« フィギュアスケート2006GPシリーズ第6戦 NHK杯 | トップページ | お帰りなさい!満と薫!! »

2006/12/03

フィギュアスケート2006GPシリーズNHK杯 女子フリー レビュー

フィギュアスケート'06GPシリーズ第6戦日本大会「NHK杯」は、浅田真央がSP/FS共に1位を獲り、自己ベストを大幅に更新して優勝!199.52ポイントは現行の採点方式になって以来の最高得点!グランプリファイナル進出も確定しました。おめでとう!

Asadamao10a

Asadamao12a

Asadamao13a


浅田真央は本当に素晴らしい演技をしました。しかしながら、ブレインがダメダメだ。ステップからのトリプルアクセルは、やっちゃダメってあれほど言ったのに。成功してもプラス1.0~1.5点程度なのだから、リスクを冒してまで挑戦する意味がない。普通にトリプルアクセルを飛ぶべき。事実、初戦では転倒し、NHK杯ではステップアウトしてしまい、どちらも減点という結果になっている。グランプリファイナルで試みるのならば分からないでもないが、絶対に優勝が必要なNHK杯で挑戦するなんてバカげてる。もし転倒していたら、その後の演技がどうなっていたか分からない。

スポーツの世界でも戦略は重要。ユナ・キムが素晴らしい戦略で優勝したのに比べると、あまりにもお粗末。コーチ、振付師とは別に、ヘッドコーチを置いた方がいいと思う。

これまでの浅田真央の滑りは、個々の技術ばかり目立って、演技自体はさほど良いと思ったことがないのだが、NHK杯での演技はすごく良かった。表現力とかそういう問題なのかな。4分間が短く感じました。

衣装もスケートアメリカの黒い衣装より、今回の赤い衣装の方が真央に似合ってると思います。

Asadamao20

Asadamao21

Asadamao22

Asadamao23


安藤美姫やユナ・キムも自己ベストを出したら、このくらい驚いたり喜んでくれるといいのだけれど。「浅田真央は非常にいろいろな表情を見せてくれる」とアメリカのメディアが書いていたが、ほんとそう思う。
Asadamao16

Asadamao18


村主章枝は、スケートカナダからの3週間でよくぞここまで仕上げてきたなという感じ。演技の質が3週間前と全然違う。なにより見ていて面白い。そしてスピードがあった。トリプルサルコウが成功していても浅田真央には追いつけなかったけど、すごく良い演技でした。2位2回で26得点。グランプリファイナル進出確定。
Sugurifumie11 Sugurifumie12

Sugurifumie13 Sugurifumie15


中野友加里は決して本調子ではないものの、中国大会に比べてはるかに良かった。表情も明るかった。自分の今の調子から考えて、良くても3位、悪くても3位ということが分かっていたからかもしれません。インタビューで「もともと(NHK杯)連覇なんて恐れ多いことは狙ってないので.....」と語っていたのは本音だと思います。中国大会でこの滑りができれば、余裕で優勝できたのに。優勝できていれば、ファイナルへ行けたのに、ほんともったいない。全日本選手権では表彰台目指して頑張ってください。


グランプリファイナルは、安藤美姫、浅田真央、村主章枝、ユナ・キム、そしてサラ・マイヤーと面白いメンバーが揃いました。キミー・マイズナーがいないのが非常に残念。美姫は4回転跳ぶのかな?ユナはトリプルアクセルを跳ぶのかな?真央はトリプルアクセルを2回入れてくるのだろうか?とっても楽しみです!

優勝インタビューで浅田真央が「グランプリファイナル連覇の自信のほどは?」と聞かれて、「自信はあります!」と答えたのには驚いた。普通は「頑張ります!」程度に言葉をにごすものだと思うが、自信あると言っちゃうところが真央の良いところ。

グランプリファイナルは12月14日(木)から17日(日)まで、ロシアのサンクトペテルブルグで行われます。見に行きたいけど、「それどこ?」みたいな場所なので断念しました。

Fs06_6_medalist


|

« フィギュアスケート2006GPシリーズ第6戦 NHK杯 | トップページ | お帰りなさい!満と薫!! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

NHK杯終わりましたね。
見ていて素直に感じたことですが、
私は真央ちゃんに得点が出すぎだと思います・・・

もちろん、真央ちゃんは持ってるものがすごいし、良い選手ですけど、なんだか真央ちゃんだけもちあげられてる感じがしてあまり良い
印象は受けないです。ジャンプも、完璧とはいえなかったし、前のほうが勢いもあったように思います。

なのに真央ちゃんのためにもあのような高得点を出していいのでしょうか??

投稿: melitai | 2006/12/03 10:38

melitaiさん、コメントありがとうございます。

もともと浅田真央が普通に滑れれば優勝できる試合でしたので、真央のための大会のような感じになってしまっても仕方ないかなという気がします。確かにマスコミは騒ぎすぎだなとは思いますが。「真央スマイル」とか言うな!

私は村主章枝も中野友加里も決して嫌いな訳ではないですよ。浅田真央が特別好きという訳でもありません。安藤美姫やキーラ・コルピの方が好きです。

でも、競技会において二人と浅田真央の力の差は、もはやかなり離れているように思えます。基礎点だけで66.58ポイントの演技ができるのは、世界でも浅田真央しかいないでしょう。

確かにトリプルアクセルはステップアウトし、3連続ジャンプでは回転不足でしたが、それ以外はほぼ完璧だったと思います。演技・構成点は昨シーズンのGPファイナルとほぼ同じ点数ですが、私には今回の方が魅せる演技ができているように感じました。

スルツカヤを抜いて歴代1位の記録というと、すごく大げさに聞こえますが、現行の採点方法に基づき計算した結果、199.52ポイントになったというだけのことです。

投稿: たーさん | 2006/12/03 21:42

はじめまして。
フィギュアの記事、楽しませていただいてます。
懐かしいぐらい前の記事へのコメントですが、『ユナ・キムも自己ベストを出したら、このくらい驚いたり喜んでくれるといいのだけれど。』にお応えして。
ジュニアの時の動画ですが、とても驚いたり喜んだりしてます。
目を丸くして大喜びするのはかわいいんですが、02:18秒あたりからはちょっとおかしいです。ジャージを引っ掛けて引き上げる頃にはコーチよりおっさんのようで面白いので、お暇なときにぜひご覧ください。http://www.youtube.com/watch?v=00b1-WuXPZk

投稿: タロ | 2007/08/05 00:41

タロさん、コメントありがとうございます。

Youtubeの動画見ました。
2005年のJr.GPファイナルの映像でしょうか。
ものすごいオーバーアクションで喜んでいましたね。驚きました。
もしかすると、このときに喜び過ぎだと厳重注意されて、それ以来感情を押し殺すようにしているのかもしれませんね。

投稿: たーさん | 2007/08/05 13:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/12911872

この記事へのトラックバック一覧です: フィギュアスケート2006GPシリーズNHK杯 女子フリー レビュー:

« フィギュアスケート2006GPシリーズ第6戦 NHK杯 | トップページ | お帰りなさい!満と薫!! »