« 新垣結衣ポッキーCM「ダンスダンス篇」 | トップページ | スケートカナダ2006 女子SP結果 »

2006/11/02

フィギュアスケート2006GPシリーズ第2戦「Skate Canada」

フィギュアスケート'06グランプリシリーズ第2戦「Skate Canada」が本日11月2日開幕!

スケートカナダ女子シングルに出場する主な選手は以下の通り。
JPN/恩田美栄, 村主章枝
CAN/ジョアニー・ロシェット
KOR/ユナ・キム
USA/アリッサ・シズニー

今大会の注目選手はなんと言っても韓国のユナ・キム(Yu-Na KIM)。昨シーズンのジュニア・チャンピオンで、今シーズンよりシニアのGPシリーズに参戦。
漢字では「金妍兒」と書き、そのまま読むと「キムユナ」なのですが、外国人選手は全て「名前・名字」という表記で統一することにしました。また、韓国のテレビ放送を聞くと「キムヨナ」と発音しているように聞こえるのですが、英語のテレビ放送では「ユナ・キム」と発音しており、ネット上では「ユナ」という表記の方が多いので、「ユナ・キム」と表記します。

ユナ・キムは昨シーズンのジュニアGPファイナルとジュニア世界選手権で、2位に大差を付けて優勝しています。ジュニア世界選手権で浅田真央を下して優勝したのは決してフロックではありません。たとえ浅田真央のトリプルアクセルが成功していたとしても、ユナ・キムが優勝していたかもしれません。彼女の武器は「高さのあるジャンプ」です。単独のジャンプが高いだけでなく、3回転+3回転のコンビネーションジャンプは、2回転目も1回転目と同じくらいの高さでジャンプします。

また、イナバウアーからのダブルアクセルというすごい技も持っています。これはショートプログラムで見せてくれるかもしれません。イナバウアー自体はたいしてきれいでもないのですが、あの体勢からジャンプするというのは非常に難度が高く、ジャッジからも高い評価を得ています。

この8ヶ月でどれだけ成長しているか楽しみです。シニアGPシリーズ初登場で初優勝ということもあるかもしれません。

ジョアニー・ロシェットはトリノ・オリンピック5位の選手。ただし、トップスリーが今シーズンいないことを考えると、現メンバーでは村主章枝に次いで2位という見方もできます。

アリッサ・シズニーは昨シーズンのスケートアメリカで2位、スケートカナダで優勝し、GPファイナルに出場しています。彼女の武器は、優れたバランス感覚と柔軟な股関節を活かしたレベル4のスパイラルシークエンスとスピン。特にスパイラルシークエンスは世界一と言っても過言ではありません。スケートアメリカのフリーでは、レベル4に加えてGOE+2.0と恐ろしく高い評価を得ています。ただし肝心のジャンプが得意ではないのが残念なところ。

<大会スケジュール>
11月2日(木)17:15-女子SP(日本時間11/3 10:15AM)
11月4日(土)14:30-女子FS(日本時間11/5  7:30AM)

<テレビ放映スケジュール>
テレビ朝日系列
11月4日(土) 13:55-15:25 男子SP, 女子SP
11月5日(日) 14:50-16:55 男子FS, 女子FS

女子SPが開催日時より丸一日以上経ってから放送されるというのは如何なものか。

|

« 新垣結衣ポッキーCM「ダンスダンス篇」 | トップページ | スケートカナダ2006 女子SP結果 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/12522404

この記事へのトラックバック一覧です: フィギュアスケート2006GPシリーズ第2戦「Skate Canada」:

« 新垣結衣ポッキーCM「ダンスダンス篇」 | トップページ | スケートカナダ2006 女子SP結果 »