« アンケート第二弾 | トップページ | ついに満と薫も..... »

2007/01/21

お掃除ロボット「RoboMop」

以前から欲しかったロボモップをネットで購入しました。

ロボモップとは.....
「ロボモップ」は北欧ノルウェーで発明された、部屋の中を縦横無尽に動き回り、フローリング(その他、滑らかな床)を掃除してくれる画期的なお掃除ロボット。ロボティックボールが不規則な動きで動き回り、フレームに装着したダストシートが「埃」「髪の毛」「ダニ・ノミ」「糸クズ」等をしっかり吸着。機能面もさることながら、あっちに行ったりこっちに来たり、まるでペットに様な可愛い動きで微笑ましいのも人気の秘密。たちまちテレビ通販やネット通販で大ヒットし、年々ファンが急増している大人気お掃除ロボットです。
<RoboMop公式サイトより>

Robomop01

所詮オモチャじゃないかと思っていたのですが、ネットでの評価が高かったので、購入に踏み切りました。値段も4000円前後とさほど高くないし。

うちは和室以外はフローリングで段差もほとんどないので、ロボモップが各部屋を自由に動き回れます。動きを見ていると結構楽しい。しばらく放っておいてパソコンに向かっていると、いつのまにか戻ってきたりする。

ダストシートの集塵能力がいまひとつという評価もあったが、思ったよりホコリが取れていた。試しにクイックルワイパーのシートを貼り付けて走らせてみたが、集塵能力はさほど変わらなかった。シートの質の問題ではなく、上から押し付ける力が強くないと、クイックルワイパーと同等の集塵能力は得られないのだと思います。でもロボモップのフレームを重くすると、動きが悪くなってしまうので、今の組み合わせがやはりベストなのではないか。

送料安い!新型ロボモップ 専用替ダストシート20枚付




本格的なお掃除ロボット「ルンバ」もいいなぁ。
こちらは3機種あり約5~8万円。中位機種(ディスカバリー)と上位機種(スケジューラー)は、掃除が完了したり、バッテリー残量が少なくなったりすると、自分で充電台に戻るという賢い奴なのだ。さらに上位機種では、曜日時刻を指定することにより、フルオートでの掃除が可能。会社に行ってる間に掃除をしていてくれるというスグレモノ。欲しいけどオモチャ感覚で買うには高価すぎる。

iRobot ルンバ・レッド(5115)

iRobot ルンバ・ディスカバリー(5218)

iRobot ルンバ・スケジューラー(5510)

|

« アンケート第二弾 | トップページ | ついに満と薫も..... »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/13595977

この記事へのトラックバック一覧です: お掃除ロボット「RoboMop」:

« アンケート第二弾 | トップページ | ついに満と薫も..... »