« 秋山奈々@ヤングジャンプ | トップページ | 仮面ライダーサソード »

2006/06/04

映画『DEATH NOTE』 file-1

そろそろ映画『DEATH NOTE』の記事を書くことにしました。『DEATH NOTE』は週間少年ジャンプで2003年12月から連載されている人気コミック。昨年の春までは毎週読んでいましたが、それ以降は漫画喫茶で単行本を読んでいます。

映画は二部構成で6月に前編を、10月に後編を上映。
前編は6月17日(土)公開。

"DEATH NOTE"と呼ばれる死神の道具を一人の少年が手にするところから物語りは始まる。ノートの持ち主は、ノートに名前を書いた人間を死亡させることができる。少年の名前は夜神月(ヤガミライト)。容姿端麗、頭脳明晰、警察庁刑事局長を父に持つ。

ライトは「キラ」と名乗り"DEATH NOTE"を使って、凶悪犯罪を犯した者を次々に裁いて行く。悪のない理想的な社会を創るために。犯罪者が次々に謎の死を遂げる事件に手を焼いたICPO(国際刑事警察機構)は、正体は不明だが手がけた事件は確実に解決するという名探偵「L(エル)」に捜査を以来。「キラ」と「L」の頭脳戦が繰り広げられてゆく。

"DEATH NOTE"には、いくつかのルールが存在する。
その一部を紹介しておきます。

Deathnote1

映画のキャストは以下の通り。

藤原竜也 : 夜神 月
松山ケンイチ : L
鹿賀丈史 : 夜神 総一郎(ライトの父)
細川茂樹 : レイ・イワマツ(FBI捜査官)
瀬戸朝香 : 南空ナオミ(レイの婚約者)
藤村俊二 : ワタリ(Lの片腕)
戸田恵梨香 : 弥 海砂(アマネミサ/役柄は秘密)
香椎由宇 : 秋野詩織(映画オリジナルキャラクター)

藤原竜也はライトに適役だと思います。松山ケンイチを私はよく知らないのですが、前評判ではかなりLのイメージに近いようです。前編で重要な役どころとなる「弥 海砂」を戸田恵梨香がどう演じるのか気になるところ。

"DEATH NOTE"の読者であれば想像つくと思いますが、前編は恐らくあの辺りまででしょう。後編はどのような形で終結させるのか楽しみです。

6月10日(土)に全国3館限定で先行上映されるそうです。
詳しくは、映画公式HP参照のこと。

|

« 秋山奈々@ヤングジャンプ | トップページ | 仮面ライダーサソード »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/10382297

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『DEATH NOTE』 file-1 :

« 秋山奈々@ヤングジャンプ | トップページ | 仮面ライダーサソード »