« 鋭鬼はダジャレ好き! | トップページ | 手術中に患者の頭ポカリ »

2005/08/30

仮面ライダー響鬼DVD第一巻

Amazon.comからやっと『仮面ライダー響鬼DVD第一巻』が届いたので、早速見ました。一之巻から四之巻まで収録されています。
いつも偉そうに響鬼の感想なんぞを書いているが、オレが響鬼をちゃんと見始めたのは、六之巻 「叩く魂」あたりから。それ以前のストーリーは公式HP等読んで学習していたが、聞くと見るでは全然違うね。初期の放送はまだなんか手探り状態のような印象を受けた。

響鬼も始まった頃は弱かったんだねぇ。ツチグモの糸さえ自分で切れずにアカネタカに切ってもらっていた。まぁ、怪童子や妖姫も弱っちくて響鬼が口から吐く鬼火で簡単にやられてたからお互い様か。初期の音撃は「火炎連打の型」だそうだが、四之巻までは魔化魍に清めの音を叩き込む際に「○○の型!」とか言っていない。あと、響鬼に出てくる車両は全てホンダ製かと思っていたのだが、一之巻・二之巻で明日夢のいとこ千寿が乗っていた車はトヨタのヴィッツだった。フィットじゃないんだ。いろんなことが新鮮で面白い。

特典映像として製作発表の模様が入っていた。公式HPの猛士通信を読めば分かることなのだが、製作発表で会見したのは、ヒビキ、明日夢、香須実、イブキ、モッチーの5人だったのか。香須実さん、おやっさんは居なかったんだ。

イブキ役の渋江譲二さんは当時まだ撮影に入っていないらしく、コメントに困っていた様子だった。モッチー役の森絵梨佳ちゃんは初めての連続ドラマ出演なのに堂々とコメントしていた。本人は結構緊張していたのかもしれないが。明日夢役の栩原楽人くんのコメント「明日夢くんと歳が近いので、この1年を通して明日夢くんとともに人間として成長していければいいな、と思っています。」は、なんかジーンと来た。この七ヶ月で明日夢は随分成長したよね。

ところで、加賀屋(中野)のカウンターで飲んでいて気づいたのだが、厨房に『ホッピー ラップ』なるものが置いてあった。サランラップやクレラップのようなものなのだが、あれってホッピービバレッジで作ってるのかな?別にホッピー飲むのにラップ要らないよね。販促品?

|

« 鋭鬼はダジャレ好き! | トップページ | 手術中に患者の頭ポカリ »

仮面ライダー・スーパー戦隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/5712900

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダー響鬼DVD第一巻:

« 鋭鬼はダジャレ好き! | トップページ | 手術中に患者の頭ポカリ »