« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006/05/30

上木彩矢「もう君だけを離したりはしない」

上木彩矢の3rdSingle「もう君だけを離したりはしない」。
明日5月31日リリース!
「名探偵コナン」エンディングテーマです。

↓ココで試聴できます。
上木彩矢 Official Site

イントロとは裏腹に最初からロックテイストバリバリな感じではないが、この曲もカッコエエなぁ。「ピエロ」を土台にさらにブレイクしそうな予感。打倒山下智久!

[追伸]
Yahoo!動画でビデオクリップ配信中
「Communication Break」
「ピエロ」
「もう君だけを離したりはしない」
(6月29日マデ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トシちゃん新曲

駅からの帰り道、コンビニ(サンクス)に寄ったら、聴いたことのある歌声が聞こえてきた。これって.....トシちゃん?何して生きてるのか心配だったが、ちゃんと定期的に新曲出してるんだなぁ。しかも、ここでかかっているってことは、ピックアップアーティストとしてサンクスがピックアップした曲ってことだよな。トシちゃん侮りがたし。

.....などど考えていたら、ナレーションで山下智久の曲と判明。
ガビーン.....着々とオヤジ化は進行しているようです。アルコールが入っているせいもあり、ちょっと油断したスキを突かれました。もっとちゃんと侮っておくべきだった。今度、サンクスに行くときは気を引き締めて行きたいと思います。

TBS系金曜ドラマ「クロサギ」の主題歌「抱いてセニョリータ」(5.31Release)だそうです。
山下くんのコメント
「今度の歌は80年代風のとても覚えやすい曲で、大人の男の人が聞いてくれそうな歌謡曲です。それでいてロックテイスト。カラオケでバンバン歌って欲しいですね。」
確かに80年代風だけど、カラオケで歌うのは恥ずかしいのでやめておきます。

金曜日は働肝日なのでテレビ見ないんだよなぁ。家に居ても、きっと「富豪刑事デラックス」を見るだろうし。「クロサギ」とは縁ないよなぁ。山下くんは、昨夜の「HEY!HEY!HEY!」に出ていました。亀梨くんとはお互いキライ同士で昔からずっと仲が悪かったのだが、「修二と彰」でコンビを組むことになり、腹を割って話したら打ち解けて、今では親友とのこと。

<オヤジ向けトリビア>
「KAT-TUN」はメンバーそれぞれのイニシャルを取って付けられた名前だそうです。
K(亀梨), A(赤西), T(田口)
- (一ノ瀬)
T(田中), U(上田), N(中丸)

一ノ瀬はガセです。あしからず.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/29

Pierrot

カラオケでB'zの「ピエロ」を歌ったら、上木彩矢の「ピエロ」と歌詞がどう違うかだいたい分かりました。以前の記事で書きましたが、上木彩矢がカバーするにあたり、稲葉浩志自ら歌詞を一部書き換えています。

B'z
桃色に染まりゆく 東雲を追いかけて
失踪するポンコツカー あなたを乗せて

上木彩矢
桃色に染まりゆく 東雲を追いかけて
失踪する欲望マシン あなたを乗せて

B'z
Getaway getaway 地の果てまで
あのカーブ超えりゃ 青い空

上木彩矢
Getaway getaway 地の果てまで
あの崖飛べば 青い空

B'z
強烈な生と死の匂い
浮かれたようにハンドルを切る

上木彩矢
強烈な生と死の匂い
浮かれたように声をあげる

う~ん、オリジナルの歌詞の方がB'zっぽいけど、書き換えた歌詞の方がいいような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/28

吉野家の三拍子

吉野家の三拍子の順番が判明しました。

うまい、やすい、はやい

↓ココに載っています。
吉野家HP「吉野家文化とは

優先順位も「うまい>やすい>はやい」の順番だそうです。
「うまい」に主眼を置いて品質の向上を図っているとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/26

ぬるいカプチーノは高かった!?

昨日のお話の続き。早速、新宿の「PAUL BASSETT」に行って来ました。

注文したのはカプチーノL(ラージ)。メニューを見た時点でいきなり驚かされた。カプチーノはR(レギュラー)が320円、L(ラージ)が370円。一昨日、タカシマヤの催事で飲んだカプチーノは650円!!!恐らく量はレギュラーサイズだと思う。ダブルスコアかよ!

Cappuccino注文してから出来上がるまで5分程度でした。一昨日は時間掛かり過ぎ。そして肝心の温度ですが、飲み始めは少し熱めで恐らく60℃~65℃。飲み終わる頃が50℃程度。
(たーさんの舌調べ)
やっぱり一昨日のカプチーノはぬる過ぎる!
人を似非カプチーノフリークみたいに言いやがって!

高い!遅い!ぬるい!の三拍子。ここは新宿、タカシマヤ催事の「ポール・バセット」。

ちゃんとした店舗で飲んだカプチーノは美味しかったですよ。......あっ、あれっ?もしかして策略?催事の店でわざとぬるいのを出して、「カプチーノってこんなにぬるいモノなの?」と客の懐疑心を煽っておいて、店舗の方に来させる作戦?ヤラレタ。まんまとハマってしまいました。店舗では半額で飲めると分かると、割安感も感じられるし。


ところで.....
吉野家の三拍子の順番を教えてください。
検索してもどれが正解か分からないので。
①早い、旨い、安い
②早い、安い、旨い
③旨い、早い、安い
④旨い、安い、早い
⑤安い、早い、旨い
⑥安い、旨い、早い
⑦その他


[追伸]
オフィシャルウェブサイトのメニューを見ると、銀座店ではカプチーノが650円になっています。銀座と新宿では価格が異なるようです。何が違うの?豆?ミルク?技術料?場所代?オレは新宿店で満足。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/05/25

ぬるいカプチーノは美味しい?

新宿タカシマヤで昨日より開催されている「第4回フードパラダイス 美味百選」。グルメ催事フリークとして非常に気になるので、初日に行って来ました。


ダイレクトメールに載っていたポール・バセットのイートインに入りました。バリスタ世界チャンピオンのポール・バセットと、パティシエ世界チャンピオンの辻口博啓とのコラボレーションによる新しいコンセプトのエスプレッソカフェ「PAUL BASSETT」。今年、銀座にオープンしたお店です。


催事場には人が多かったのだが、店内はガラガラ。寿司屋とかならまだしも、こういう催事でカフェは魅力的ではないのかも。おすすめはカプチーノだそうですので、それにしました。


客が少ない割にはなかなか出て来ない。エスプレッソマシンを使っているのだから、遅くても5分あればできるでしょ?
かなり後から来た隣の老人が注文したエスプレッソの方が先に出てきました。もう待ちくたびれて店を出ようかと思った頃、やっと出てきました。


ハートの絵が描いてあります。もしかしてコレの練習をしてたのか?この催事は店員の教育の場なのだろうか?


まぁ、とりあえず飲んでみました。
..........ぬるっ!ぬるいにもほどがある!


猫舌なので、熱いのは苦手だけど、ここまでぬるいコーヒーを飲んだのは初めてだ。味がどうのとか言う次元じゃない。そのまま一気に飲み干して、会計しました。
店員の女性に「随分ぬるいのですね」と申し上げたところ、「熱すぎるとミルクの風味が損なわれますので、温度を低めにしております」と言われちゃいました。
オレの解釈は「本物のカプチーノ飲んだことないのでしょ?」と言われたような感じ。「それにしてもぬる過ぎます!」と言い放って店をあとにしました。


家に帰って調べたところ、きめ細かい泡を作るためにはミルクは60~70℃くらいが適温だそうです。エスプレッソの抽出温度は90~95℃くらいが適温とのこと。そして最終的には、ミルクと同じくらいの温度、65℃前後にするのがカプーチーノの美味しい淹れ方らしい。


温度計を使って、舌の記憶で"あのカプチーノ"の温度を計ったところ、恐らく50℃くらいだったと思われます。それ以上高い温度だと一気に飲めない。


ポール・バセットを連れて来て、あのカプチーノを飲ませてやりたい。伊豆でわさび園を経営している庄田さんのように「こんな奴にうちの娘はやれん!」とか言ってもらいたいくらいだ。


ポール・バセットがこのブログを読んでない限り、連れて来るのは難しそうなので、私が銀座のお店まで出向いて行くことにします。と思ったら、新宿店が5月10日にオープンしたようです。野村ビル地下1階。近日中にここに行って、カプチーノの温度を確認してきます。温度計を持参しようかな。


「第4回フードパラダイス 美味百選」については、また後日改めて書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/24

英語での月齢表記

うちのトイレには「Merrie Monarch Hula Festival」のカレンダーが貼ってあるのだが、先日息みながら眺めていて、あることに気が付いた。そのカレンダーには月のイラスト入りで月齢が表示されています。New moon, First Quarter, Full moon, Last Quarter 。日本では、新月、半月(上弦)、満月、半月(下弦)といいますよね。


なるほど、29.5306日周期の4分の1だから「Quarter」という表現をするのか。日本同様に半月="Half moon"という表現を使うこともあるようです。


.....んっ、待てよ、新月から数えて4分の1周期が終わった日を「First Quarter」とするならば、4分の3周期が終わった日は「Third Quarter」にすべきじゃない?なんで「Last Quarter」なの?「Third...」という表現も使うことがあるようだが、「Last...」の方が一般的みたいだ。


Googleで、「"Third Quarter" moon」で検索したところ、418,000件がHit。「"Last Quarter" moon」で検索したら、22,500,000件がHit。


とあるページで「月面の4分の1が見えているから "Quarter moon" と呼ばれる」と書いてありました。うーん、そう考えると、最初に月面の4分の1が見えた状態が「First Quarter」で、月面の4分の1が見える最後の状態が「Last Quarter」ということなのかな。"Quarter"を時間(期間)でなく、場所(月面の一部)と考えると納得がいくなぁ。これ以上調べるのも面倒なので、そういうことにしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/23

医療関連記事第4弾『医龍 Team Medical Dragon』

木曜日22時から放送しているフジTV『医龍 Team Medical Dragon』。遅ればせながら、先週からちゃんと見始めました。ビッグコミックスペリオールで連載中の人気コミックをドラマ化したもの。先週末に漫画喫茶でコミックス全巻読んできました。
医龍(11)

あらすじ(フジテレビPRサイトより):
朝田龍太郎(あさだりゅうたろう)、通称「医龍」。かつて難民キャンプで、世界レベルの救命医療チーム「チーム・メディカル・ドラゴン Team Medical Dragon」のリーダーだった男。そんな抜群の腕を持つ天才外科医が、大学病院の病巣に次々とメスを入れ、大きな権力に立ち向かっていきます。
そしてこのドラマ『医龍 Team Medical Dragon』は、病院と患者の闘い、リアルな問題描写、圧倒的なスピード感とスリリングな生と死の人間ドラマをかつてないスケールで描く、まったく新しいメディカルドラマです。

朝田龍太郎を坂口憲二が演じています。彼は明るく多弁な役より、クールで寡黙な役の方が合っている。あまりしゃべらない役しか演じられないというべきか。コミックスの朝田龍太郎はもっと明るく破天荒な感じ。でも、坂口憲二の演じる冷徹無比な朝田龍太郎もアリかなという気がします。

その他のキャストは、稲森いずみ、水川あさみ、北村一輝、夏木マリ、岸部一徳など。

このドラマでキーになっているのが「バチスタ手術」。日本ではじめてバチスタ手術を成功させるため、、明真大学付属病院心臓外科の助教授・加藤晶(稲森いずみ)は、朝田龍太郎を招き入れる。加藤はバチスタ手術の論文発表を足掛かりに次期教授の座を狙っている。旧態依然とした大学病院の悪しき体質を崩壊させ、臨床・教育・研究の三権分立を確立して理想の病院を創り上げるために。
加藤の野望を尻目に、朝田は病院の慣習にとらわれず自分の信念に基づいた行動を取り、教授から目を付けられる。また、バチスタを成功させるため、病院内で自分のメガネにかなう人間をチームに引き込んでゆく。まだ研修医である身の伊集院登(小池徹平)、熱いハートの循環器内科講師・藤吉圭介(佐々木蔵之介)、やる気の無さそうな麻酔医・荒瀬門次(阿部サダヲ)。

バチスタ手術とは?
考案者であるブラジル医師・バチスタ博士の取った拡張型心筋症に対する手術術式。正式には「左室縮小形成手術」と呼ばれる。拡張した変性部位を切り取り形を整えた後、縫い縮めるという超難関手術。

朝田龍太郎のチームがバチスタ手術を成功させた数時間前、加藤晶の恋人・霧島軍司(北村一輝)らが北日本大学で日本初のバチスタ手術を成功させていた。.....というのが先週までのお話。コミックスでは加藤と霧島は恋人ではないが、ドラマではその方が面白いと判断したのでしょう。今後もコミックスの内容通りに話が進んで行くとも限らないので、ドラマもちゃんと見ていきたいと思います。

ところで、胸部心臓外科助手・木原毅彦役の池田鉄洋さんがいい味だしています。コミックスの木原毅彦にそっくり。『純情きらり』でも桜子(宮崎あおい)の姉・杏子(井川遥)がお見合いで結婚した河原も池田鉄洋さんが演じています。明治から昭和初期にいそうな名家の倅みたいな男。杏子を家政婦扱いして、やがて離縁されるという役柄。こういうクセのある役は彼にぴったり。あまりにもハマっている演技を見ていると思わず笑ってしまいそうになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/22

医療関連記事第3弾「お薬手帳」

前回の記事で「お薬手帳」について書きましたが、興味を持ってくださった方がおられましたので、一つの記事として取り上げたいと思います。

昨年の4月に処方箋調剤薬局へ行った際、「お薬手帳」の作成を勧められました。病院とは長い付き合いになりそうだし、無料ですぐに作ってくれるとのことでしたので、その場で作ってもらいました。

01←それがこれです。
大きさは、9.5cm×13.5cm程度。
これは日本調剤(株)が製作したものですが、処方箋調剤薬局によっていろいろな「お薬手帳」があるようです。「お薬手帳」で検索すると、様々なデザインのものが載っています。お薬手帳収集家にでもなろうかな。

表紙の裏には次のように書かれています。
02

03

処方箋調剤薬局では、日付・患者名・医療機関名・医師名・薬の名前・用法・薬局名などが書かれた紙(シール)をプリントアウトして、手帳に貼り付けてくれます。クリニックなど薬を直接受け取るところでは、手書きで記入することが多いようです。また、薬局によって台紙の大きさが異なるので、手帳からはみ出しそうになることもしばしばあります。

この他、患者本人が記入する項目として、氏名、生年月日、住所、電話番号、アレルギー歴、副作用歴、主な既往症などがあります。私は日々服用している薬が5~8種類程度ありますので、病院や処方箋調剤薬局では極力提出するようにしています。

定期的に病院に行く機会も多いので、通勤で使用しているバッグの中には常に「お薬手帳」が入っています。また、事故や急病で病院に担ぎ込まれても、即座に既往症や服用している薬を示せるので、常時携帯しておくと役立つことがあるかもしれません。

「お薬手帳」が世間に浸透して誰もが携帯するようになれば、ルイ・ヴィトンやシャネルなどからオシャレな「お薬手帳」が発売されるかもネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/19

[続] 『最低最悪病院にダマされないぞ!...』 featuring とん&たん

5月16日の記事『最低最悪病院にダマされないぞ!100%病院活用術』について貴重なコメントを戴いたので、その返信を新たな記事としてここに載せておきます。


たん様の言うように、気になることは全て医師に聞いた方がいいとオレも思います。私が二度目に手術したときは担当の医師に対して不信感を持っていたのだけれど、最初に入院したときの担当医にその事を相談したら、「不安な状態のまま手術をすべきではない。思っていることを全てぶつけて、納得が行かなければ病院を変えてもいいと思う。」とアドバイスされました。


で、手術前の説明の際に、聞きたいことを全て聞いて納得して手術に臨むことができました。「こんなことを聞いたら、心証を悪くするのではないか」と思って聞くのをためらうケースもあるかと思いますが、疑問点は全て聞いて、説明や医師の態度に納得が行かなければ、病院を変えるべきだと思います。ただ、そこまでひどい医師はそうそういないとは思いますが。


ところで、私は病院フリークで病院に行かない週はないに近いくらいなのですが、診察の際に「処方します」といわれた薬が正しく処方箋に反映されないケースが多々あります。これは違う薬が処方されるのではなく、1種類足りないとか多いということ。薬マニアでもあるので、処方箋が渡されたときに必ず内容を確認することにしています。それとお薬手帳を作って常時持ち歩いています。出先での事故や急病で病院に担ぎこまれても、お薬手帳があれば持病や薬の飲み合わせをすぐに確認することができますので。


そして、とん様。看護師が如何に大変な職業かというのは、折に触れここでアピールして行きたいと思います。フジテレビに投書して、『ナースのお仕事♡激務編』を作ってもらうかなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/18

2006年台風1号

昨年は台風に関する記事をいくつか書きましたが、今年も折に触れて書きたいと思います。

5月9日に発生した台風1号。アジア名はChanchu(チャンチー)で真珠という意味。フィリピンを通過し、そのまま北へ抜けるかと思いきや、突如進路を変えて香港沖の海上を北北東へ進んでいます。予報ではさらに東よりに進路を変え、日本に接近する見込み。

お天気キャスターによるブログ「チーム森田の"天気を斬る"」によると、台風1号が日本へ上陸したら、観測史上初めてということになるそうです。しかしながら、東シナ海の水温が20度前後と低いために、上陸する前に温帯低気圧に変わる可能性が高いとのこと。

ふと気付いたのだが、この時期で台風1号というのはちと遅すぎるのではないか。早ければ1月に発生する年もあるというのに。話の順序が逆になってしまったが、もともと「1号が遅い」ことを調べていて、上記ブログの記事を見つけたのだ。それによると、平均は3月4日でそれより2ヶ月遅く、遅い方から数えて8番目だそうです。(1951年以降の統計資料による)

また、台風の発生が遅い年は上陸する台風が少ない傾向にあるとのこと。果たして今年はどうなるでしょうか。統計通りに少なくなるのか。それとも昨今の異常気象のように統計を無視した結果になるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/16

フジTV『最低最悪病院にダマされないぞ!100%病院活用術』

今夜フジテレビで放送していた『患者力で命を守れ!最低最悪病院にダマされないぞ!100%病院活用術』を見ました。家に帰ってテレビをつけたら、ちょうどやっていたので。

大学病院などの大きな総合病院の体質は警察に似ていると誰かが言っていました。一昔前はそういう病院ばかりで、今もそういう病院は多いようです。そして医療ミスは我々が想像しているよりもはるかに多く起きているそうです。ただ、番組で紹介されたような投薬までに7人のチェックが必要な徹底した安全管理を行っている病院や、医療ミスで我が子を亡くした女性を安全管理担当者として雇用している病院など、医療ミスを事前に防ぐことに力を注いでいる病院も多くなってきました。

手術の模様をライブ中継する病院もありました。感染症の心配の少ない内科手術ではガラス越しに手術の模様を見ることができるそうです。しかもただ見るだけでなく、どんな道具を使ってどのように手術しているかを適宜説明してくれるそうです。手術室で行われていることを自分の目で見て知ることができるのは、患者や家族にとっては安心できることだと思います。私も二回大きな手術を経験していますが、可能であれば自分が手術されている模様を見てみたいです。

ただ、手術の模様を生で見られるというのは医師にとってストレスになってしまわないだろうかと心配になります。緊張して手元が狂ったりしないだろうか?私が最初に手術を受けたあと、主治医に何気なく質問したことがあります。
私「手術中ってテレビドラマのように無駄口など一切きかず、何時間も黙々と手術しているものなんですか?」
医師「いや、人間が集中力を持続できる時間は限られているんだ。長丁場の手術でずっと集中していることはムリだし、かえって疲れるから、手術がおろそかにならない程度に世間話とかしながら緩急つけてやってるんだよ。」

本当に世間話しているかは分かりませんが、確かに何時間も集中して仕事できないと思います。少なくともオレはできない自信があります。それを考えると、ライブ中継するってのも良し悪しかなという気がしないでもありません。実際、どのように力を抜いているのか分からないので、なんとも言えませんが、患者の家族に「もっと真剣に手術してくれ!」と怒られそうだ。

看護師のミスが原因で大きな事故に至るケースも多いと思うが、看護師というのも難儀な職業だと思います。シフトはまちまちだし、寝たきり患者の便は取らなきゃならんし、決して高給でもない(たぶん)。それでいてミスが許されない。会社員であれば入力ミスしても「あー間違えちゃった」で済むが、看護師であればそれが患者の命を奪うこともあり得る。

「人間は誰でもをミスする」という前提で、看護師でも医師でもミスをしたら、他の人間がカバーできるようにして、大きな事故に繋がらない体制を取ることが必要だと思います。先述の投薬を7人でチェックする病院のように。ただ、リスクマネジメントを推し進めるにはそれなりの資金も必要となるので、分かっちゃいるけどできないというのが実情なのかもしれません。...あっ、オレって偉そうでしょ?

私は二度の入院生活でさんざんお世話になったので、基本的に看護師は尊敬できる職業だと思っています。ただ一つだけ注文をつけるとすれば、男性患者に男性の看護師をつけるのだけはやめてもらいたい。男性であればそっち系でない限り、看護師は女性の方が癒やされるので。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/05/15

吉祥寺「みんみん」

吉祥寺ハモニカ横丁にある餃子の店「みんみん」。一部マニアの間ではラーメンショックで有名なお店です。吉祥寺に行くたびに店の前まで行くのだが、土日に行く機会が多いせいかいつも満席で行列ができている。基本的に行列は嫌いなので、あきらめて帰ります。

今日行ってみたら、夕方なのに客が二人しかいなかった。ツイテル!
餃子ライス(スープ・ザーサイ付き\630)を注文しました。餃子は一皿5個だが、1個が大きいので私には十分です。厚めでモチっとした皮の中にジューシーな餡がたっぷり詰まっています。久しぶりに食べたけど、ウマイなぁ。こういうタイプの餃子も好きです。スープも美味しい!安いし、行列が出来る訳だ。

でも学生の頃は「これウマイなぁ」と感心した記憶がないのだが、食べ盛りで何を食べてもさほど変わらなかったからであろうか?それとも、ずっと満席で食べることができなかったから、飢餓感が煽られたのであろうか?

先客の一人は20代前半と思われる小奇麗な女性でした。一人で「みんみん」に来るとはイカス!彼女は餃子を一皿だけ食べて帰るようだ。それもイカス!

彼女が支払いをしているときの会話。
女性「ココって雑誌とかにもよく出ている有名なお店ですよね?」
店員「えー、まぁ」
女性「カップ麺にもなってましたよね?」
店員「それはウチじゃないと思いますよ」
女性「おなか空いたら、また来ますね。餃子めっちゃうまかってん!」

常連でもないのに自分が褒められたようで、なんか嬉しかったっス。

ところで、横丁街の外れにタコライス屋さんがあります。その店も気になるので、今度行ってみようかと思っています。店員さんに「タコライスは混ぜて食べるべきか否か」を確認したいし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/14

はらちがい

最近、ブログの更新を怠っています。毎日書き続けることを目標にしていたのだが、執筆意欲が低下中。早く寝るように心がけているので、書く時間もあまり取れないし。大した内容に見えないかもしれませんが、一つの記事を書くのに結構時間かかっています。このまま徐々に投稿頻度が少なくなって行くのだろうか。乞うご期待。

さて、NHK連続テレビ小説『純情きらり』ですが、なかなか面白い。今週から舞台を東京に移し、桜子は本格的に音楽の道を歩みだしました。音楽学校の試験は落ちてしまい、浪人して翌年再度受験することに。受験のチャンスは一回きりの約束だったのだが、大好きなピアノを諦めることができず、姉の反対を押し切って、東京で働きながらピアノの勉強をする決意を固めたのでした。

ひょんなことから住むことになったアパート「マロニエ荘」。この下宿には芸術家やダンサーを目指す個性的な面々が住んでいる。住人の一人で画家志望の「八重」という女性がいるのだが、この女優さんの名前が分からなかった。顔は知っているのだが名前が出て来ない。公式サイトで調べたら、「原千晶」であることが判明。

そっか、そっか、原千晶か。あれっ、原千晶と言えば、釈由美子主演『7人の女弁護士』にも出てたな。でも随分雰囲気が違う感じ。さすが女優さん。役次第でいろんな人間を演じられるんだぁ。.....と感心したものの、どうも腑に落ちない。

気になって、『7人の女弁護士』公式サイトを見てみました。
.....オレが「原千晶」だと思っていた人は「原沙知絵」であることが判明。雰囲気が違うはずだよな、別人なんだから。マナ・カナの区別がつかないのは仕方ないにしても、原千晶と原沙知絵の区別もつかないとは、オレも落ちぶれたものだ。やっぱりニンテンドーDSを買って、脳を鍛えないとダメかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/11

SUPER AGURI F1チーム 井出有治のライセンス取り消し

FIA(国際自動車連盟)はSUPER AGURI F1チームに対し、セカンドドライバーである井出有治選手のスーパーライセンス取り消しを通告した。スーパーライセンスとはF1グランプリに出場するためのライセンス。

SUPER AGURI F1 TEAM 公式見解
井出有治のスーパーライセンス取り消しに関する経緯について


第1戦から第4戦まで予選最遅、決勝ではリタイヤか最下位。さらに第4戦のサンマリノGPではスタート直後に接触事故を起こし、FIAからの要請によって第5戦ヨーロッパGPでは第3ドライバーのフランク・モンタニーが出場した。井出選手の処分は保留となっていたが、スーパーライセンス取り消しという非常に重い処分が下された。簡単に言うと、「あなたがレースに出場すると他のドライバーに迷惑がかかるので、顔を洗って出直して来てください」ということ。


単に未熟だからという理由でライセンス取り消しというのは聞いた事がない。これは井出選手が未熟というだけでなく、SUPER AGURIチームのF1参戦自体が時期尚早という事を示唆してるのではないか。「もはや金さえ払えば参戦可能という時代ではありませんよ」ということ。


井出選手にとっては全く迷惑な話だ。ろくにテストも出来ない中で彼は精一杯頑張ったと思う。それでも「未熟」と言われるということは、SUPER AGURIチームが井出選手をセカンドドライバーに起用したことが間違っていたということ。元F1ドライバーである鈴木亜久里が代表を努めるチームなのに、F1で通用する選手を起用できなかった(しなかった)とは由々しき問題だ。


日本がバブル景気で潤っていた当時は多くの日本企業がF1界に参入したが、バブル崩壊間もない頃は「こんな奴にまでライセンスを与えちゃうの?」と思えるドライバーもいた。それまでは、F3もしくはF3000で総合優勝の経験のある者、または同等の技量を有する者だけにライセンスが発行された。しかしながら日本でもヨーロッパでもレースで全く結果を出していない日本人ドライバー「井上隆智穂」が1994年のF1GPに突如参戦。もちろんF1でも全く結果を残せず二年で姿を消したが、彼はF1フリークにとって忘れられないドライバーである。


あるレースで彼はマシントラブルにより車を降りることになったのだが、ピットに戻る途中でなんとマーシャルカー(事故処理を行う車)に轢かれてしまったのだ。F1ドライバーがマーシャルカーに轢かれるなんて、後にも先にも聞いたことがない。


こんなドライバーでもライセンス取り消しにはならなかったというのに.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/09

ブルースクリーン死亡遊戯

私、ついに見てしまいました。何がって?アレですよ、アレ。選ばれし者だけが目にすることができるブルースクリーン、Blue Screen of Deathと呼ばれている「KERNEL_STACK_INPAGE_ERROR」。

Kernel_01

大したエラーでもないだろうと思いつつも、一応メッセージをメモっておきました。

Kernel_02

どんなエラーなのか検索をかけたところ、なんとハードディスクが壊れる前の断末魔の叫びでだそうです。このメッセージが出たら、一刻も早くバックアップを取る必要があるとのこと。これまでクラッシュ対策など取ってこなかったので、あせりました。うちのPCにはCD-R/RWドライブしか付いていないので、とりあえずCDに焼くタイプのバックアップソフトを探しにヨドバシカメラへ。店員さんに相談したところ、ハードディスクが壊れそうなのであれば、外付けハードディスクを買ってバックアップを取るのも一つの手段だとアドバイス受けました。

ハードディスクと言ってもいろんなタイプがあるんだなぁ。LAN接続にしようかさんざん迷った挙句、無難にUSB接続のものを買いました。バックアップソフト簡易版も付いている。家に帰って早速バックアップ開始。しかしながら、途中でまたも死のブルースクリーンが。びぇ~~~

再度挑戦.....どうにかバックアップ取れました。ハードディスクからは「ウィーン」という異音が聞こえるので、近々壊れそうな気もするのだが、現状ではブルースクリーンは必ず出るとも限らないようです。とりあえずこのまま様子を見ます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/08

ガッチャピン

Gachapin

ガッチャピン公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/06

帝国ホテルに物申す!

帝国ホテルタワーの客室へのアクセス、めちゃめちゃ分かり難い!!


昨日、帝国ホテルに泊まっている知人に会いに行きました。本館ではなくタワー館の客室とのこと。銀座方面から行ったら、ちょうど手前に帝国ホテルタワーがあったので、何の躊躇もせず入って行きました。しかしながら、1Fにはタワーオフィスへ行くエレベーターしかなく、関係者以外は立ち入り禁止になっています。客室へはどう行くかも書いてありません。「客室があるのは別の棟に違いない」


気を取り直して、隣にある帝国ホテルプラザへ入りました。しかしながら、ここからもタワー客室へは行けないようだ。「本館からしか行けないの?」


仕方ないので本館まで行きました。館内案内図を見ると、地下1階からタワーへ行けるようだ。タワー館は、19階から下がオフィスフロアで、20階から上がホテルフロアになっていた。最初に入った帝国ホテルタワーであっていたのだ。客室への行き方は書いてなかったが。


本館地下1階からタワー館地下1階へ。しかしながら、客室へ通じるエレベーターへは行けませんでした。エレベーターホールの手前に鍵付きのドアがあり、客室のカードキーがないと入れないようになっています。「なんじゃこりゃ!?」


目の前にフロントに繋がる電話があったので、「○○○○号室に宿泊している知人の部屋に行きたいので開錠して欲しい」という旨を伝えたところ、「ここからはカードキーがないと入れないのですが、本館中二階からであればキーがなくてもタワー館へ行けます」とのこと。「また本館かよ...」


仕方なく本館へ戻り、中二階からタワー館へ行きました。一応、自動ドアがあるものの、誰でもタワー館に入れるようになっています。ようやく目的の客室へたどり着くことができました。


セキュリティを考えて、タワー地下1階からは宿泊者以外が入れないようにしたのだと思うが、中二階にはガードマンがいる訳でもなく誰でもタワーへ入れるようなっているので、片手落ちだ。


また、宿泊者以外の人間が客室に入ることは想定していないのだと思うが、宿泊者でも間違えて最初にタワーへ入る人がいるだろう。そもそも何故「帝国ホテルタワー」にオフィスフロアを設けたのか?タワーも全てホテルにして、1階にタワー用のメインロビーを設ければ、迷わず客室に行けるのに。


帝国ホテルはリピーターこそが真のお客様であって、ビギナーには冷たいという方針なのだろうか。誰もが正面玄関から入るとは限らないので、どこから入っても目的の場所に行けるように改善してもらいたい。コンラッド東京やマンダリンオリエンタル東京など新たなホテルが参入し、ホテル戦争となっている東京で、あのような殿様商売をしていて生き残れるのだろうか?まぁ、オレは泊まる事が無いから、どうでもいいって言えばいいんだけど.....。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/05

Docomo D902i / ATOK+APOT

携帯をDocomoの「D506iS」から「D902i」に買い換えました。"D"にした主な理由は、2.8インチの大きな液晶画面と「シャキーン」というスライドスタイル、それとプレミアムイエローという色が気に入ったから。
D902i_yellow

まだ買ったばかりなので、使いこなすという状態にはほど遠いが、いまのところ満足しています。カメラ(有効200万/記録400万画素)の画質は、オレが初めて買ったデジカメ「KYOCERA SAMURAI 2100DG」と遜色ないような気がする。重さは4分の1だけれど。レンズカバーを開ければ即カメラが起動するのも便利。

日本語入力システムは「ATOK+APOT」。AI推測変換(APOT)が使い易い。たとえば、「こん」と入力すると、「こんばんは こんにちは 今回 今後 今週.....」等の変換候補を表示してくれる。携帯で文章を打つのは苦手なんだけど、これがあれば楽チンだ。また、自動カーソルという機能もあり、これは一定時間操作を行わないとカーソルが自動的に次へ移動するというもの。慣れないと戸惑うが、同じボタンに割り当てられた文字を続けて打つ場合には便利な機能だ。いちいち右ボタンを押してカーソルを移動させる必要がない。

この変換システムの辞書は多様な語彙を有しているようだ。「まじ」と入力したら、変換候補の中に「マジレンジャー」が現れた。すげぇぜATOK!気になったので、「ひびき」と入れてみた。「さすがに響鬼は出ないかぁ...」と思いながら変換候補をページダウンして行ったら、21番目に「響鬼」がありました!すげぇぜATOK!開発者の中にヒーロー物フリークがいたのだろうか。

スーパー戦隊シリーズは全て網羅しているみたい。
でか→デカレンジャー
あば→アバレンジャー
はりけ→ハリケンジャー
がお→ガオレンジャー
ごれ→ゴレンジャー

ちなみに「威吹鬼」「轟鬼」「斬鬼」はありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/03

misono「個人授業」

最近、渋谷のセンター街を通ると必ずと言っていいほどかかっている曲、misonoのニューシングル「個人授業」。フィンガーファイブの「個人授業」をカバーしたもの。5月10日(水)リリース。misonoの声質にとても良く合っている。合っているが、ただそれだけだ。

misono Official Website
いきなり「個人授業」が流れるのでご注意を。

日テレのバラエティ番組『ミラクル☆シェイプ』の5月エンディングテーマだそうです。何故、今この時期に「個人授業」をカバーするのか意味不明。学園モノドラマのテーマソングならば分からないでもないが、日曜11時のバラエティじゃあねぇ。

小泉今日子が「学園天国」をカバーしたのとは大違いだ。歌手としても勢いがあったし、"月9"のドラマ「愛し合ってるかい!」のテーマソングだったし。映画のテーマソングだったお姉さんの「キューティーハニー」とも全然違う。

これからソロで売って行こうというときに「個人授業」のカバーはないでしょ?ライブで歌うのならばまだしも、ソロ第2弾がこの曲とは、avexのやる気の無さが伺い知れる。もっとお金を使ってくださいな。「倖田來未の妹、最近見ないねぇ」と言われる日がますます近づいてきました。

あっ、それと.....Diaryを書くのであれば、もっと頻繁に投稿した方がいいですよ。今年の1月25日から始めて、まだ5回しか投稿されていません。そういう地道なことからコツコツとやらないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/02

キーボードの「カタカナ」キー

Key01

今日は画像を冒頭に持ってきてみました。携帯で撮ったので、鮮明でなくてごめんなさい。これ、会社で使っているDELLのキーボードです。ふと、気が付いたのですが、「カカナ」の「タ」が大きいのは何故でしょう?家に帰って自分のパソコンを見たら、家のキーボードも「タ」が大きかった。DELLだけなのかな?ちなみに我が家で冬眠中のThinkPadは全て同じ大きさで「カタカナ」と書いてありました。

漢字で書くと「片仮名」なのだが、「片」の「タ」だけ大きいのは摩訶不思議。
何故「タ」が大きいのかオレなりに考えてみました。

①漢字説。
実は漢字で、夕方の「夕」なのではないか。「カタカナ」に「夕」をハメ込んでみると、「カ夕カナ」。おお!なんかそれっぽい!けど、ちょっと違うなぁ。「カ」と「カ」の横棒を結んだ線より「タ」の横棒が上にないとおかしいので、おしいけど「夕」じゃない。あっ、もしかして、「カ」が漢字!?と思ったのだが、"ちから=力"も"カ"も横棒の高さは同じでした。

②オオタさん説
キーボードのデザインを任された人が「オオタさん」という人物であった。自分のデザインよるモノだという足跡をどこかに残そうと考え、「カタカナ」の「タ」を大きくして、大きい「タ」=オオタにしたのではないか。この説はかなり有力だと思います。

③「トイザらス」説
英字配列キーボードで同じ位置にあるキーが一文字だけ大きく書かれているので、それにならって「タ」だけ大きくした。これは全くのガセネタでした。英字配列では、スペースキーの右隣は「Alt」で、その右は「アプリケーションキー」、その右は「Ctrl」。あっ、もしかして他の言語かも!?

真相をご存知の方がいましたら、せひともご教授願いたし。

ところで、カタカナの「タ」は斜めの棒(右下がり)が「メ」みたいに突き抜けて見えるのだが、それが正しいの?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »