« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006/03/31

仮面ライダー響鬼キャラクターブック外伝『ZANKI 斬鬼』

仮面ライダー響鬼キャラクターブック外伝『ZANKI 斬鬼』
朝日ソノラマより4月下旬発売予定

【予約】 ZANKI 斬鬼

☆撮り下ろしグラビア「ある日のザンキ」
☆松田賢二ロングインタビュー
☆ファンが選ぶ「ザンキ名場面&名セリフ集」
☆松田賢二が選ぶ「ザンキ名場面&名セリフ集」
☆スタッフ&共演者が語る「ザンキの横顔」
☆松田賢二出演作品リスト
☆オフショット写真集……他

オレが選ぶザンキ名セリフというか一番印象に残っているセリフは、初登場のシーン、戸田山とのダブル変身直後に怪童子と妖姫に言い放った「鬼だよ」だなぁ。この本ではテレビの渋いザンキさんのまま描かれているのであろうか?オレとしては、松田賢二さんのボケキャラぶりも見せてもらいたいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/30

仮面ライダーカブト 3号・4号ライダー

バンダイのHPに仮面ライダーカブトに今後登場するであろう3号ライダーのシルエットが載っていました。最初はそれを記事に書こうと思っていたのだが、気になったのでいろいろ調べていたら名前が判明。ついでに姿形まで判明。さらに4号ライダーも。

どうしても知りたくて我慢ならんという方のみ本文に進んでください。

続きを読む "仮面ライダーカブト 3号・4号ライダー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/29

05/06フィギュアスケート世界ランキング

国際スケート連盟(ISU)は2005/2006シーズン終了時点のフィギュアスケート世界ランキングを発表した。シングル女子上位10名の中に日本人選手が5人も入っており、如何に日本のレベルが高いかを物語っている。

ISU World Standings for Figure Skating (Ladies)
1位 イリーナ・スルツカヤ(ロシア) 4,650点
2位 荒川静香 4,030点
3位 安藤美姫 3,780点
4位 エレーナ・ソコロワ(ロシア) 3,775点
5位 村主章枝 3,735点
6位 ジョアニー・ロシェット(カナダ) 3,500点
7位 サーシャ・コーエン(米国) 3,480点
8位 浅田真央 3,450点
9位 恩田美栄 3,250点
10位 キミー・マイズナー(米国) 3,205点

ランキングは、シニア・ジュニアの過去3シーズン(2004-2006年)の成績によって決められる。ただし、一昨年(2004年)の成績は獲得点数の70%しか加算されない。各大会の得点は以下の通り。①は最高得点の点数のみ、②と③は1番目および2番目に良かった得点の合計点数を持ち点として計算する。

①ISU Championships
a.世界選手権またはオリンピック
 1位=1,200点 2位=1,150点 3位=1,100点 以下50点刻み24位マデ
b.ヨーロッパ選手権または4大陸選手権
 1位=840点 2位=805点 3位=770点 .....以下35点刻み24位マデ
c.ジュニア世界選手権
 1位=715点 2位=685点 3位=655点 .....以下30点刻み24位マデ

②グランプリシリーズおよびファイナル
a.グランプリ・ファイナル
 1位=800点 2位=750点 3位=700点 ......以下50点刻み6位マデ
b.グランプリ
 1位=400点 2位=375点 3位=350点 .....以下25点刻み8位マデ
c.ジュニア・グランプリ・ファイナル
 1位=600点 2位=550点 3位=500点 .....以下50点刻み8位マデ
d.ジュニア・グランプリ
 1位=250点 2位=225点 3位=200点 .....以下25点刻み10位マデ

③GPシリーズ以外の国際競技会
 1位=150点 2位=100点 3位=50点

1位スルツカヤと2位荒川は文句なしと言ったところではないか。3位の安藤美姫はオリンピックこそ15位と揮わなかったが、今シーズンはロシア杯2位、GPファイナル4位と毎年着実にポイントを獲得している。4位のソコロワも安藤同様にオリンピックの順位は低いが、世界選手権4位、GPファイナル5位と安定した強さを見せている。

一方、トリノで2位、世界選手権3位のコーエンが7位というのは意外な気もするが、オリンピックと世界選手権はどちらかのポイントしか有効ではない。また、GPシリーズはフランス杯にしか出場していないため、今シーズンはトリノ2位の1,150点とフランス杯2位の375点しか獲得できなかった。

スナップショット的に瞬間瞬間を見れば、このランキングと大きく異なるかもしれないが、選手の好不調も加味して過去3年間の成績で判断するというのは、ある意味正しいのかもしれない。来年のランキングでもTOP10に日本人が多く入っていて欲しいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/27

Happy Birthday to ...

記事のカテゴリーを「芸能・アイドル」にしてみました。今日3月27日は、たーさんのバースデーだそうです。誕生日おめでとう!パチパチパチ。ありがとう!

昨年は誕生日の二日後に入院したのだが、あれからもう一年かぁ。あっと言う間だなぁ。術後の経過は良好で、たまーに傷口がチクチク痛む程度です。それと、神経が変異して腫瘍になったので、神経ごと切除しているため、右わき腹の感覚(触覚)が一部マヒしています。全く感じない訳ではなく、しびれた足を触るような感じ。これは治る人もいれば、ずっとそのままの人もいるようですが、多少感覚が鈍くても困らない箇所なので不自由はしていません。

これからの一年が、心も身体も健康でありますように!.....と祈るばかりでなく、もっと摂生しなければ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/03/26

フィギュアスケート世界選手権2006シングル女子最終結果

カナダのカルガリーで開かれているフィギュアスケート世界選手権。シングル女子のフリースケーティングが25日(日本時間26日未明)に行われました。

シングル女子の最終結果は次のようになりました。

1位 キミー・マイズナー(米国) 218.33点
2位 村主章枝 209.74点
3位 サーシャ・コーエン(米国) 208.88点
4位 エレーナ・ソコロワ(ロシア) 202.27点
5位 中野友加里 195.65点
6位 サラ・マイヤー(スイス) 195.11点
7位 ジョアニー・ロシェット(カナダ) 189.41点
8位 エミリー・ヒューズ(米国) 184.75点
9位 スザンナ・ポイキオ(フィンランド) 180.06点
10位 キーラ・コルピ(フィンランド) 176.65点
11位恩田美栄 172.46点

キミー・マイズナーは初優勝。16歳で世界選手権優勝とは素晴らしい。フリーの演技ではTES(技術点)で69.47点を叩き出している。すごいハイスコア。トリノも含めた今シーズンのFS-TES最高得点は、ロシア杯1位のスルツカヤが出した66.80点。これを2.67も上回っている。採点表の詳細を見ると、3回転+3回転のコンビネーションジャンプを2回も決めている。さらに終盤には、2回転+2回転+2回転のコンビネーションを跳び、マイナスの評価は一つもない完璧な演技。今夜の放送を見るのが楽しみだ。

フリースケーティングの結果は以下の通り。

1位 キミー・マイズナー(米国) 129.70点=69.47+60.23
2位 村主章枝 119.15点=58.86+60.29
4位 エレーナ・ソコロワ(ロシア) 116.87点=58.93+57.94
3位 サーシャ・コーエン(米国) 114.67点=54.32+61.35
6位 サラ・マイヤー(スイス) 109.96点=57.21+52.75
5位 中野友加里 108.24点=53.09+55.15
8位 エミリー・ヒューズ(米国) 104.84点=53.35+51.49
7位 ジョアニー・ロシェット(カナダ) 103.75点=48.46+56.29
9位 スザンナ・ポイキオ(フィンランド) 102.65点=49.77+52.88
10位 キーラ・コルピ(フィンランド) 97.89点=47.79+50.10
[TSS(合計点)=TES(技術点)+PCS(構成点)]

サーシャ・コーエンは序盤は無難にこなしたものの、中盤以降は転倒するなどジャンプが全くダメダメだった模様。村主章枝はPCSではTOPだったものの、ジャンプの失敗もあり、TESではマイズナーにはるか及ばず2位でした。でも、マイズナーがすごすぎるだけで、2位という成績は素晴らしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダーカブト・オープニングテーマ「YU-KI / NEXT LEVEL」

仮面ライダーカブトのオープニングテーマ、YU-KI(TRF)の歌う「NEXT LEVEL」が3月23日リリース。その日にMoraでダウンロードしました。

仮面ライダーのテーマソングのくせして子供が歌えない曲というのは如何なものかと思うが、なかなかイカス曲だ。YU-KIの歌もいいし。オリコンの週間ランキングTOP10に入らないだろうか。3月24日付けのオリコン・デイリーランキングでは、なんと第4位でした!打倒KAT-TUN!

カブトのオープニング映像もカッコイイ。サビの部分(ザビーではない)を聴くと、カブトがキャストオフする映像が頭に浮かぶ。

ココで試聴できます。

テレビで流れる歌を聴いていただけでは何を言っているのか分からない、もしくは誤解していた歌詞も全て分かってすっきりしました。「スッキリ」とはこういう時に使う言葉だ>IQ○プリ。

Moving fast 心の時計走らせ」
君のとなり 戦うたび」
「目に見えるスピード
「高速のヴィジョン

英語はなかなか聞き取れないねぇ。響鬼の「少年よ」も「Keep your beat」が「キムヨンヒ」に聞こえたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/25

TBSドラマ『夜王』最終回

最初の数話とたまたま気が付いたときにしか見ていなかったTBSドラマ『夜王』。ゴリエが出るというので先週見て、今週は最終回だというので録画したものを今日見ました。


漫画を先に読んでいたので、最初は違和感があったのだが、ドラマとしてなかなか面白かった。最終回にはイブキこと渋江譲二さんも出ていたし。ぜひともイブキポーズをやってもらいたかったなぁ。


『嬢王』に出演していた小川奈那と金子昇も出てきたし、みどりさんこと梅宮万紗子やココログ仲間(?)の吉井怜ちゃんも登場したようで、キャストやゲストも面白いメンバーを揃えたと思います。
原作の遼介とはイメージが異なるが、松岡君の演じた遼介も良かった。しかしなんと言っても聖也の存在感がこのドラマを引き締めていた。聖也を演じた北村一輝って36歳なのか。30歳くらいかと思ってたよ。歌舞伎町四天王の一人として登場した保阪尚希が38歳で、「38歳のNo.1ホストなんて笑っちゃうよ」と思っていたのだが、聖也が36歳とは。ドラマでの設定が何歳だったのか気になるところ。


しつこいようだが、麗美の役だけはどうしても納得いきません。死んでからも回想シーンで出てくるのだが、その度にガックリきました。どうイメージすると麗美があの人になるのだろう?漫画を無視したとしても絶対おかしいって。続編を作ることがあれば、どうか麗美の役は他の人にすり替えてください。でも女優として彼女を嫌いな訳ではないですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィギュアスケート世界選手権2006 女子ショートプログラム

カナダのカルガリーで開かれているフィギュアスケート世界選手権。シングル女子のショートプログラムが24日(日本時間25日未明)に行われました。日本勢は村主章枝が2位、中野友加里が6位、恩田美栄が12位でした。主な順位は次の通り。

1位 サーシャ・コーエン(米国) 66.62点
2位 村主章枝 62.12点
3位 エレーナ・ソコロワ(ロシア) 60.98点
4位 サラ・マイヤー(スイス) 60.51点
5位 キミー・マイズナー(米国) 60.17点
6位 中野友加里 59.62点
7位 ジョアニー・ロシェット(カナダ)56.38点
8位 ゲデワニシビリ(グルジア) 54.55点
9位 スザンナ・ポイキオ(フィンランド) 54.28点
10位 エミリー・ヒューズ(米国) 54.23点
11位 キーラ・コルピ(フィンランド) 53.32点
12位 恩田美栄 52.49点

サーシャ・コーエンは予選では転倒したものの、SPではTES(技術点)で36.0点という高得点を出しており、パーフェクトな演技だったと思われる。村主章枝はTESではコーエンに及ばないものの、PCS(構成点)では29.00点とコーエンの30.62点と並ぶ高評価を得ている。3位のエレーナ・ソコロワは、グランプリ・ファイナルで5位だった選手。

4位のサラ・マイヤーは、どんな選手か調べていたら、自分のHPを持っていました。ドイツ語(たぶん)で書かれているので、文章の意味はほとんど分かりません。でもTOPページの写真を見る限りでは、かなりのSchönheitです。他の写真を見ると、???ですが。
Sarah Meier

11位のキーラ・コルピ選手(Kiira Korpi/フィンランド)。名前が面白いので、どんな選手か調べてみたら、彼女の研究所を発見しました。かなりkaunisな女性です。
キーラ・コルピ研究所
ココには画像が載っています。

SPの結果は上述の通りですが、これに予選の得点(獲得ポイントの4分の1)を足した総得点による順位は次のようになっています。

1位 サーシャ・コーエン(米国) 94.21点
2位 村主章枝 90.59点
3位 キミー・マイズナー(米国) 88.63点
4位 中野友加里 87.41点
5位 ジョアニー・ロシェット(カナダ) 85.66点
6位 エレーナ・ソコロワ(ロシア) 85.40点
7位 サラ・マイヤー(スイス) 85.15点
8位 エミリー・ヒューズ(米国) 79.91点
9位 キーラ・コルピ(フィンランド) 78.76点
10位 スザンナ・ポイキオ(フィンランド) 77.41点
11位 恩田美栄 75.88点

優勝候補筆頭はサーシャ・コーエンですが、4位の中野友加里もトリプルアクセルをバッチリ決めてノーミスで滑ることができれば優勝の可能性があると思います。トリノに行けなかった中野に金メダルを獲ってもらいたいところ。7位のサラ・マイヤーまでがメダル圏内か。

フリースケーティング女子は、日本時間26日午前4時開始。テレビ放映は26日(日)フジテレビ19:00-20:54。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/24

フィギュアスケート世界選手権2006

カナダのカルガリーで開かれているフィギュアスケート世界選手権2006。シングル女子の予選が22日行われました。予選上位30名が本選へ進めます。日本勢は村主章枝が2位、中野友加里が4位、恩田美栄が12位。主な順位は次の通り。

1位 ジョアニー・ロシェット(カナダ)117.12点
2位 村主章枝 113.88点
3位 キミー・マイズナー(米国) 113.84点
4位 中野友加里 111.14点
5位 サーシャ・コーエン(米国) 110.36点
6位 エミリー・ヒューズ(米国) 102.72点
7位 カロリーナ・コストナー(イタリア) 102.56点
 :
12位 恩田美栄 93.54点

トリノ5位のロシェットが一人抜きん出ている感じ。とは言っても、あくまでも予選ですから。予選の点数の4分の1が持ち点として本選へ持ち越される。5位のサーシャ・コーエンは2度転倒した模様。トリノ以来、転倒グセがついてしまったのであろうか。でも優勝候補の一人であることには変わりません。

ひそかに応援しているゲデワニシビリ(グルジア)は17位でした。

ショートプログラム女子は、日本時間25日午前2時30分開始。テレビ放映は25日(土)フジテレビ21:00-21:54。フリースケーティング女子は、日本時間26日午前4時開始。テレビ放映は26日(日)フジテレビ19:00-20:54。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/23

Edy's Bread の ラウンドブレッド

最近のマイブーム、Edy's Bread(エディーズ・ブレッド)の"ラウンドブレッド"。赤羽の歯科に通っているのだが、駅ビルにこの店があって、帰りによくパンを買って帰ります。帰ると、「またこんなもの買ってきて!」と怒られます。まぁ、それはいいとして。金谷ホテルの"チーズロード"も好物だし、どうも円柱形のパンに弱いようだ。

RoundM-French

左がラウンドブレッド。右が一番人気のメイプルフレンチ。メイプルフレンチは4分の1に切ったラウンドブレッドにメイプルシロップをかけたもの。甘いのがお好きな方には好まれると思いますが、オレには甘すぎる。

ラウンドブレッドの何が良いか言うと、まず食感がイイ。フワフワしてて気持ちいい。ダブルソフトのようなフニャフニャではなく、適度な弾力感。オーブンではなく、レンジで軽く温めても美味しいです。そして基本的にはパンの甘みが感じられるので、バターやジャムなどをつけずにそのまま食べても十分美味しい。その上、お手ごろ価格。ホールが340円、ハーフが170円。最初はハーフで買っていたのですが、すぐなくなってしまうので、最近はホールを1本買っています。

都内にいくつか店舗があって、比較的家に近い阿佐ヶ谷店にも行ってみました。写真は阿佐ヶ谷店のものです。気のせいかもしれませんが、赤羽店のラウンドブレッドの方が美味しく感じました。基本のレシピは同じでも何かが違うのかもしれません。あと、阿佐ヶ谷店が決定的にダメなのは、Suicaが使えないこと。この店はJR東日本系列のようなのですが、それなのにSuicaが使えないとは不便極まりない。飯田橋にも店舗があるようなので、機会があれば行ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/22

嫌いな番組(ヒント:サ)

テレビは基本的に見たい番組をHDDレコーダーで録画しておいて、時間のあるときに見るというスタイルです。たまになんとなくテレビをつけて眺めていることもあるのだが、見ていてイライラ・ムカムカしてくる番組があります。それは、"子供向けなぞなぞ本"のようなクイズ番組。具体的には○ルヂエとかIQ○プリとか。(答え:サ)

自分が正解したか否かに拘らず、イライラ・ムカムカしてきて5分と見ていられません。こじつけにも程がある。クイズと呼ぶのもおこがましい。IQ○プリは「スッキリ、スッキリ」とか言うもんで、余計腹が立つ。最近では山手線の車内でも同様のなぞなぞを放映しており、朝から不快な気分にさせられる。

ああいう番組の問題を考えている人達はきっとこんな会話をしながら作っているに違いありません。
エヌ氏「毎日こんな問題ばかり考えてると虚しくなってくるよなぁ。」
アール氏「そうだよな。もっとまともなクイズ番組やりてぇなぁ。」
エヌ氏「オレはこんな事するために生まれて来たんだろうか?」
アール氏「そうだよな。人間としてこれでいいのか?」
エヌ氏「ダメだなぁ、オレたち」
アール氏「ホントホント」

以前(20年くらい前かな)、フジの深夜枠で放送していた「IQエンジン」。当時は深夜番組がゴールデンタイムだったので、よく見ていました。ああいう、面白いクイズ番組を放送してもらいたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/21

WBC号外争奪戦で3人負傷

WBC関連でこんなニュースが載ってたよ。

号外配布で転倒、女性3人軽傷 東京
21日午後4時5分ごろ、東京都千代田区有楽町2の有楽町マリオン前で、WBC優勝の号外を求める人だかりができ、女性3人が押されて路上に転倒。救急車で病院に搬送され、腰などを打つ軽傷を負った。
警視庁丸の内署の調べでは、3人は都内の学校事務員の女性(32)ら。人波に押されて、道路わきのコンクリート製(高さ約40センチ)の箱型花壇に体をぶつけたらしい。号外は、スポーツ紙を含む新聞各社が発行。近くで占いの出店をしていた占師の男性(47)ら目撃者によると一時、50~60人が殺到し、号外を奪い合うような状態になり、「やめて」「痛い。押さないで」などの悲鳴が上がったという。
(毎日新聞) - 3月21日19時48分更新

携帯電話で簡単にニュースを読める時代なのに、新聞の号外ってそんなに魅力的なモノなのか。この50~60人は全て野球マニアなのだろうか?それとも号外マニアかな?号外マニアだとすれば、争奪戦になるのも分かる気がします。

<追伸>
時事通信の記事では「近くにいた400-500人が殺到した」と書かれているのだが、それほどの人数であったならば、負傷者3人では済まないのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Japan crowned WBC's first champ

ワールドベースボールクラシック、日本がキューバを破って優勝してしまいましたね。韓国・キューバを応援していたオレとしては誠に残念な結果です。

ネット上で交わされているいろいろな意見を読みましたが、日本が決勝進出したことを嬉しいと思うか不満と思うかは野球という競技を好きかどうかによるのではないか。野球フリークの方は「正式なルールに則って準決勝へ進んだのだから何もおかしいことはない」と主張し、韓国・キューバを破った日本が"世界一"だと素直に喜んでいることでしょう。

一方、野球をたいして好きでもない者にとっては、どうも今回の結果に納得いきません。「日本が優勝!」と言われても、あまりピンと来ない。確かにキューバには勝ったけど、米国に負け、韓国に2回負けているチームが世界一なのだろうかと思ってしまう。

これも全て米国のせいだ。米国の都合のいいように進めて来たのに、メキシコに負けてしまうとは。米国が優勝していれば、「やっぱり米国のために開かれた大会だったのね」と言われて丸く収まったのに。

WBCはスノーボードクロスに近い競技ということで自分を納得させることにしました。優勝するためには運も大きな要素の一つだということ。"運も実力のうち"と言いますし、経過はどうあれ今大会で日本は優勝という結果を残しました。強いチームが優勝するのではなく、優勝したチームが強いチームということか。日本代表のみなさん、優勝おめでとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/20

05/06ワールドカップ・女子モーグル最終戦

2006年3月19日、カナダのエイペックスで今シーズンのワールドカップ・モーグル最終戦が行われた。上村愛子選手は残念ながら20位でした。採点表を見ると、タイムだけ良くて(21人中3位)、ターン(20位)とエアー(19位)はかなり低い評価になっているので、抑えが利かず暴走気味になってしまったのだろうか。

1位は今シーズン表彰台に6回上がっているNikola Sudova選手。最終順位は4位でした。2位は前戦で今シーズンのチャンピオンを決めているJennifer Heil選手。3位は今シーズン2回優勝しているHannah Kearney選手。最終順位は5位でした。

今シーズンの最終順位1位(Jennifer Heil)、2位(Kari Traa)、4位(Nikola Sudova)、5位(Hannah Kearney)は昨シーズンと同じ結果。1位と2位は一昨年から3年連続同じ。トリノで金メダルを獲ったJennifer Heil選手は抜群の強さを示した。今シーズン出場した全10戦中、1位が4回、2位が5回、9位が1回。

選手の皆様、お疲れ様でした。選手たちはこの試合が終われば、しばらく休めるのだろうか?上村愛子選手には英気を養ってもらって、来シーズンは表彰台の常連になってもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/19

ワールドベースボールクラシック準決勝

恐れていたことが起きてしまったワールドベースボールクラシック。2次リーグ勝率3割3分3厘、対韓国戦勝率3割3分3厘のチームが決勝戦に進出しちゃって良いのだろうか?オレも納得行かないが、韓国チームや韓国国民はもっと納得行かないだろう。

昨日の記事にも書いたが、やはりどう考えても2次リーグ・準決勝の組み合わせがおかしいよ。1次リーグ1位の韓国と2位日本は、2次リーグでは別々の組になって、準決勝または決勝戦で再度対戦するというならば分かるが、同じ対戦が3回ありうるというのは全く理解できない。おそらく米国を優勝させるために仕組んだことなのだろうが、韓国がここまで強いとは予想していなかったのだろう。開催内容を説明されたときに誰も異論を唱えなかったのだろうか。次回開催時には組み合わせの方法を変更してくださいな。

決勝戦ではキューバにボコボコにされることを祈っています。非国民と言われようとも、オレはキューバを応援します。キューバリブレも好きだし、取り急ぎその場を取り繕うのも好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JR新宿駅から東武日光・鬼怒川温泉駅へ直通運転

本日3月18日より、JR新宿駅から東武日光駅・鬼怒川温泉駅へ直通運転が開始された。東武鉄道の特急「日光号」「きぬがわ号」「スペーシアきぬがわ号」がJR宇都宮線に乗り入れる。新宿から栃木までの区間はJR宇都宮線を使用し、栃木から先は東武日光線を使用する。新宿-東武日光間は1日1往復、新宿-鬼怒川温泉間は1日3往復。新宿-東武日光・鬼怒川温泉間の片道運賃(特急料金含む)は3,900円。

時刻表はココに載っています。新宿→日光は、7時12分発→9時8分着。日光→新宿は、16時37分発→18時35分着。

新宿以西に住んでいる者にとっては、すごく便利になった。これまでは浅草まで行くか、もしくは北千住から東武日光線に乗るしかなかったので、新宿から直接行けるとなると時間がかなり短縮される。朝起きたときの気分で、ふと思い立って日光・鬼怒川に行くなんてこともできそうだ。

昨年3月に修復が完了した「神橋」は4月19日まで特別公開されており、仮設観覧台より橋の下部構造を見学することができます。また、日光開山の祖・勝道上人の命日にあたる4月1日には、輪王寺開山堂にて「開山会(かいさんえ)」と呼ばれる法要が営まれます。翌4月2日には輪王寺三仏堂にて「強飯式」が、二荒山神社神楽殿では「太々神楽奉納」が行われます。4月-5月は多くのイベントが開催される予定。詳しくは日光観光協会のHPをご覧下さい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/03/18

2006年F1マレーシアGP 予選結果

F1マレーシアグランプリの予選が本日行われました。結果は以下の通り。

1. G.フィジケラ(ルノー)
2. J.バトン(ホンダ)
3. N.ロズベルグ(ウィリアムズ)
4. M.シューマッハ(フェラーリ)
5. M.ウェーバー(ウィリアムズ)
6. J-P.モントーヤ(マクラーレン)
7. K.ライコネン(マクラーレン)
8. F.アロンソ(ルノー)
:
21.佐藤琢磨(S.アグリ)
22.井出有治(S.アグリ)

ただし、スターティンググリッドはこの順番ではありません。昨シーズン同様、1基のエンジンで2レース戦わなければならず、トラブルによってエンジンを交換した際には、予選結果から10グリッド降格のペナルティが課されます。スターティンググリッドは以下の順番。

1. G.フィジケラ(ルノー)
2. J.バトン(ホンダ)
3. N.ロズベルグ(ウィリアムズ)
4. M.ウェーバー(ウィリアムズ)
5. J-P.モントーヤ(マクラーレン)
6. K.ライコネン(マクラーレン)
7. F.アロンソ(ルノー)
:
14. M.シューマッハ(フェラーリ)
:
17.佐藤琢磨(S.アグリ)
18.井出有治(S.アグリ)
19.R.シューマッハ(トヨタ)
20.D.クルサード(レッドブル)
21.R.バリチェロ(ホンダ)
22.F.マッサ(フェラーリ)

積載する燃料などチーム毎の戦略にもよるので予選の結果だけでは判断できないが、3番・4番グリッドを獲得したウィリアムズの2台が決勝でもポジションをキープできるのか見物。1982年のチャンピオンであるケケ・ロズベルグの息子、ニコ・ロズベルグ(20歳)は第1戦バーレーンGPでファステスト・ラップをマークして7位という結果を残した注目のルーキー。F1参戦2戦目で3番グリッドを獲得し、このままの勢いで今シーズンの台風の目となりうるのか?

アロンソのチームメイトであるフィジケラには先輩の意地を見せてもらい、なんとかアロンソよりも上位でフィニッシュしてもらいたい。バトンは第1戦に続き好調を維持している。自身そしてホンダチームに初優勝をもたらすことができるか?

決勝レースは日本時間19日15時30分スタート。テレビ放送は23時50分から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

World Baseball Classic

オレは基本的には野球にはあまり興味なくて、プロ野球も見ないのだが、こうも毎日報道されると自然と目に付くよなぁ"ワールドベースボールクラシック(WBC)"。浅田真央選手が世界ジュニア選手権で優勝できなかったように、日本も2次リーグで敗退していい勉強になるはずだったのだが、米国がメキシコに負けちゃったので日本は準決勝にコマを進めることになりました。これってどうなの?

そもそもWBCは、1次リーグ, 2次リーグ, 準決勝の組み合わせがおかしいよ。知らない人のために簡単に説明します。1次リーグは4ヶ国が一つのグループで戦い、A・B・C・Dの4グループあります。それぞれのグループの1位と2位が2次リーグに進出。A組の1位・2位とB組の1位・2位の4チームが1組で戦い、C組の1位・2位とD組の1位・2位の4チームが2組で戦います。そして、それぞれの組の1位・2位が準決勝に進出し、準決勝では1組の1位と2位、2組の1位と2位が対戦。2試合の勝者が決勝で対決し、世界一が決まります。

1次リーグの1位と2位は2次リーグでは違う組になるべきじゃない?さらに準決勝では、1組の1位と2組の2位、2組の1位と1組の2位が対戦するべきだと思うのだが。優勝するまでに同じ対戦が3回もあり得るっていうのはどう考えてもおかしいよ。

日本時間19日の正午から韓国と日本が3度目の対決。もし日本が勝っても手放しで喜べないだろう。昨シーズンの東北楽天の勝率は2割8分1厘。楽天でも3.5試合やれば1勝できるのだ。3度目の対戦で日本が勝って決勝に進んでしまったら、「今までの2試合は何だったの?」という話になるよ。バラエティ番組のクイズで最終問題の正解者に1000点与えるようなものだ。

準決勝では日本は負けるべき。今大会では韓国が決勝戦に進むのに相応しい。非国民と言われようともオレは韓国を応援します。BoAもユンナも好きだし、サムギョプサルやチヂミ、カムジャタンも好きなので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/16

気になる番組&気になる曲

最近は平凡な日常生活を送っているので、記事のネタがなくなってきました。毎回ニュースネタというのもつまらないし。ドラマなどのテレビネタは必ず週一回それについて書けるから楽チンなんだよね。でも、いま毎週観てるのは、日曜朝のスーパーヒーロータイムとトリビアくらいなので、週に二回しか使えません。この状況を打破するためにもっとテレビを見ようかな。4月スタートの気になる番組がいくつかあります。

アニメ『NANA』
4月5日(水)スタート
オープニングテーマ曲は大崎ナナ役を土屋アンナが「ANNA inspi' NANA(BLACK STONES)」として歌い、エンディング曲はレイラ役としてOLIVIAが「OLIVIA inspi' REIRA(TRAPNEST)」として歌うそうです。土屋アンナはナナっぽいけど、OLIVIAはレイラって感じじゃないなぁ。曲を聴いてないから分からないけど、イメージ的には伊藤由奈の方がまだレイラっぽい。

☆NHKアニメ劇場『少女チャングムの夢』
4月8日(土)夜7時30分スタート
ユンナがオープニング&エンディングテーマ曲を歌います。
公式HPによると、こんなお話.....
16世紀初めの朝鮮王朝時代。チャングムは料理で人々を幸せにすることを夢見て、一生懸命生きている少女。近所で開かれた王族の結婚式の会場で、宮廷から派遣されたハン尚宮(サングン)と出会い、宮廷の見習い女官になります。しかし、宮廷に入ってからも、さまざまな困難がふりかかってきます。そんな困難な状況を、チャングムは強い意志と持ち前の明るさで切り抜け、さまざまな人々と巡りあいながら、成長して行きます。

なんかアニメばっかりだ。ドラマも見なくちゃ。まだ情報を仕入れてないので、勉強しておきます。

あっ、そう言えば、3月は気になる曲のリリースもあったっけ。

◇YU-KI 「NEXT LEVEL」3月23日発売
仮面ライダーカブトのオープニングテーマ曲。最近、よく頭の中をぐるぐるしています。YU-KI(TRF)の公式HPを開くと、えっちな声が聞こえるのでご注意を。ハッカーに改ざんされたのかと思うよ。
YU-KI Official Web Site

◇misono 「VS ヴァーサス」3月29日発売
元day after tomorrowのボーカル、misonoのソロデビュー曲
misono Official Web Site

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/15

(再掲載)トラックバックのマナー

またもや不届きなトラックバックが増えてきました。ブログを始める人も日に日に増えているだろうし、毎日記事を書くということは、それだけ検索に引っ掛かる確率が上がる訳なので、無礼者からのトラックバックがなくなる事はないのだろうなぁ。消すのも面倒なので、無礼なトラックバックを2回されたら、そのブログからのトラックバックを受け付けないように規制をかけています。

トラックバックのマナーについては基本的な姿勢にはなんら変わりがないので、以前の記事に少し手を加えて再度載せておきます。

オレがトラックバックするケースは.....
①相手の記事を引用・参考にして記事を書く。
②相手(記事作成者)自身にオレの記事を読んでもらいたい。
このどちらかもしくは両方の場合で、自分の記事中には相手のブログへのリンクを貼ります。

トラックバックされる場合もこうであって欲しいと思っていたが、記事のレベルがそこまで優れた内容でもないので、せめてコメントとして「トラックバックさせてもらいました」など了承を得るようなことを書いて欲しい。それもできないのであれば、トラックバックしないでください。最近は「トラックバックにはトラックバック返しをしてチャラにしようぜ」みたいな風潮にあるが、「殴られたから殴り返す」というような感じがするので、オレはそういうやり方は好きではありません。

トラックバックって自分のブログを読んだ人が見に行くことができるものなので、ブログの管理者として良し悪しを判断して適宜削除する必要(義務?)があると思います。なので、自分のルールに合うかどうかが一つの基準なのですが、たとえ合わなくても面白そうなブログからのトラックバックは削除せずに残すこともあります。無礼者のブログは読むに値しないつまらないものがほとんどですが。

検索に引っ掛かったブログに対してむやみやたらにトラックバックをする不届き者は、この本文や注意書きなど読まないと思われるので、この記事を書くことに意味が無いのかもしれません。でも読者の中に自分のブログを持っている人がいたら、トラックバックをする際には相手の気持ちを配慮して欲しいなと思います。

『桃李不言下自成蹊』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/14

メガネっ子先物買い

今日のニュースにこんな記事が載っていました。

<長崎県>メガネ購入補助金を廃止へ 批判の高まりに配慮
長崎県は、県職員や教職員がメガネを購入する際に長崎県職員互助会と県教職員互助組合に支出してきた補助金を新年度から廃止することを決めた。税金からの支出は1回あたり7500円を限度に、これまで約30年間にわたって続いてきたが、公務員厚遇への批判の高まりに配慮し、是正を決めた。
(毎日新聞) - 3月14日11時45分更新


そもそもなんで眼鏡購入者に補助金を出すのだろうか?一生懸命働くと目が悪くなるということ?それとも、昨今はやりのメガネっ子を先取りして、ビジュアル的に県民に愛される職員になるべくして作られたのか?

公共団体にはまだまだ奇妙な制度があるに違いない。それだけを一冊の本にまとめて出版できそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/13

姫こと"芦名星"が日伊加合作映画に出演決定!

仮面ライダー響鬼で姫役を演じた芦名星が日本・イタリア・カナダの合作映画に出演することが決まったそうな。彼女は独特の魅力を持っているので、そういう大作映画に抜擢されても不思議ではない。特に欧米人の目にはひときわ魅力的に映るのではないか。



若手女優・芦名星 超大作に抜てき
若手女優の芦名星(あしな・せい=22)が、日本・イタリア・カナダの合作映画「SILK/シルク」(監督フランソワ・ジラール)に大抜てきされた。

総製作費は30億円で、アメリカからはマイケル・ピット(24)、今年度アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたキーラ・ナイトレイ(21)、日本からは役所広司(50)らが出演する大作。

1860年代が舞台で、芦名は蚕を求めてフランスから旅してきた男(マイケル)が日本で心奪われる謎の娘を演じる。娘を忘れられない男は、一端帰国後、美しい妻(キーラ)を残してまで再び過酷な旅を決意。娘にセリフはないが、物語の大きな核となる重要な役どころ。

"地の果ての美しい人"を探し求めて、ジラール監督は3度来日し約800人の候補の中から、200人もの日本人女優と対面。監督は「ひとつの役柄のためにこんなに多くの役者と話したことはない。芦名星と会った時、私はほとんど存在しえないものを見つけた」とぞっこんだ。大役をつかみとった芦名は「今まで生きてきた中で、一番幸せな時を送れている。この時間を大切に過ごしたい」と語っている。07年全米、日本公開予定

◆芦名 星(あしな・せい)本名五十嵐彩。1983年(昭58)11月22日、福島県出身の22歳。女優を志し上京。都内の高校に通っていた2年生の時、ホリプロにスカウトされる。03年女優デビュー。昨年は「仮面ライダー響鬼」(テレビ朝日)で悪役の「姫」を演じた。1メートル65、血液型O。
(スポーツニッポン) - 3月13日6時6分更新

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年F1開幕戦バーレーンGP結果

2006年F1の開幕戦であるバーレーンGP決勝レースが昨日行われました。結果は次の通り。

1位 F・アロンソ(ルノー)
2位 M・シューマッハ(フェラーリ) +0'01"246
3位 K・ライコネン(マクラーレン) +0'19"360
4位 J・バトン(ホンダ) +0'19"992
18位 佐藤琢磨(S.アグリ) +4Lap
19位 井出有治(S.アグリ) リタイヤ

今回の結果を見る限りだと、今シーズンはルノー、フェラーリ、マクラーレン、ホンダの4強によるTOP争いになりそうだ。特筆すべきは3位のライコネン。最後尾スタートから3位表彰台は立派。アロンソは嫌いなので、2年連続チャンピオンだけはなんとしても阻止してもらいたい。

Super AGURI Formula1 に関しては、しばらくコメントせずに遠くから見守りたいと思います。今シーズンはテスト期間で、来シーズンに期待します。資金が底をつかなければ良いのですが。

フジテレビの実況を務めていた竹下アナ。誰かのマネなのかオリジナルなのか分からんが、セリフが大げさすぎて聞くに堪えない。そんな熱くならずに、もっと落ち着いて話した方がいいですよ。

ところで、もう雪の季節でもないので、背景を「井の頭公園入り口」に戻しました。本当は「真救世主伝説『北斗の拳』 -ラオウ伝 殉愛の章-」にしたかったのだが、うまく設定することができませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/12

仮面ライダーカブト『麻婆豆腐』

仮面ライダーカブトでは劇中に登場する料理が一つのアクセントとなっています。今日放送の第7話では仮面ライダーカブトである天道と仮面ライダーザビーである矢車が豆腐対決を行なった。


以前は野菜を引き切りしていた天道も包丁の使い方がうまくなってきました。天道が作ったのは中華風冷やっこ。対する矢車が作ったのは麻婆豆腐。しかしながら矢車は麻婆豆腐を完全に勘違いしている。豆腐を炒めて作ると思っているようだが、麻婆豆腐は豆腐の煮込み料理。浅いフライパンで肉を炒めて、そこに豆腐を投入していたが、そうではなく、肉を炒めたら、スープを入れてから豆腐を入れてグツグツ煮込むのだ。


料理対決はジャッジを務めたひよりが温かい料理が好きだからという理由で矢車の勝利。カブト公式HPの「まかない」というコーナーで麻婆豆腐の作り方が紹介されています。ここではちゃんと煮込み料理と捉えているのに、何故テレビでは炒めてしまったのだろうか?所詮子供向け番組だから適当にやってるのかな。


仮面ライダーザビー・マスクドフォームの膨らんだ胸にはハチミツが入っているものとばかり思っていたが、圧縮酸素が入っているそうだ。これにより、海抜5000m以上の高地でも10時間以上自在に活動できるとのこと。そんな場所で戦う機会は皆無だと思うが...。


先日の記事に今後登場しそうなライダーとして仮面ライダーマンティスのことを書いたが、仮面ライダーブレイドに登場する"カリス"はカマキリがモチーフだったのか。響鬼から見始めたので全然知らなかったよ。でも、"ブレイド"もカブトムシがモチーフのようなので、カマキリもあながちないとは言い切れない。うーん、あとはトンボかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/11

2006年フィギュアスケート世界ジュニア選手権女子

採点表が公開されてから書こうと思っていたのだが、なかなかUPされないので、ニュースを見た感想だけ書きます。

フリースケーティングでも金妍兒選手(韓国)が素晴らしい演技をして堂々の1位。ショートプログラムとの合計で2位に24ポイントの大差をつけて優勝。浅田真央選手はトリプルアクセルが失敗し、その他の演技でも精彩を欠き2位でした。まぁ、1年を通じて好調を維持するのは難しいことだと思いますし、今回2位にという結果の方が今後の励みになるのかもしれません。

来シーズンは金妍兒選手もSeniorの大会に出場してくるのかな。どちらもグランプリ・ファイナルに出場し、再戦するのを楽しみにしています。

今回、日本勢は武田奈也選手が4位、沢田亜紀選手が5位と大健闘。武田奈也選手はSPでの失敗がなければ3位に入れたかも。でもSP16位だったからこそ、フリーでは開き直れて良い演技が出来たのかもしれません。

ちなみに3位はクリスティン・ズコウスキー(米国)でした。一説によると、彼女は子供の頃から絵を描いたり、物を作ったりするのが好きで、今でもそれを趣味としておるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年F1開幕 バーレーンGP

丸一日半に渡りココログのトラブルでブログを更新することができませんでした。正確に言うと、当初メンテナンスが5時間で終わるはずが11時間もかかり、メンテナンスが終わったらすぐにトラブル発生でそこから18時間も使えずじまい。こう見えても一応お金払って使っているんだから、勘弁して欲しいよなぁ。たーさんの公私記ブログを楽しみにしている読者が何人いると思ってんの?一人もいなかったら、ココログのせいにするよ、ほんと。

さて、2006年のF1GPが開幕。初戦はバーレーンGP。昨日、フリー走行2回目が行われ、トップタイムは1分31秒353でHonda Racing F1チームのサードドライバー、アンソニー・デビッドソン。2位はミハエル・シューマッハ、1分31秒751。

SUPER AGURI Formula 1 は、佐藤琢磨が1分37秒588で27番手ブービー賞、井出有治は1分39秒021でダントツのビリ。1989年にザクスピード・ヤマハで参戦した鈴木亜久里が全戦予備予選落ちしたことが思い出される。今は予備予選がなくて良かったね。でもまぁ、予想されたことなので、誰も驚かないし、落胆もしていないでしょう。一応型番は同じ「Honda RA806E V8」エンジンを積んでいる車なのに、一方はトップタイム、一方はビリッケツ。なかなか面白い。

同じ新参チームでもトロロッソは結構健闘している。ビタントニオ・リウッツィが1分32秒703で6位。新参者と言ってもミナルディのパッケージを買い取った訳だし、バックにはレッドブルがついているから資金は豊富にあるし、SUPER AGURI F1と比較したらかわいそうかな。

なお、今シーズンからいくつかのルールが変更されました。知りたい方は「Honda Fomula1」のサイトを見てください。

昨シーズンのレギュレーションはレースをつまらないものにしてしまいました。タイヤ交換は可能な方が面白い。戦術もレースの大きな要素だと思います。あとはフジテレビの中継が面白くなれば言うことないのだが。近藤なんちゃらとかいう人を解説者として使うのはいい加減やめて欲しい。視聴者は誰一人として歓迎していないと思います。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/08

フィギュアスケート2006世界ジュニア選手権

リュブリャナ(スロベニア)で開催されている ISU World Junior Figure Skating Championships 2006。浅田真央選手は予選をTOPで通過し、7日に行われたショートプログラムは第2位。ジュニアSPでは女子初となるトリプルアクセルを決めたが、その直後のダブルループが2回転ではなく1回転となり、大きく減点されたようだ。

SP1位は今シーズンのJunior Grand Prix Final で優勝した韓国の金妍兒(キム・ヨンア)選手。今予選は107.52ポイントでA組1位通過。B組1位の浅田真央選手は113.58ポイント。この二人だけが異次元の滑り。Jr. GP Finalの採点表を見ると、フリーでは 3回転+3回転、3回転+2回転+2回転のコンビネーションを跳び、ノーミスの演技でTES(技術点)=63.66ポイント、TOTAL=116.61ポイントを出している。

とは言うものの、浅田真央選手は Seniorの Grand Prix Final で優勝した選手。トリプルアクセルが跳べるだけでなく、身体能力が高く、演技後半でもコンビネーションジャンプを跳ぶことができる。実力からすると、間違いなく今大会No.1。SPでの4.76ポイント差は十分逆転できる。

フリーでは、全日本選手権同様にトルプルアクセルを2回入れる予定のようだ。同じ単独ジャンプは2回跳べないので、一つはコンビネーションにするしかない。しかしながら、全日本選手権でも今大会予選でもコンビネーションの二つ目のジャンプは1回転となり減点されているので、リスクを冒してまでコンビネーションに3Aを入れて来るだろうか。調子も今ひとつ良くないようだし。

是が非でも優勝したいというのであれば、安全策で回避するだろう。ただ、たとえ今回1位を獲れなかったとしても、浅田真央選手がSeniorでもTOPクラスの実力を有しているという事実は揺るがない。そう考えると、国際大会でトリプルアクセル2回に挑戦してもいいのではないか。本当は4回転ループにも挑戦してもらいたいが、それはまだ時期尚早のようだ。

Free Skatingは日本時間10日(金)午前2時30分スタート。滑走順は浅田真央選手がトリを務め、金妍兒選手は最後から2番目。10日朝のニュースで結果が報じられると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/07

啓蟄 ~○○の季節~

駅からの帰り道、自転車に乗って学校の前を通りかかったとき、植え込みから「クォッ、クォッ、クォッ、クォッ」という声が聞こえた。カエルのような鳴き声だが、カエルにしては甲高い。しかも鳴き声からして一匹や二匹ではないようだ。鳴き声のする方に近寄ってみました。すると.....

カエルです。ヒキガエル。一匹じゃありません。二匹が重なっていました。どうやらヒキガエルの交尾の季節のようです。二匹のそばで見ているヤツが一匹いました。デバガメガエル?

ここだけでなく、そこらじゅうで致しておるようです。あちこちから「クォックォッ」「クォックォッ」聞こえてきます。他のところも見に行ってみました。二匹が重なっていました。どうやらヒキガエルの交尾の季節のようです。二匹のそばで見ているヤツが一匹いました。デバガメガエル?.....Déjà Vu?

不思議なことにオレが見に行くと、どのカップルも行為を中断してしまいます。カエルでも見られるのは恥ずかしいのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/06

強精剤効きすぎていいんじゃない?

一昨日のYahoo!ニュースにこんな記事がありました。

"強精"食品に医薬品成分 「効きすぎ」で発覚<
「ヒグチ薬局」チェーンを展開するヒグチ産業(大阪)は3日、強精効果がある健康食品として販売していた「フェニックス」に医薬品成分が含まれていたと発表した。
購入した消費者から1月末、大阪府に「薬ではないのに効果がありすぎる」と問い合わせがあり、府の指示を受けてヒグチ側が分析したところ、勃起(ぼっき)不全に使われる医薬品成分「タダラフィル」が検出された。府は発売元とヒグチ側に販売停止と回収を指示した。これまでに副作用など健康被害の報告はないという。発売元の「Sankyo・Japan」(大阪)によると、商品の中身は中国で製造されたものだという。同社は「医薬品が含まれているという認識はなかった。回収に努めたい」としている。
(共同通信) - 3月3日22時49分更新

それが強精剤だって分かってて買ったにも拘らず、「効果がありすぎる」と文句言うとはどういうこと?頭が痛くなるとか、胸が苦しくなるというのなら分かるが、効果がありすぎるのは良いことじゃないの?フェニックスの恩恵に与っていた人々は怒り心頭に発していることだろう。同業他社からの妨害工作だろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダーザビー

既にご存知の方も多いと思いますが....
仮面ライダーカブト、第2のライダーはハチ(スズメバチ?)をモチーフとした「ザビー」。どうやら、"The Bee"ということみたいだ。甲虫シリーズで来るのかと思いきや、昆虫シリーズのようです。

キャストオフする前のマスクドフォームはめちゃめちゃカッコ悪い。っていうか気持ち悪い。生理的に受け付けない顔つきをしています。ザビーはブレスで変身するようだ。全部ライダーベルトにして、装着する虫さんだけ変える方がいいと思うのだが。お婆ちゃんが言ってた「仮面ライダーの世界はオモチャの売り上げを中心に回っている」と。

マスクドフォームのカブトは胸が膨らんでいるが、あれはカブトホーン(カブトムシの角)が格納されているからだと思っていたのだが、ザビーの胸も膨らんでいた。ザビーの胸には何が入っているのだろうか?ハチミツかな?

毎月新しい仮面ライダーが登場するという噂を耳にした。カブトムシ、ハチと来たら、次は何だろうか?強そうな虫っていうと.....カマキリとか。カマキリは英語で「マンティス(Mantis)」。仮面ライダーマンティス。結構イケルかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/05

やったね!05/06FISワールドカップ女子モーグル第10戦猪苗代大会上村愛子選手第3位

05/06FISワールドカップ・モーグル第10戦が猪苗代(福島県)のリステルスキーファンタジアで行われました。我らが上村愛子選手は予選を5位で通過し、決勝では3位!今期は本来の実力を出し切れずにいたが、日本の大会で結果を出すとは素晴らしい!おめでとう!

採点表を見ると、ターンは13.7ポイントで第2位、エアーは5.48ポイントで第5位、タイムは25.85秒で第1位。タイムは抜群に速い!2位に0.5秒の差を付け、ただ一人25秒台。今期点数が伸びなかったターンも、平均4.6ポイントと高評価。ただ、エアーの点数が少し低い。コークが1.8/1.9ポイントしかもらえていないので、今ひとつ決まらなかったのだろうか?

今回3位も素晴らしいが、自分の実力が出せれば、1位を狙えるという自信になったのではないかと思います。この勢いで、昨シーズン同様に最終戦で表彰台の真ん中に立ってもらいたい。

1位だったのは今回も Jennifer Heil選手。圧倒的な強さ。2位はトリノオリンピック銅メダルの Sandra Laoura選手。総合ポイント2位のKari Traa選手は予選23位で決勝に進めませんでした。ケガでもしたのかな。これにより最終戦を待たずに、Jennifer Heil選手が今期ワールドカップ・女子モーグルの総合優勝を決めました。

最終戦は3月18日、カナダのエイペックスで行われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガセビア再び

録画しておいた「トリビアの泉」を昨晩見ました。

「"おおつか"と書くと、軍隊で使われていたラッパの音っぽく聞こえる」っていうのがありました。85へぇくらいの高評価でしたが、この「○○と書くと△△っぽく聞こえる」シリーズは、最初に気付いた人はすごいと思うが、あとのは全て二番煎じでオレは面白いと思わない。確か最初に登場したのは「OILと三つ書いてピリオドをつけると、サザエさんの終わりの歌っぽく聞こえる」だったと思います。

「ガセビアの沼」は相変わらずヤラセっぽいんだよなぁ。
「結婚式のご祝儀で一万円札を奇数枚にするのは、割り切れる偶数だと『別れる』という意味になるため」.....というのはガセ!
っちゅうガセビアでしたが、以前に指摘した「スイートルームは甘い部屋」と同じく、こんな「へぇ」でもなんでもないネタを投稿する奴はいないって。もしかすると、はじめからガセビア狙いの投稿かもしれないが、ガセビアで取り上げられても自己満足にしかならないし。きっとなかなかいいガセネタが投稿されて来ないのだろう。

この「2万、4万、6万などの偶数はよくない」というのはよく耳にするがオレは全く気にしていません。信じる信じないではなく、ご祝儀をもらう側が「こいつ偶数枚入れてきやがった」とは思わないだろうということです。そんな風に思うであろう人間の結婚式や披露宴には出席しません。

緒川たまきの「うそつき!」にも段々飽きてきたし...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/04

シャーベット焼酎ホッピー割り

赤羽「米山」で中身にシャーベット状の焼酎を使ったホッピーを飲んで以来、家でも焼酎を凍らせてホッピーを飲んでいます。


せっかくなので焼酎は甲類ではなく乙類にしました。季節毎に陶器やガラスの酒器(湯呑み)がおまけで付いているキリンの乙類麦焼酎「ピュアブルー」。減圧蒸留で麦の香りがあまりなくスッキリしている。そのままだと物足りないが、何かで割って飲むには適している。


ピュアブルーを別の容器に移し冷凍庫で冷やすと、完全には凍らずドロドロのシャーベット状になり(シャーベットというより○○シェークとか○○シェーキという感じ)、それをグラスに三分の一程度入れて黒ホッピーで割ると味だけでなく食感も楽しめます。元々、アイスキャンデー(キャンディ?)とか好きだし。本当は焼酎を半分くらい入れたいのだけれど、それだとオレには強すぎるので。


しばらくずっとピュアブルーを使っていたのだが、他の焼酎でも試してみました。まずは近くのスーパーで売っていた「博多の華」。これも似たような味でスッキリ系。ピュアブルーより若干麦っぽいかな。ホッピー割に合っていると思います。


「いいちこ」も気になったのだが、よく見かける「いいちこシルエット」の他にもいくつか種類があり、どれにしようか迷ってしまいました。ふと見ると、廉価版である「下町のナポレオン」と書かれている瓶にアルコール度数20度のものがありました。ちゃんとシャーベットになるか心配でしたが、20度ならば中身を多めに入れても大丈夫だろうと思い、そのシリーズの900mlを買いました。


冷凍庫で冷やしたものを取り出してみると、心配が的中。カチカチではないが、結構固まってる。こちらの方がどちらかというとシャーベットという感じ。500mlのペットボトルに入れて凍らせたので、ボトルの口から出なくなってしまった。
日本酒で凍結酒ってあるじゃない。恐らく14~17度くらいだと思うので、20度ならば大丈夫かなと思ったのだが、やはり25度がちょうどいいようだ。もしくは20度にするのであれば、広口の容器にしないとだめだ。温めて飲むタイプのペットボトルを使おうかな。


ピュアブルーはすごく合ってると思うのだが、おまけの酒器は4ヶ月同じものなので、ピュアブルーばかり買うと、同じ酒器だらけになってしまうのが玉に瑕。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/03

EXCEL VBA 「EntireRaw」

会社でEXCEL VBAを用いて簡単なマクロを組んでいるのですが、指定したセルを含む行全体を指し示す「EntireRaw」というコマンドがあります。この「EntireRaw」を使う度に、こんな光景が頭をよぎります.....

その1.とあるレンタルビデオ店にて
客「ちょっと体調崩してしまい、返却が1週間遅れました。」
店員「では、延滞料として10,000円いただきます。」
客「いっ、いっ、一万円かよ!高すぎる!」
店員「何が高すぎるだ。この延滞野郎が!」

その2.とあるレンタルビデオ店にて
客「ちょっと体調崩してしまい、返却が1週間遅れました。」
店員「かなりマニアックな作品なので、
    延滞料15,000円いただきます。」
客「いっ、いっ、一万五千円かよ!高すぎる!」
店員「何が高すぎるだ。この変態野郎が!」


「煩悩にとらわれず、仕事に集中しなさい」と言いたいのでしょう。ごもっとも。昔っからそうなのだが、変なところでは脳が活発に働いてくれて、肝心なところではダメなんだよね。でも、回文にしろ、駄洒落にしろ、結構脳のトレーニングになっているような気がするのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/03/02

05/06FIS W-CUP 女子モーグル 第9戦

2006年3月1日、韓国ジサンにてFISワールドカップ・モーグル第9戦が行われた。オリンピックが終わってもウィンタースポーツのシーズンはまだ終わらないので、選手はのんびりする暇もないのかぁ。

上村愛子選手は、予選8位、決勝は16位でした。採点表を見ると、一つ目のエアー以外、全ての項目において非常に低い評価なので、コークの着地で転倒するなど何かアクシデントがあったのかもしれません。ケガしていなければいいのだが。

1位はオリンピック金メダリストのJennifer Heil、2位は銀メダリストのKari Traaでした。W杯ランキングTOPでもあるJennifer Heil はやはり強いねぇ。今期9戦中、1位が3回、2位が4回。ランク2位のKari Traa も安定した強さを見せている。1位が3回、2位が1回、3位が1回、4位が1回。

このあと、選手たちは日本へ移動し、3月5日に猪苗代(福島県)のリステルスキーファンタジアで行われるワールドカップ第10戦を戦います。オリンピック直後なので、例年以上の多くの観衆がアイコのコークを見に来るのではないか。

W杯2位のKari Traa選手が 1位のJennifer Heil選手より順位で上回り、16ポイント以上の差をつけることができれば、TOP争いは最終戦(3月16日)までもつれ込みます。

テレビ放映は地上波では福島テレビなど地方局のみで、残念ながら全国ネットで放送されないようです。衛星放送ではBSフジ、J-sportsで放送される予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/01

浜松「大新」の昆布

この1年、トリノを目指して頑張って来ただけに、オリンピックが閉幕してしまってからは投稿意欲が湧かず、フヌケ状態です。フヌケオリンピックに出ようかな。


さて、いつものように渋谷から新宿まで歩き、新宿タカシマヤ地下食品売り場でブラブラしていた。「お歳暮&バレンタイン残り物格安セール」みたいなコーナーがあり、ぐるっと見て回ったが、めぼしいものはなかった。


お菓子コーナーを見に行くと、浜松の「大新」という店が出店していました。かりんとうや豆菓子などの昔ながらのお菓子の他、昆布、するめなども売っていた。

中でも気になったのが昆布。試食してみました。「ムムム.....んまい!」。よくおつまみで売っている昆布って硬くてしょっぱいか柔らかくてすっぱいよね。ここの昆布はかなり薄くスライスされており、適度にやわらかく、口に入れると溶ける感じ。特に塩などを添加しておらず、昆布そのものの旨味が味わえる。今まで食べた昆布菓子の中で抜群にウマイです。


昆布を買った後、「お店は浜松にあるのですか?」とか少し話しをしたら、いろいろな菓子を試食させていただきました。
どれも美味しかったのだが、迷った挙句、"棒状のおかき"と"黒糖飴をクッキー(ビスケット?)で挟んだもの"を買いました。おかきは生地もうまいが、味付けも絶妙。クッキーはそれだけ食べてもウマイが、黒糖飴との組み合わせで旨さ5倍。飴が適度にやわらかいので人によっては歯にくっつくかもしれませんが、オレにはちょうど良いです。


最近はもっぱら、昆布をつまみに焼酎を飲んでいます。でも、ついつい食べ過ぎて、今週中にもなくなる勢い。どこかで「大新」が出店しているのを見かけたら、とりあえず試食することをオススメします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »