« 2006年全日本フィギュアスケート選手権大会 女子SPレビュー | トップページ | 2007年新・スーパーヒーロータイム&プリキュア »

2006/12/31

第75回(2006年)全日本フィギュアスケート選手権大会 女子フリーレビュー

浅田真央選手全日本選手権初優勝おめでとう!

Asadamao41

Asadamao42


シングル女子1位から12位の結果は以下の通りです。
Fs06_jpn_ttl1
Fs06_jpn_ttl2_1


211.76ポイントとは恐れ入りました。トリプルアクセルが成功して波に乗ると、自信に満ちたあんなに素晴らしい演技ができるのか。3連続のコンビネーションジャンプが決まったときにはガッツポーズしてたし。この滑りが世界選手権でもできれば、余裕で優勝できるでしょう。
しかしながら、ステップからのトリプルアクセルの採点はGOE+1.80で、ステップを入れたことに対する評価は高く見積もっても+0.80程度ではないか。それを考えると、ステップを入れる意味は直接的な効果ではなく、真央のモチベーションを高めることを意図したものなのかもしれません。

Asadamao43

Asadamao44

Asadamao45

Asadamao46

Asadamao47

Asadamao48

Asadamao49


安藤美姫は負傷しながらもよく頑張りました。スピンを途中でやめてしまったときには、そのまま演技をやめるのではないかと思いました。体調が万全でないのはツイテいないのか、体調管理ができていないのか難しいところですが、世界選手権では実力が発揮できるよう祈っています。
キスアンドクライでは、スティッチの顔マネをしたり、投げキッスをするほどテンションが高かったですが、世界選手権出場が確定し、なにか吹っ切れたものがあったのでしょうか。

Andomiki22

Andomiki23

Andomiki24

Andomiki25

Andomiki26

Andomiki27

Andomiki28

Andomiki29


中野友加里も念願の世界選手権への切符を手にしました。昨シーズンはオリンピックがあった関係で全日本選手権5位ながらでの出場でしたが、今回は真に実力でもぎ取った切符。日本女子のナンバースリーにふさわしい滑りでした。
トリプルアクセルに失敗して転倒しても、フリーで自己ベストを5点も上回る点数を出せるのだから、ほんと素晴らしい。見ていてなにが良かったかというと、なによりも表情が良かった。終始とてもいい顔をして滑っていました。世界選手権でも気負わずのびのび滑ってもらいたい。

Nakanoyukari22

Nakanoyukari23

Nakanoyukari24

Nakanoyukari25

Nakanoyukari26

Nakanoyukari21


シングル女子フリースケーティング成績
Figure06_jpn_fs


Fs06_jpn_medalist_a

Fs06_jpn_medalist_b


フジの塩原アナ。最後の最後でやっちゃったねぇ。
「大会を締めくくります"ビューティ・ザ・ファイナル"。安藤舞の演技で全てが決まります。」
ビューティ・ザ・ファイナルとまで言っておきながら安藤舞とは.......トホホ。

|

« 2006年全日本フィギュアスケート選手権大会 女子SPレビュー | トップページ | 2007年新・スーパーヒーロータイム&プリキュア »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
いつもブログ拝見
させていただいています。
ほんとうにすばらしいですね!
このブログ大好きです!
まとめかたがとてもきれい
だと思います!!

それにしてもまおちゃん
素晴らしかった!!

安藤さんよくがんばりましたよね!!ほんとうは優勝していただき
たかったのですが・・・
ぜひとも世界選手権で
がんばってほしいです!

投稿: のん | 2006/12/31 12:56

のんさん、コメントありがとうございます。

お褒めに与り、非常に嬉しく思います。
しょーもない記事が多くて恥ずかしい限りですが、これを糧に来年も頑張ります!

では、良いお年を。

投稿: たーさん | 2006/12/31 14:56

初めて拝見させていただきましたが、全日本はすごかったですね!
真央ちゃんの最後の泣き顔を見たときは感動しました!安藤選手もよく頑張ってましたよね。
ほんとに日本のレベルの高さを感じさせる大会だったなぁ。
と思います!

投稿: のぶ | 2006/12/31 18:30

のぶさん、コメントありがとうございます。

世界選手権の選考試合だけあって、皆気合入ってたし、見応えがありましたね。グランプリシリーズは単に調整の場でしかないような気さえします。

世界選手権では全員にメダルを狙える力があり、本当に楽しみです。浅田真央はトリプリアクセルを2回決めて、世界の舞台でも驚異的な点数をたたき出してもらいたい。安藤美姫には今度こそ体調万全で試合を終えてもらいたい。中野友加里は今回失敗したトリプルアクセルをぜひ決めてもらいたい。

プレオーダーが当たったので、女子ショートプログラムは会場へ見に行きます。フリーはダメでした。きっとめちゃめちゃ倍率高いのでしょう。

投稿: たーさん | 2007/01/01 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/13272053

この記事へのトラックバック一覧です: 第75回(2006年)全日本フィギュアスケート選手権大会 女子フリーレビュー:

« 2006年全日本フィギュアスケート選手権大会 女子SPレビュー | トップページ | 2007年新・スーパーヒーロータイム&プリキュア »