« 仮面ライダー響鬼DVD第一巻 | トップページ | NANA電車 »

2005/08/31

手術中に患者の頭ポカリ

昨日のYahoo!ニュースにこんな記事が載っていた。

手術中に患者の頭ポカリ、医師を停職
国立病院機構滋賀病院の医師が、手術中に「やめてくれ」などと言って暴れた患者に腹を立て、頭を殴って5日間のけがをさせていたことが30日、分かった。
同機構は同日、国家公務員法に基づき、この医師を停職3カ月の懲戒処分にした。同機構の近畿ブロック事務所によると、医師は8月1日、局所麻酔をした患者の手術中、患者が「手術をやめてくれ」と言って体を激しく動かし始めたため、額をこぶしで1回殴り、「じっとしておけ。黙っていろ」などと暴言を浴びせた。
医師は手術を途中で打ち切り、終了後に看護師が上司に報告。医師と副院長が患者と家族に謝罪した。患者は事前に手術に同意していたといい、患者は約3週間後に別の医師が再手術したという。
(共同通信 - 8月30日)

会社にいろんな人がいるように、医師も患者もいろんな人がいるもんだねぇ。患者との信頼関係が出来ているのであれば、多少の暴言は許されると思う。「手術をやめてくれ」と暴れる患者も悪いが、たとえ患者の態度が悪かったとしても、患者を殴っちゃダメだよね。まぁ本気で殴ろうと思って手を出したのか、身体を押さえ付けようとしてたまたま手があたったのか分からないけど。

オレは今まで大きな手術を二回経験しているが、術後の医師のケア(言葉)に随分助けられました。先日見たテレビの番組で、とある病院の教授がこんな事を言っていた。「医者に大切なのは頭(知識・技術)ではなく、(患者を思いやる)心である」と。
もちろん技量が優れていることも大事だが、全ての医師がこのような信念を持っていることを望みます。

|

« 仮面ライダー響鬼DVD第一巻 | トップページ | NANA電車 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

許せない医師ですね。
患者に暴言を吐いた上に、90代のお婆ちゃんを殴るなんて。
停職3ヶ月なんて処分が甘いです。こんな医師はクビにしてくれと言いたいですね。
患者には医師を選ぶことは出来ないのですから。

投稿: ひとり | 2005/08/31 14:45

ひとりさん、コメントありがとうございます。

高齢者一人ではなかなか難しいとは思いますが、同意書があるのですから、自分が信頼できない医師の手術は受けるべきではないと思います。地方都市では病院も多くないと思うので、患者が病院(医師)を選ぶのは現実問題厳しいのかもしれないですね。
実際の状況は分かりませんが、手術の段階になって「やめてくれ!」と暴れるのは患者にも問題あるのではないでしょうか。でも90歳にもなって暴れるとは、元気なお婆ちゃんですよね。

投稿: たーさん | 2005/08/31 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/5713902

この記事へのトラックバック一覧です: 手術中に患者の頭ポカリ:

» 手術中に患者を殴った医師 [ひとりの独り言]
とんでもない医師がいたもんだ。手術中に痛いと動いた患者に暴言を吐き、90歳代の患者を殴り5日間のけがを負わせたとのこと。 問題の病院は国立滋賀病院(滋賀県東近江市)。おいおい国立病院かよ。 8月1日、90歳代の女性患者に局部麻酔をして手術に取りかかったが、途中で「痛い」と声をあげ体を動かしたことから、30歳代の医師が「じっとしとけ」「だまっとけ」と暴言を吐き、患者の額を拳で殴りけがを負わせた... [続きを読む]

受信: 2005/08/31 14:55

« 仮面ライダー響鬼DVD第一巻 | トップページ | NANA電車 »