« 吉祥寺「みんみん」 | トップページ | 2006年台風1号 »

2006/05/16

フジTV『最低最悪病院にダマされないぞ!100%病院活用術』

今夜フジテレビで放送していた『患者力で命を守れ!最低最悪病院にダマされないぞ!100%病院活用術』を見ました。家に帰ってテレビをつけたら、ちょうどやっていたので。

大学病院などの大きな総合病院の体質は警察に似ていると誰かが言っていました。一昔前はそういう病院ばかりで、今もそういう病院は多いようです。そして医療ミスは我々が想像しているよりもはるかに多く起きているそうです。ただ、番組で紹介されたような投薬までに7人のチェックが必要な徹底した安全管理を行っている病院や、医療ミスで我が子を亡くした女性を安全管理担当者として雇用している病院など、医療ミスを事前に防ぐことに力を注いでいる病院も多くなってきました。

手術の模様をライブ中継する病院もありました。感染症の心配の少ない内科手術ではガラス越しに手術の模様を見ることができるそうです。しかもただ見るだけでなく、どんな道具を使ってどのように手術しているかを適宜説明してくれるそうです。手術室で行われていることを自分の目で見て知ることができるのは、患者や家族にとっては安心できることだと思います。私も二回大きな手術を経験していますが、可能であれば自分が手術されている模様を見てみたいです。

ただ、手術の模様を生で見られるというのは医師にとってストレスになってしまわないだろうかと心配になります。緊張して手元が狂ったりしないだろうか?私が最初に手術を受けたあと、主治医に何気なく質問したことがあります。
私「手術中ってテレビドラマのように無駄口など一切きかず、何時間も黙々と手術しているものなんですか?」
医師「いや、人間が集中力を持続できる時間は限られているんだ。長丁場の手術でずっと集中していることはムリだし、かえって疲れるから、手術がおろそかにならない程度に世間話とかしながら緩急つけてやってるんだよ。」

本当に世間話しているかは分かりませんが、確かに何時間も集中して仕事できないと思います。少なくともオレはできない自信があります。それを考えると、ライブ中継するってのも良し悪しかなという気がしないでもありません。実際、どのように力を抜いているのか分からないので、なんとも言えませんが、患者の家族に「もっと真剣に手術してくれ!」と怒られそうだ。

看護師のミスが原因で大きな事故に至るケースも多いと思うが、看護師というのも難儀な職業だと思います。シフトはまちまちだし、寝たきり患者の便は取らなきゃならんし、決して高給でもない(たぶん)。それでいてミスが許されない。会社員であれば入力ミスしても「あー間違えちゃった」で済むが、看護師であればそれが患者の命を奪うこともあり得る。

「人間は誰でもをミスする」という前提で、看護師でも医師でもミスをしたら、他の人間がカバーできるようにして、大きな事故に繋がらない体制を取ることが必要だと思います。先述の投薬を7人でチェックする病院のように。ただ、リスクマネジメントを推し進めるにはそれなりの資金も必要となるので、分かっちゃいるけどできないというのが実情なのかもしれません。...あっ、オレって偉そうでしょ?

私は二度の入院生活でさんざんお世話になったので、基本的に看護師は尊敬できる職業だと思っています。ただ一つだけ注文をつけるとすれば、男性患者に男性の看護師をつけるのだけはやめてもらいたい。男性であればそっち系でない限り、看護師は女性の方が癒やされるので。

|

« 吉祥寺「みんみん」 | トップページ | 2006年台風1号 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 私も見ました!途中まで。。後は、司会者と、ゲストのコメントを聴いていたら、むかつく事のほうが多かったので違うチャンネルにまわしちゃいました。・・ナースたん個人としては、あのTVをそのまま信じるのはどうかなあ、と。とりあえず、患者さんには「病気は治してもらうのではなく、自分で治す!!だから、医者や医療者、ちょっと手伝ってくれ!」と思って、入院していただきたいですね。実際、手術後でも、きちんと回復するのは、その人の体内の力が基礎になっている訳ですしね。
 医療ミスの被害者は本当のことを知りたいだけ、と言われていましたが、これはごもっともです。そして、ミスはとても悲しいし、怖い。決しておきてはいけないことです。
でも、もひとつ、患者さんに言わせていただければ、入院と同時に今後の治療方針を説明されると思いますが、医師の話は決して簡単なものではないので、難しいと思います。でも、分からないことは、分かったふりをせず、分からないときちんと言いましょう。自分の体のことなのです。一番怖いのは知らないことなのですからね。医師だって最近はよっぽどじゃない限り、分かりやすく説明してくれますよ。理解したうえで治療を受けると、患者さん自身が医療者のうっかりミスを見つける、なんてこともありますしね。
 
 確かに、日本の医療は海外でも言われていますが、「すぐにあやまるな」みたいな教育はされていると思います。あやまることで、非を認めたことになって裁判で不利になる、ということで。身内のミスを隠そうとしたり。。・でも、そんなのおかしいですよね、そういうところは、やっぱり警察の体質と似ているのかもしれません。
 それと、たーさんが書かれていたように、医療者はミスが認められないし、これは当たり前と思って仕事してますけれど、でもほんとにナースの仕事は薄給で激務です!!理不尽な患者だって、たくさんいるんですよ!!

 なんだか本当に長々と書いてしまいすみません。しかも、まとまってなくて分かりづらくてすみません。。思いだけをばばばーっと書いてしまいました。。。。

投稿: たん | 2006/05/18 00:37

確かに薄給です^^;夜勤で稼いでいるだけで。
ただ、「理不尽な患者」は言い過ぎでは!自分の病気を冷静に受け止めるなんてこと難しいと思うから、大抵の人は理解できず混乱してることが多いと思うよ~。でも看護師の勤務体制の厳しさはちゃんと取り上げて欲しいです。日勤終わってその日の夜中にまた出勤って。。これはいくら体力のあるたんでもキツイよね。高円寺の幸〇〇のマスターに何度か言ってるんだけど、この間やっとこの勤務体制を理解していただけ「大変や~」と憐れんでもらいました。日勤でも定時にあがれるわけでなく、8時9時に終わって、はいまた今日の0時出勤ね!って。。深夜業務が終了する頃には朦朧状態ってこともあり、そのときミスが起こったら!ただリスクマネージメントの強化に力をそそぐのみですよね。どこかの番組で企画しないかなー♪激務バトル!看護師、最下位だったりして^^; なんて、たーさんのページで姉妹してすみません。

投稿: アマ・ンドロン | 2006/05/18 18:11

たん様、アマ様、コメントありがとうございます。コメントにしておくのはもったいない。このまま明日の記事としてUPしたいくらいです。ちょうど書くことないし。あっ、せっかくだから私の返信を5月19日の記事として載せておきます。

投稿: たーさん | 2006/05/18 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/10101970

この記事へのトラックバック一覧です: フジTV『最低最悪病院にダマされないぞ!100%病院活用術』:

« 吉祥寺「みんみん」 | トップページ | 2006年台風1号 »