« 2006年台風1号 | トップページ | 医療関連記事第3弾「お薬手帳」 »

2006/05/19

[続] 『最低最悪病院にダマされないぞ!...』 featuring とん&たん

5月16日の記事『最低最悪病院にダマされないぞ!100%病院活用術』について貴重なコメントを戴いたので、その返信を新たな記事としてここに載せておきます。


たん様の言うように、気になることは全て医師に聞いた方がいいとオレも思います。私が二度目に手術したときは担当の医師に対して不信感を持っていたのだけれど、最初に入院したときの担当医にその事を相談したら、「不安な状態のまま手術をすべきではない。思っていることを全てぶつけて、納得が行かなければ病院を変えてもいいと思う。」とアドバイスされました。


で、手術前の説明の際に、聞きたいことを全て聞いて納得して手術に臨むことができました。「こんなことを聞いたら、心証を悪くするのではないか」と思って聞くのをためらうケースもあるかと思いますが、疑問点は全て聞いて、説明や医師の態度に納得が行かなければ、病院を変えるべきだと思います。ただ、そこまでひどい医師はそうそういないとは思いますが。


ところで、私は病院フリークで病院に行かない週はないに近いくらいなのですが、診察の際に「処方します」といわれた薬が正しく処方箋に反映されないケースが多々あります。これは違う薬が処方されるのではなく、1種類足りないとか多いということ。薬マニアでもあるので、処方箋が渡されたときに必ず内容を確認することにしています。それとお薬手帳を作って常時持ち歩いています。出先での事故や急病で病院に担ぎこまれても、お薬手帳があれば持病や薬の飲み合わせをすぐに確認することができますので。


そして、とん様。看護師が如何に大変な職業かというのは、折に触れここでアピールして行きたいと思います。フジテレビに投書して、『ナースのお仕事♡激務編』を作ってもらうかなぁ。

|

« 2006年台風1号 | トップページ | 医療関連記事第3弾「お薬手帳」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

 たーさん。。。どうもすみませんでした。。
ありがとうございます。。
看護師の激務のアピールまで、、。。。。

でも、すごいですね。お薬手帳!!スバラシイ!
ご自分で作成されたのですか??

投稿: たん | 2006/05/20 16:46

お薬手帳は1年前くらいに薬局で勧められたので、その薬局で作ってもらいました。薬局に行くたびに、処方された薬のシールを貼られたり、手書きで記入されたりして、薬の情報が蓄積されています。でも、薬局によってシールの大きさが違ったりするので、ページに収まらないケースもあります。統一規格を作ってもらいたい。

投稿: たーさん | 2006/05/21 23:27

たーさん、ありがとうございます^^
ぜひぜひ激務っぷりをアピールしていただければ!しかし、「ナースのお仕事激務編」、演じる女優さんいるかなー?髪ふりみだし、目の下万年くま・・・。

投稿: とん | 2006/05/23 14:24

どうせなら、『ナースのお仕事♡激務編-THE MOVIE-』にしよう!
とん・たん姉妹が銀幕デビューということで。
『必殺使用人RELOADED-THE MOVIE-』と二本立て。

投稿: たーさん | 2006/05/23 20:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/10133739

この記事へのトラックバック一覧です: [続] 『最低最悪病院にダマされないぞ!...』 featuring とん&たん:

« 2006年台風1号 | トップページ | 医療関連記事第3弾「お薬手帳」 »