« 昨日の記事について | トップページ | フィギュアスケート2007 中国大会 女子SP結果 »

2007/11/06

スケートカナダ2007 シングル女子フリー レビュー

フィギュアスケート07GPシリーズ第2戦カナダ大会はなかなかレベルの高い争いとなりましたが、大方の予想通り浅田真央の優勝に終わりました。


しかしながら、フリーで一番いい演技を見せたのはなんと言っても中野友加里です。家でスタンディングオベーションしたくらい、めちゃめちゃ感動しました。若干バランスを崩しながらもトリプルアクセルを見事に決め、その後も勢いに乗って素晴らしい演技を魅せてくれました。レベル3のステップも躍動感があってすごく良かった。演技が終わったときの笑顔も素敵でした。Kiss&Cryやインタビューでも、もう少し喜んでくれるといいんだけどね。


それにしても中野友加里のPCS(演技構成点)はちょっと低い!ネームバリューで点数つけてるんじゃないの?5点台とかつけてるジャッジはクビにして欲しいよ。


Nakanoyukari32

Nakanoyukari33

Nakanoyukari34

Nakanoyukari35

Nakanoyukari36



浅田真央のブレイン(ラファエル・コーチ?)はほんとダメだ!先シーズンは変なステップ入れるし、今回はトリプルアクセル跳ばせないし。よっぽど練習で失敗ばかりだったならば仕方ないけど。跳ばなくても勝てると思うなんて、中野友加里やロシェットも舐められたものだ。なんか守りに入ってるみたいな感じで、見ていて面白くなかった。スパイラルシーケンスはポジショニングの時間が短かったからレベル1が付いたのだと思うけど、勝ちたいという気持ちがマイナスに働いてあんなミスをしちゃったんじゃないかな。


Asadamao51


ルッツでは踏み切り時に完全にインエッジに乗ってます。今シーズンのルール改正でルッツジャンプとフリップジャンプの踏み切り時のエッジを厳密にジャッジすることになったので、ちゃんとしたルッツを跳べない浅田真央はショートでもフリーでもGOEで大きく減点されています。それが分かっていたから、より安全策を取ったのだと思いますが。
Asadamao52



武田奈也はシニアGPシリーズ初参戦ながら6位と健闘しました。ショートプログラム演技終了時の笑顔はとっても良かった。次回はフリーでもあんな笑顔を見たいです。

Takedanana01

Takedanana02

Takedanana03



Fs07_2_medalist



次戦中国大会は今週末です。
日本人選手は村主章枝が出場。
昨年の大会で中野友加里が心無い観客にひどいことをされたので、一人だけの派遣になったのかな。

|

« 昨日の記事について | トップページ | フィギュアスケート2007 中国大会 女子SP結果 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/16989066

この記事へのトラックバック一覧です: スケートカナダ2007 シングル女子フリー レビュー:

« 昨日の記事について | トップページ | フィギュアスケート2007 中国大会 女子SP結果 »