« スケートカナダ2006 女子SPレビュー | トップページ | スケートカナダ2006 女子フリー レビュー »

2006/11/05

スケートカナダ2006 女子最終結果

フィギュアスケート'06GPシリーズ第2戦「スケートカナダ」女子フリーが終了し、最終結果が判りました。今日のテレビ放送を待たずに、すぐに結果を知りたい方のみ続きをお読みください。



地元カナダのジョアニー・ロシェットがフリーで1位を獲り優勝。2位はフリーでも2位の村主章枝。ユナ・キムはフリーで4位(!?)になってしまい、最終的に3位でした。

シングル女子最終順位
1. Joannie ROCHETTE (CAN) 173.86点 (SP 5位/FS 1位)
2. 村主章枝            168.76点 (SP 2位/FS 2位)
3. Yu-Na KIM (KOR)      168.48点 (SP 1位/FS 4位)
4. Alissa CZISNY (USA)    163.69点 (SP 4位/FS 3位)
5. Susanna POYKIO (FIN)   161.58点 (SP 3位/FS 5位)
6. Mira LEUNG (CAN)      150.92点 (SP 6位/FS 7位)
7. 恩田美栄            146.95点 (SP11位/FS 6位)
8. Binshu XU (CHN)       142.70点 (SP 7位/FS 8位)
9. Lesley HAWKER (CAN)   136.68点 (SP 8位/FS 9位)
10. Alisa DREI (FIN)       121.65点 (SP12位/FS10位)
11. Tugba KARADEMIR (TUR) 112.09点 (SP 9位/FS11位)
12. Katy TAYLOR (USA)    110.57点 (SP10位/FS12位)


ジョアニー・ロシェットはフリー/総得点ともに自己ベストを更新しています。昨シーズンはトリノオリンピック5位、世界選手権7位で、GPシリーズは2位と4位。ユナ・キム、村主章枝、アリッサシズニーといる中で3位はあり得るかと思っていたのですが、優勝はちょっと予想外でした。

ユナ・キムは一回転倒しています。浅田真央同様に新たな技に挑戦して失敗したのでしょうか。その影響で他のジャンプも精彩を欠いたということかな。TES(技術点)51.60点という点数は昨シーズンと合わせても最低の点数です。

女子フリースケーティング順位
1. Joannie ROCHETTE(CAN) 118.26=TES62.02+PCS56.24
2. 村主章枝           110.24=TES54.56+PCS55.68
3. Alissa CZISNY(USA)    107.57=TES53.57+PCS54.00
4. Yu-Na KIM(KOR)      105.80=TES51.60+PCS55.20-1.00
5. Susanna POYKIO(FIN)   103.96=TES49.96+PCS54.00
6. 恩田美栄            103.79=TES59.15+PCS44.64
7. Mira LEUNG(CAN)      98.78=TES51.98+PCS46.80
8. Binshu XU(CHN)       93.88=TES51.36+PCS43.52-1.00
9. Lesley HAWKER(CAN)   91.66=TES48.50+PCS44.16-1.00
10. Alisa DREI(FIN)       81.19=TES39.67+PCS43.52-2.00
11. Tugba KARADEMIR(TUR) 67.95=TES31.27+PCS39.68-3.00
12. Katy TAYLOR(USA)    67.41=TES26.73+PCS41.68-1.00

TES : 技術点 , PCS : 演技・構成点 , 転倒一回につき-1.00

|

« スケートカナダ2006 女子SPレビュー | トップページ | スケートカナダ2006 女子フリー レビュー »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/12559475

この記事へのトラックバック一覧です: スケートカナダ2006 女子最終結果:

« スケートカナダ2006 女子SPレビュー | トップページ | スケートカナダ2006 女子フリー レビュー »