« KEALI'I REICHEL | トップページ | 加賀屋 »

2005/08/07

スノーケリング

夏になると海でスノーケリング中に溺れてしまう事故のニュースを耳にする。スノーケリングって楽しいけど、初心者は足の付かないところではやらない方がいいと思う。オレも溺れかけたことがあります。

もう15年くらい前の話。沖縄の座間味島に行ったときのこと。スノーケリングは初めてか二回目くらいだったと思う。海がすごくきれいで、魚もたくさんいるし、しばらくスノーケリングに興じていました。ふと顔をあげると、ずいぶん沖まで来てしまったことに気が付いた。一旦立ち泳ぎの姿勢を取ったそのとき、うしろから大きな波が来て、スノーケルに入った水を思いっきり飲んでしまいました。

もともと水泳は得意でなく、海で本格的に泳いだのは中学の臨海学校のときだけで、海水を飲んだ経験があまりなかった。足は付かないしパニクってしまい、浜辺に向かって手を振ったけど、気づいてもらえそうもない。このままだと溺れてしまうので、とにかく落ち着かなくちゃと自分に言い聞かせ、呼吸を整えた。ゆっくりとした呼吸を続けているうちに落ち着いてきて、なんとか無事に浜辺まで戻ることができました。

今でも思い出すと怖くなります。それ以来、海では足の付かないところへは行かないことにしました。

ところで、昨年マウイ島へ旅行した際、ラハイナにあるプーノアビーチエステイト(Puunoa Beach Estates)というコンドミニアムに泊まりました。ここは前々から一度泊まってみたいと思っていた。2ベッドルームの部屋も豪華で素晴らしいのだが、目の前がすぐ海という最高のロケーション。部屋から海まで徒歩10秒くらいです。海は遠浅で結構きれい。近くにホテルがない場所で地元の人間が散歩しに来る程度なので、ほとんどプライベートビーチ状態。自分は自前のスノーケルとマスクを持って行ったので、初日は一人でスノーケリングしていたのだが、翌日は近所のショッピングモールで奥方様の分のスノーケルセットを買いました。午前中はスノーケリングを楽しんで、午後からお出かけという贅沢で至福の時を過ごしました。またいつか行ってみたいな。
Puunoa Sunset

|

« KEALI'I REICHEL | トップページ | 加賀屋 »

日記・コラム(2005-2007)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/5349085

この記事へのトラックバック一覧です: スノーケリング:

« KEALI'I REICHEL | トップページ | 加賀屋 »