« トリノオリンピック フィギュアスケート女子シングル・フリースケーティング結果考察 | トップページ | エレベーターの人びと »

2006/02/25

トリノオリンピック・フィギュアスケート女子シングル予想滑走時刻反省文

フィギュアスケート女子シングルの各選手滑走時刻を予想しましたが、実際の滑走時刻の方が6分から10分早かった。第3グループの安藤美姫選手は2分程度しか違わなかったのだが、後ろに行くほど差が開いてしまった。「予想が外れたせいで演技を見逃した」という苦情は届いていないが、そう言われても返す言葉がありません。滑走時刻を知りたくて、このブログを見に来てくださった方が多数いたようなので、申し訳ない気持ちでいっぱいです。あくまでも"予想"ですが、どうせならもっと精度の高い予想を公開したかった。

そもそもアプローチが間違っていました。全体の時間を按分する方法では、ウォームアップやお掃除の時間を考慮したとしても実際の時刻には近づけない。一つ一つの時間を積み上げて行く方法にすべきでした。昨晩、再計算した時点でもう少し脳が活発に動いてくれたら、そこまで出来たと思うので残念でなりません。今日、会社で仕事の合間を縫って、積み上げ法で計算してみました。

ショートプログラムの公式記録を見ると、ウォームアップが「6分30秒」、リンクのお掃除が「15分」、ジャッジに要した時間は「3分25秒」でした。そして、各選手に与えられたフリー演技の時間は「4分」。これに30秒のAllowanceをプラスすると、一人当たりの持ち時間は約8分。ウォームアップが4回、お掃除が1回。これらの値から各選手の滑走開始時刻を割り出すと、実際の時刻に比べて1分も違いませんでした。

4年後のバンクーバーでは期待してください。かなり精度の高い予想をお見せできると思います。たーさんの名を汚さぬよう不撓不屈の精神で予想道に不惜身命を貫きます!

|

« トリノオリンピック フィギュアスケート女子シングル・フリースケーティング結果考察 | トップページ | エレベーターの人びと »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/8822868

この記事へのトラックバック一覧です: トリノオリンピック・フィギュアスケート女子シングル予想滑走時刻反省文:

« トリノオリンピック フィギュアスケート女子シングル・フリースケーティング結果考察 | トップページ | エレベーターの人びと »