« 映画『NANA』の続編『NANA2』 | トップページ | 仮面ライダーカブト HYPER-FORM/HYPER-ZECTOR »

2006/08/09

アニメ『NANA』レビュー

アニメ『NANA』。途中早送り再生などしながらも一応全部観てます。8月2日の放送はStory#17、ナナとハチがトラネスのライブを見に行く話。これまで特に大きな問題はありません。最初「どうかな~」と思ったハチの声も徐々に合っていると思えてきました。

今のところ気にいらない点が二つだけあります。

①シンの声
なんか虚弱体質の子供のように弱弱しい感じ。母性本能をくすぐるキャラだが、もう少し自信を持ってしっかり話すというのがオレのイメージ。言い難い事もさらっと話す。これは映画のシンにも言えることで、デスノートでは高評価だった松山ケンイチにシンの役がこなせるのか?

②レイラの歌唱キャスト
番組のエンディングでも流れているOLIVIA「a little pain」。僭越ながらズバっと言わせていただきます。レイラの「レ」の字も感じられない。前回放送のトラネスのライブでレイラが歌っていましたが、あれじゃぁ盛り上がれないよ。いきなりあの歌から始めることないっしょ。「レイラ」の歌には"華"がないと。前にも書きましたが、歌唱キャストという点に関しては映画版の伊藤由奈の方が77倍レイラっぽい。

今後も気が向いたらレビューします。

|

« 映画『NANA』の続編『NANA2』 | トップページ | 仮面ライダーカブト HYPER-FORM/HYPER-ZECTOR »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/11344520

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ『NANA』レビュー:

« 映画『NANA』の続編『NANA2』 | トップページ | 仮面ライダーカブト HYPER-FORM/HYPER-ZECTOR »