« プロローグ | トップページ | ゲンゴロウ »

2005/01/18

銀座 うち山

昨晩、「銀座 うち山」で食事してきました。六本木・赤坂・銀座あたりで美味しい和食屋さんはないかと探していたところ、ネットでの評判がなかなか良かったので予約しました。

10,500円のコースのみという設定です。お酒は加賀鳶の山廃純米酒にしました。なかなか美味しかったのですが、最近あまり飲んでないので1合で結構酔っ払ってしまいました。料理は、鱈の白子ポンズ、白魚・タラの芽・ふきのとうの天ぷら、うに茶碗蒸し、鯛のお造り、カブと海老しんじょうの煮物、レンコンのきんぴら、ブリの照り焼き、香箱(せいこ)蟹、ゴマだれ鯛茶漬け、ほうじ茶のシャーベットという内容でした。(順番が多少違うかも)

前半は「普通にうまいかな」と思っていたのですが、椀物あたりから「かなりうまい」に変わってきました。旬の素材の美味しさを最大限に引き出す直球勝負の料理です。煮物のカブはとろけるウマさ。レンコンは火の通し具合が最適でシャキシャキ感が最高。ブリの照り焼きは出て来てすぐに匂いをかいでしまいました。あーなんていい匂い。身も甘くて美味しい。付け合せのセロリの葉のきんぴらもうまかった。香箱蟹は好物なので、あっという間に食べました。特に内子が大好きです。あ~幸せ。ゴマだれに漬かった鯛はそのまま載せて食べても、煎茶をかけて食べてもどちらも美味しかった。ただ、〆に鯛を出すなら、お造りは他のものが良かったと思います。そして、デザートが絶品!ほうじ茶の香りと上品な甘さ、雪のような食感が最高に美味しかった。

店を出るときには、店員の方だけでなくご主人自ら店の外まで見送ってくださいました。やぁこういうのって気持ちいいですよね。なかなか出来るものでもないと思うし。ご主人の誠実さは料理にも現れていると思います。コストパフォーマンスもかなりイイです。大満足!1シーズンに1回は行きたいなぁと思ってます。

今日の一言
「内山田洋とギャングセブン」

|

« プロローグ | トップページ | ゲンゴロウ »

グルメ・クッキング(-2006)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/2610517

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座 うち山:

« プロローグ | トップページ | ゲンゴロウ »