倍の大型太陽フレアを観測

宇宙天気ニュース

NOAA宇宙気象予報センター(磁気嵐情報)

| | コメント (0)

2017/08/26

2017年ジュニアグランプリ女子アレクサンドラ・トゥルソワ4回転サルコウUR

2017年JrGP初戦女子フリーでロシアのアレクサンドラ・トゥルソワ(Alexandra Trusova)が4回転サルコウに挑みましたが、アンダーローテーション判定。


2017年フィギュアスケートジュニアグランプリシリーズが開幕。
初戦はオーストラリア大会。


8月26日本日、女子フリーが行われ、ロシアのアレクサンドラ・トゥルソワ(13歳)がデビュー戦ながら197.69点のハイスコアで優勝!


SP 65.57
FS 132.12


フリースケーティングのTESはなんと75.62点!!
今年3月に行われた世界ジュニア選手権フリーのアリーナ・ザギトワのTESが75.81点で、それに匹敵する点数。


演技冒頭で4回転サルコウに挑んだものの明らかなアンダーローテーションであった。それでもGOEマイナス分を含めて6.73点得ています。2Aまたは3Lo(or 3T)をもう一度跳ぶよりも高得点。


今シーズン中にクリーンな4回転サルコウを見られるかもしれません。


3Fと3Lzのどちらにも3Loまた3Tを付けることができ、SPでは3F+3Loのコンビネーション、FSでは3Lz+3Lo、3F+2T+2T、3Lz+3Tのコンビネーションジャンプを跳びました。ジャンプだけに秀でている訳ではなく、フリーでは全てのスピンとステップでレベル4を取っています。


エテリ・トゥトベリーゼに師事する選手は、メドベージェワ、ザキトワ、トゥルソワとすごいのばかりだな。他にも4T+3Tを跳ぶというアンナ・シェルバコワ(Anna Shcherbakova)がいますが、怪我のため今季のJrGPには出場しない模様。

| | コメント (0)

2017/08/25

2017年8月25日大規模ネット障害→テレビリアルタイムでは報道せず

2017年8月25日正午過ぎから日本各地で大規模なインターネット接続障害が発生しています。


ネット障害発生中なのにブログ投稿するのも如何なものかと思いますが、とりあえず書いておきます。


ニュースサイトでなかなか報じられず、ツイッターで検索したところ、大規模なネット障害が起きていることを知りました。特定のサイトに接続できないという声や、「ネット障害で仕事ができない」という声がたくさん上がっています。


13時48分に毎日新聞がニュース記事を配信し、その後いくつかのニュースサイトでも報じられています。


テレビではどうかと思い、各局見てみましたが、ワイドショーではどうでもいい橋本市議のことを延々やっており、どの局でも報道していません。(8月25日14時30分現在)

この障害が与える影響は大きいと思われるのだが、生放送の番組がリアルタイムで報道しないってどうなの?テレビがいかに使えないか改めて痛感しました。


全く繋がらない訳ではないのでネットから情報を得ることができたが、ネットの障害情報こそテレビで報じるべきだ。

| | コメント (0)

2017/08/07

三和交通では名前と住所を告げればタクシー代を支払わなくていいらしい@最恐映像ノンストップ5

昨夜放送された『最恐映像ノンストップ5』。
途中つまらなくてウトウトしてしまいましたが、今回も突っ込みどころ満載でまぁまぁ面白かったです。映像は自家製か拾い物かわかりませんが、毎度毎度ご苦労様です。


心霊写真のいくつかはあきらかにパレイドリアで、あれを霊だと言うのであれば、世の中の誰しもが心霊写真を所有していると思うぞ。


さて、心霊スポット巡礼ツアーを行っている三和交通のドライバー(乗務員歴13年)、大槻幸太郎さんが体験したという「高畑悦子」の話。

概要は次の通り。
・いまから3年前の春、夜11時半、八王子市内のとある神社の前
・20代後半の女性がバッグも何も持たずに路肩で手を挙げていた
・女性が乗車
・行き先を訊くと、「確認したい場所があるんですけど行ってもらえますか?」と答えた
・どこまで行くのか尋ねると、「アイヤマの交差点まで」と答えた
・午前0時過ぎにアイヤマの交差点(少し手前)に到着
・女性は「ここで待っていてもらえますか?」と告げて降車し、交差点の方へ歩いて行った
・5分程度で女性が戻って来た
・「場所は確認できましたか?」と尋ねると
・「私はここで交通事故に遭ったということが確認できました」と答えた
・「事故に遭って入院とかされてたのですか?」と尋ねると
・「私はここで亡くなったということがやっとわかりました」と答えた
・女性は乗車した場所まで戻って欲しいと告げた
・乗せた場所まで戻り、料金を告げると、「いま払いたくても払えないんです。母親が必ず払いますから、了解してもらえますか?」と言われた
・名前と住所を書くからと言われたので、レシートの切れ端を差し出して、そこに書いてもらった
・「高畑悦子 八王子市〇〇××△△」
・女性は料金を支払わずにタクシーを降りた
・後日住所の場所に行ってみると、そこはお寺だった


ただの無賃乗車じゃねぇか!!


三和交通の乗務員さん達は無賃乗車ではないと反論する。
無賃乗車の場合、
①曖昧な行き先を言う
②往復はしない
③名前は名乗らない
だから違うとのこと。


いやいや結果的にタクシー代支払ってないのだから無賃乗車だよこれ。


この女性が霊かどうかなんてどうでもいい。
三和交通では名前と住所を告げれば、その場ではタクシー代を支払わなくていいらしい。


さらに言うと、名前と住所が嘘だとバレた場合、似顔絵を作成してテレビで捜索されるようだ。

| | コメント (0)

2017/08/06

偏向マスコミの犬→坂上忍・東国原英夫

2017年8月4日ニュース記事より

8月4日放送のバイキングで、麻生太郎財務大臣のマスコミを巡る発言に対して、司会の坂上忍が「イラッと来てる」との心境を吐露した。

番組では森友学園問題で新たに明らかになった音声データを特集。今月1日、この件について質問を受けた麻生氏は「取材が正しいか、我々の答弁が正しいか、取材の方が正しいと思ったことはありません。自分の部下の話を信じています」などといい、音声データへのコメントを差し控えた。

坂上は麻生氏の発言について「一見部下の言うことを信じるというのは、上司としてはきれいな言葉遣いになるのかもしれない」としながら、マスコミが報じたことで国民が知り、疑問を持つことができるといい「それを否定されてしまうと...。僕は今の、ちょっとイラッと来てるんですけどね」と不満を露わにしたのだった。

コメンテーターの東国原英夫氏も「メディアというのは民主主義の根幹だと思う」「それを蔑ろにされるということは、民主主義の否定に繋がりかねない」と懸念。東国原氏は「政府の重鎮の方たち、どこかマスコミ不信というか、マスコミを毛嫌いしている感覚があるのかな」と推測していた。


坂上忍はもともと好きではないが、腐りきってるマスコミの犬だな。詳しくは次のように語っていました。
「そもそもマスコミ信じてないってさ、マスコミが...こう記者の方々が暴いたことによって、僕らが知れて、それで疑問が持てて、疑問が持てた先に、安倍政権というものに対しての、えっどうなってんの、この人たち大丈夫なのかって、これはとてもいいことと言うか、当たり前の流れであって、それを否定されてしまうと、僕、いまのちょっとイラっと来てるんですけどね、あの言葉」


ネットを通じて、報道されない真実を知った国民の多くがもはやマスコミを信じていない。マスコミの報道に対して疑問が持てて、疑問が持てた先に、日本のマスコミに対しての、どうなってんの、大丈夫かなって思うのが当たり前の流れです。お前がイラっとする前に、マスコミの偏向報道にみんなイラっと来てるんだよ!


東国原もこのハゲ、違うだろ!
メディアが民主主義の根幹!?
メディアの印象操作によって民主主義の根幹が揺らいでいるのが今の日本。

| | コメント (0)

2017/08/04

見てはいけない!実写映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』

2017年8月4日本日公開、実写映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』。


たとえ興味本位でも決して見てはいけない。
仮に観客全員が酷評したとしても、一定の興行収入を得ることができれば、奴らは御の字なのだ。評価などこれっぽっちも気にしていない。


奴らの策略に乗せられるな!


とは言うものの、キャストの熱烈なファンなら致し方ないです。

| | コメント (0)

«吉野家の夏期限定タコライスは具材が横並び