« 前代未聞!F1アメリカGP | トップページ | Buon Compleanno a Rosa ! »

2005/06/21

ラッパじゃない正露丸

昨晩、友人と吉祥寺で飲んだ際に、正露丸とメンソレータムの話になった。正露丸は大幸薬品「ラッパのマークの正露丸」以外に他社からも「正露丸」という名前で止瀉薬が売られているそうだ。自分はお腹がすこぶる弱いのだが、正露丸は味が苦手なので、これまでの人生で10粒程度しか飲んだことがない。自分で買ったこともなく、ラッパのマークじゃない正露丸が存在することを全く知らなかった。「ラッパじゃなくてチャルメラなのかな?」と聞いたが、そういう問題ではないらしい。

調べてみたところ、Wikipediaに詳しい話が載っていた。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』:正露丸

1954年に大幸薬品が商標登録して他のメーカーに「正露丸」の名称を使わせないようにしたが、1974年に最高裁で「正露丸は一般名で固有の商標ではない」という判決が出された。現在では正露丸の商標は大幸薬品が持っているが他社が正露丸の名で販売してもよいということになっている。

また、メンソレータムとメンタームは別物です。現在では、ロート製薬が「メンソレータム」を、近江兄弟社が「メンターム」を販売しています。

これもWikipediaに詳しい話が載っています。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』:メンソレータム

メンソレータムとは19世紀、アメリカ・メンソレータム社が開発・製造した塗り薬。日本では、近江セールス株式会社(のちの株式会社近江兄弟社)で輸入販売権を取得・販売していた。
1974年、近江兄弟社倒産、再建の為にメンソレータムの販売権を米メンソレータム社へ返還。
1975年、 ロート製薬が日本における「メンソレータム」販売権(専用使用権)取得。
その後、近江兄弟社は大鵬薬品の資本参加等で再建。以前まで利用していた生産設備を利用し、「メンターム」として販売。

ちなみに、メンソレータムを略してメンタムと言うことがありますが、「メンタム」という薬はちゃんと存在しています。
白石薬品「メンタム

|

« 前代未聞!F1アメリカGP | トップページ | Buon Compleanno a Rosa ! »

日記・コラム(2005-2007)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/4643559

この記事へのトラックバック一覧です: ラッパじゃない正露丸:

« 前代未聞!F1アメリカGP | トップページ | Buon Compleanno a Rosa ! »