« フィギュアスケート世界選手権2006 | トップページ | TBSドラマ『夜王』最終回 »

2006/03/25

フィギュアスケート世界選手権2006 女子ショートプログラム

カナダのカルガリーで開かれているフィギュアスケート世界選手権。シングル女子のショートプログラムが24日(日本時間25日未明)に行われました。日本勢は村主章枝が2位、中野友加里が6位、恩田美栄が12位でした。主な順位は次の通り。

1位 サーシャ・コーエン(米国) 66.62点
2位 村主章枝 62.12点
3位 エレーナ・ソコロワ(ロシア) 60.98点
4位 サラ・マイヤー(スイス) 60.51点
5位 キミー・マイズナー(米国) 60.17点
6位 中野友加里 59.62点
7位 ジョアニー・ロシェット(カナダ)56.38点
8位 ゲデワニシビリ(グルジア) 54.55点
9位 スザンナ・ポイキオ(フィンランド) 54.28点
10位 エミリー・ヒューズ(米国) 54.23点
11位 キーラ・コルピ(フィンランド) 53.32点
12位 恩田美栄 52.49点

サーシャ・コーエンは予選では転倒したものの、SPではTES(技術点)で36.0点という高得点を出しており、パーフェクトな演技だったと思われる。村主章枝はTESではコーエンに及ばないものの、PCS(構成点)では29.00点とコーエンの30.62点と並ぶ高評価を得ている。3位のエレーナ・ソコロワは、グランプリ・ファイナルで5位だった選手。

4位のサラ・マイヤーは、どんな選手か調べていたら、自分のHPを持っていました。ドイツ語(たぶん)で書かれているので、文章の意味はほとんど分かりません。でもTOPページの写真を見る限りでは、かなりのSchönheitです。他の写真を見ると、???ですが。
Sarah Meier

11位のキーラ・コルピ選手(Kiira Korpi/フィンランド)。名前が面白いので、どんな選手か調べてみたら、彼女の研究所を発見しました。かなりkaunisな女性です。
キーラ・コルピ研究所
ココには画像が載っています。

SPの結果は上述の通りですが、これに予選の得点(獲得ポイントの4分の1)を足した総得点による順位は次のようになっています。

1位 サーシャ・コーエン(米国) 94.21点
2位 村主章枝 90.59点
3位 キミー・マイズナー(米国) 88.63点
4位 中野友加里 87.41点
5位 ジョアニー・ロシェット(カナダ) 85.66点
6位 エレーナ・ソコロワ(ロシア) 85.40点
7位 サラ・マイヤー(スイス) 85.15点
8位 エミリー・ヒューズ(米国) 79.91点
9位 キーラ・コルピ(フィンランド) 78.76点
10位 スザンナ・ポイキオ(フィンランド) 77.41点
11位 恩田美栄 75.88点

優勝候補筆頭はサーシャ・コーエンですが、4位の中野友加里もトリプルアクセルをバッチリ決めてノーミスで滑ることができれば優勝の可能性があると思います。トリノに行けなかった中野に金メダルを獲ってもらいたいところ。7位のサラ・マイヤーまでがメダル圏内か。

フリースケーティング女子は、日本時間26日午前4時開始。テレビ放映は26日(日)フジテレビ19:00-20:54。

|

« フィギュアスケート世界選手権2006 | トップページ | TBSドラマ『夜王』最終回 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/9252185

この記事へのトラックバック一覧です: フィギュアスケート世界選手権2006 女子ショートプログラム:

« フィギュアスケート世界選手権2006 | トップページ | TBSドラマ『夜王』最終回 »