« ハイチュウ総選挙 | トップページ | 焼酎に関するdancyu読者アンケート »

2007/08/02

織田信成の処分重すぎる!

日本スケート連盟は、7月27日に酒気帯び運転により検挙された織田信成選手の処分を決定した。

1.国際競技会への派遣停止
 (平成19年8月1日から同年12月末日まで)

2.国内競技会への出場停止
 (平成19年8月1日から同年10月末日まで)

3.特別強化指定選手の解除
 (平成19年8月1日から同年12月末日まで)

4.エキシビジョン・アイスショーへの出演禁止
 (平成19年8月1日から同年12月末日まで)

これらの処分に加え、競技会出場停止期間中、ボランティア活動への従事が指導された。


これにより10月から12月まで行われる国際競技会のグランプリシリーズに出場することができない。
この処分は重すぎるよ!上記3と4だけで良いと思う。

確かにたまたま運良く人身事故を起こさずに済んだだけで、酒を飲んで原付を運転するなど言語道断である。また転倒などでケガをする可能性もあり、スポーツ選手として軽率な行為と言わざるを得ない。

しかしながら、織田信成に重い処罰を与えたからと言って、飲酒運転が減るとも思えないし、社会的な影響は大きくないはず。またこの事件によって、日本スケート連盟の品位を落としたとも思えない。本人も深く反省しているようだし、二度と同じ過ちは犯さないであろう。あの記者会見だけでも彼にとって十分な戒めになったのではないか。

酒気帯びまたは飲酒運転が発覚した場合には即刻解雇という企業や自治体もあるが、それは就業規則に明文化されているから正当に解雇できる訳であって、織田信成のケースにそのまま当てはめることはできない。

そもそも飲酒運転の罰則が軽すぎるのだ。飲酒運転の罰則をもっと厳しくするべきであって、有名人だからという理由で更なる重い罰を受けるのはおかしいと思う。

まさか選手だけに厳しい処罰を与える訳じゃないよね?
日本スケート連盟の職員が道路交通法違反をした場合も減俸とか当然それなりの処分をするんでしょ?




なお飲酒運転の罰則は次のように改正すべき!
①酒気帯び運転
-運転免許取り消し(欠格期間2年)
-5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
②酒酔い運転
-運転免許永久剥奪
-10年以下の懲役又は300万円以下の罰金

|

« ハイチュウ総選挙 | トップページ | 焼酎に関するdancyu読者アンケート »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/15983909

この記事へのトラックバック一覧です: 織田信成の処分重すぎる!:

« ハイチュウ総選挙 | トップページ | 焼酎に関するdancyu読者アンケート »