« [続] 『最低最悪病院にダマされないぞ!...』 featuring とん&たん | トップページ | 医療関連記事第4弾『医龍 Team Medical Dragon』 »

2006/05/22

医療関連記事第3弾「お薬手帳」

前回の記事で「お薬手帳」について書きましたが、興味を持ってくださった方がおられましたので、一つの記事として取り上げたいと思います。

昨年の4月に処方箋調剤薬局へ行った際、「お薬手帳」の作成を勧められました。病院とは長い付き合いになりそうだし、無料ですぐに作ってくれるとのことでしたので、その場で作ってもらいました。

01←それがこれです。
大きさは、9.5cm×13.5cm程度。
これは日本調剤(株)が製作したものですが、処方箋調剤薬局によっていろいろな「お薬手帳」があるようです。「お薬手帳」で検索すると、様々なデザインのものが載っています。お薬手帳収集家にでもなろうかな。

表紙の裏には次のように書かれています。
02

03

処方箋調剤薬局では、日付・患者名・医療機関名・医師名・薬の名前・用法・薬局名などが書かれた紙(シール)をプリントアウトして、手帳に貼り付けてくれます。クリニックなど薬を直接受け取るところでは、手書きで記入することが多いようです。また、薬局によって台紙の大きさが異なるので、手帳からはみ出しそうになることもしばしばあります。

この他、患者本人が記入する項目として、氏名、生年月日、住所、電話番号、アレルギー歴、副作用歴、主な既往症などがあります。私は日々服用している薬が5~8種類程度ありますので、病院や処方箋調剤薬局では極力提出するようにしています。

定期的に病院に行く機会も多いので、通勤で使用しているバッグの中には常に「お薬手帳」が入っています。また、事故や急病で病院に担ぎ込まれても、即座に既往症や服用している薬を示せるので、常時携帯しておくと役立つことがあるかもしれません。

「お薬手帳」が世間に浸透して誰もが携帯するようになれば、ルイ・ヴィトンやシャネルなどからオシャレな「お薬手帳」が発売されるかもネ。

|

« [続] 『最低最悪病院にダマされないぞ!...』 featuring とん&たん | トップページ | 医療関連記事第4弾『医龍 Team Medical Dragon』 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/10179979

この記事へのトラックバック一覧です: 医療関連記事第3弾「お薬手帳」:

« [続] 『最低最悪病院にダマされないぞ!...』 featuring とん&たん | トップページ | 医療関連記事第4弾『医龍 Team Medical Dragon』 »