« 日光旅行記(東照宮で霊獣探しの旅) | トップページ | SunMin(ソンミン)「恋の奇跡」 »

2006/12/10

フィギュアスケート2006Jr.GPファイナル女子最終結果

フィギュアスケート2006、ジュニアのグランプリファイナルがブルガリアで行われ、シングル女子はアメリカのCarolineZHANGが2位以下を大きく引き離し圧勝!

シングル女子最終順位
Figure06_jrfinal


CarolineZHANGはグランプリシリーズ同様に圧倒的な強さを見せつけました。ポイントは昨年のユナ・キム(174.12)、一昨年の浅田真央(172.83)には及ばなかったものの、彼女がまだ13歳だということを考えると、十分すぎる結果だと思います。今後、大きなケガをせずに成長すれば、バンクーバーでの優勝候補となるでしょう。
ちなみに安藤美姫も2001年に同じ13歳で優勝しています。

日本の武田奈也は5位、水津瑠美は8位でした。もともとジュニアのGPファイナルは、GPシリーズの上位8人で争われるのですが、ダントツで最下位のDevoraRADEVA(BUL)は地元招待選手でしょうか。

|

« 日光旅行記(東照宮で霊獣探しの旅) | トップページ | SunMin(ソンミン)「恋の奇跡」 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/13003699

この記事へのトラックバック一覧です: フィギュアスケート2006Jr.GPファイナル女子最終結果:

« 日光旅行記(東照宮で霊獣探しの旅) | トップページ | SunMin(ソンミン)「恋の奇跡」 »