« オリンピック開催期間中は選手のブログ更新禁止!? | トップページ | 轟轟戦隊ボウケンジャー Task.1「魔神の心臓」 »

2006/02/18

親知らず抜けていたとはつゆ知らず

昨日、親知らずを抜いて来ました。

親知らずのせいで奥歯がうまく磨けていなかったために虫歯になってしまい、歯が脆くなって奥歯が欠けてしまった。欠けた箇所は虫歯部分を削ってから埋めるとして、親知らずは今抜かずにしばらく様子をみましょうかと歯科医師は言ったのだけれど、「いっそのこと抜いてしまってください」と自己申告して抜くことになりました。

親知らずは十数年前に一本抜いたことがあり、その時はめちゃめちゃ痛くて、20~30分かかってようやく抜けた記憶があります。その時はもう二度と親知らずを抜くもんかと心に誓ったのだが、その後いろいろな人に話を聞いたところ、歯科医師の技量により痛い・痛くないの差がかなりあるということが分かった。

今通っている歯科の先生は遠方からも治療を受けに来るような名うての名医なので、医師の技量でそれほど差があるものなのか実体験してみたくなったのだ。

どこの歯科もそうなのかも知れないが、目の上に不織布のようなものをかぶせられるので、医師が何をやっているのかは、口の中の感触と音で判断するしかありません。まずは麻酔をかけるべく歯茎に注射しているようで、ときどきチクチク痛みます。これは採血の痛み程度のもので大した痛みではない。麻酔が効くまでしばし休憩。

そしていよいよ始まりました。目隠しの隙間が道具がチラっと見えた。鉗子のような道具みたいだ。親知らずを引っ張っているようだが、口の中は麻痺していてよくわかりません。「痛くないですか」と聞かれたが、全然痛くなかった。その後、道具を変えたようだ。口から何かを取り出したみたい。そしてガーゼを噛まされた。

えっ、もう終わり?抜けたの?抜けた感覚は全くなかった。数分経ってガーゼを取られた際に歯科助手の人に聞いてみた。
「もう抜いちゃったんですか?」
「ええ、そうですよ」
「すごい、めちゃめちゃ早い」
恐らく2~3分だったのではないかと思います。痛みは全然なかった。医師の技量でこれほど違うものなのか。っていうか、人間の歯ってそんなに簡単に抜けてしまうものなのか。

飲酒禁止とのことなので、せっかく赤羽に来たのにもかかわらず、どこにも寄らずに帰りました。鎮痛剤としてロキソニンをもらったものの麻酔が切れたら痛むんだろうなぁと思っていたのだが、いまだに痛みはありません。これも医師の技量なのか?すげぇぜ、先生!

歯を磨く際に抜歯した箇所を見てみたら、ぽっこり穴が開いてたよ。結構怖かった。

|

« オリンピック開催期間中は選手のブログ更新禁止!? | トップページ | 轟轟戦隊ボウケンジャー Task.1「魔神の心臓」 »

日記・コラム(2005-2007)」カテゴリの記事

コメント

ほー...
実は私も今歯医者に通っているんだけれど、
「親知らずは治療できないので抜きます」
と宣言されているのですよ。参考になるなあ。
抜いたら、痛かったかどうか自分のblogに書こうっと。

投稿: ひぐち | 2006/02/22 01:19

巷ではインフルエンザ以上に歯科通いが流行っているようです。アマ・ンドロンさんも通っているそうだ。親知らずを抜いた感想を楽しみにしています。

投稿: たーさん | 2006/02/23 01:12

神経は抜かずにすみました^^歯磨き時の痛みは知覚過敏ですねーと言われました。いろいろあるんですね。。まだまだ歯科通いは続きます!ちなみに私の親知らずは、歯肉の中で横に生えているので抜けないそうです。

投稿: アマ・ンドロン | 2006/02/23 08:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/8721898

この記事へのトラックバック一覧です: 親知らず抜けていたとはつゆ知らず:

« オリンピック開催期間中は選手のブログ更新禁止!? | トップページ | 轟轟戦隊ボウケンジャー Task.1「魔神の心臓」 »