« トリノオリンピック女子フィギュアスケート日本代表 | トップページ | 脳の鍛錬 »

2005/12/28

フィギュアスケート勉強会

この1週間でフィギュアスケートについて結構勉強しました。フィギュアフリークにとっては基本的なことだと思いますが、多くの知識を得ることで更に面白く感じてきました。今回の全日本選手権を見ていて、「ショートプログラムで浅田真央と安藤美姫の技術点(総要素点)の差がなぜあんなに大きかったのか?」、また「フリーでトリプルアクセルを2回決めた浅田真央より恩田美栄の方が技術点が高かったのはなぜか?」という疑問が残ったのですが、その原因が見えてきました。

技術点に大きな影響を与えるのはやはりジャンプ(およびジャンプのコンビネーション)です。我々初心者はジャンプした後の着氷に注目してしまいがちです。もちろん着氷も大事なのですが、それより重要なのはジャンプの踏み切りであって、踏み切り方によってジャンプの難易度が異なります。ジャンプには大きく分けて6種類あります。難易度の高い方から並べると、①アクセル、②ルッツ、③フリップ、④ループ、⑤トゥループ、⑤サルコウの順です。

通常のジャンプは後ろ向きで踏み切って、後ろ向きで着氷するのですが、アクセルは進行方向前向きで踏み切って、後ろ向きで着氷するので、他のジャンプより0.5回転多く回ることになります。トリプルアクセルがすごい技だと言われるのはそのせいです。

基本的に技術点(総要素点)はBaseValue(基礎点)とGOE(演技点)の合計です。BaseValueは技によってあらかじめ決められています。GOE(Grade of Execution)は演技の良し悪しを評価したもので、ジャッジが判定した点数のうち、最高点と最低点を除いた残りを平均した値です。

では、「フリーでトリプルアクセルを2回決めた浅田真央より恩田美栄の方が技術点が高かったのはなぜか?」を考えてみたいと思います。

フリーの演技では、3回転ジャンプは1種類1回までと決められています。ですから、トリプルアクセルを単独で2回跳ぶことはできません。しかしながら、コンビネーションのジャンプであれば単独のジャンプと重複しても構いません。コンビネーションは3回まで入れられます。今回、浅田真央はトリプルアクセルを決めた後、コンビネーションでトリプルアクセル+トゥループを跳びました。トゥループは本来2回転するはずだったのだと思いますが、回転が足りず1回転と判断されました。トリプルアクセルは7.5点と高い点数がつきましたが、3A+1Tのコンビネーションは7.7点とかなり低い評価になってしまいました。また、終盤で跳んだトリプルループはコンビネーションの予定だったのだが単独のジャンプになっていまい、4.5点しか取れませんでした。

一方、恩田美栄は、コンビネーションを3回入れてきて、8.9点、8.1点、7.4点と全て高い評価を受けています。単独のジャンプは4回跳んでいてこれも高い点数がついています。これにより、女子で初めてトリプルアクセルを2回成功させた浅田真央より恩田美栄の方が高い評価を受けたという訳です。

つまり、コンビネーションでいかに高い評価を受けるかで技術点が大きく左右されます。3回転+2回転+2回転や3回転+3回転はかなり高い点数を獲得できます。安藤美姫が過去に跳んだという4回転はサルコウというジャンプで、4回転サルコウは基礎点が9.5点なのですが、3回転フリップ+3回転トゥループのコンビネーションも同じ9.5点なのです。ですから、たとえ4回転を跳べたとしても他のジャンプやコンビネーションの点が低ければ総得点は低くなってしまうのです。

長文になってしまいましたが、次に「ショートプログラムで浅田真央と安藤美姫の技術点(総要素点)の差がなぜあんなに大きかったのか?」を考えたいと思います。

ショートプログラムではジャンプのコンビネーションを必ず1回入れることになっています。浅田真央は3回転フリップ+3回転ループという高度なコンビネーションをバッチリ決めました。これは基礎点だけでも10.5点なのですが、演技点も1.6点と高評価で合計12.10点を叩き出しています。これに対し、安藤美姫は3回転ルッツ+2回転ループを跳びました。これは基礎点が7.5点ですが、着氷が乱れてマイナス0.60点という評価になってしまいましたので、合計で6.90点にしかなりませんでした。このコンビネーションだけで5.2点もの差がついてしまったのです。

結局、ジャンプの種類を見分けられなければ、どの程度の点数がつくか判断できないので、オリンピックまでの約一ヶ月でビデオを見ながら勉強したいと思います。

なお、演技の点数は日本スケート連盟のHPから引用させていただきました。また、この記事を書くにあたり、(かなり)参考にさせていただいたのは以下のHPです。
フィギュアスケート資料室
フィギュアスケートのルール
フィギュアスケートのジャンプを見分けよう

その他、フィギュアスケートの勉強になるHPを載せておきます。
フィギュアスケートのジャンプの種類

|

« トリノオリンピック女子フィギュアスケート日本代表 | トップページ | 脳の鍛錬 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/7869114

この記事へのトラックバック一覧です: フィギュアスケート勉強会:

« トリノオリンピック女子フィギュアスケート日本代表 | トップページ | 脳の鍛錬 »