« フィギュアスケート2007GPファイナル女子SP結果速報 | トップページ | GPファイナル2007女子フリーレビュー »

2007/12/16

フィギュアスケート2007GPファイナル女子最終結果速報

イタリア・トリノで行われているフィギュアスケート2007年グランプリファイナル、シングル女子の最終結果が判りました。テレビ放送を待たずに、すぐに結果を知りたい方は続きをお読みください。



キムヨナ選手GPファイナル2連覇おめでとう!


[シングル女子最終結果]
Figure07_final_ttl


[シングル女子フリー結果]
Figure07_final_fs


フリースケーティングもショートプログラム同様、レベルの高い争いとなりました。
キムヨナはフリーでは浅田真央に及ばなかったものの、ほぼ同点。SPの点差がそのまま総合得点の差になったといったところ。3ルッツで転倒していますが、それでもパーソナルベストに近い点数を出すとは恐れ入りました。転倒したジャンプ以外は全ての項目でGOE+の評価が与えられています。スピンとスパイラルシーケンスは全てレベル4。PCS(演技構成点)60.96は恐らくパーソナルベスト。


浅田真央はトリプルアクセルも決めて、ノーミスの完璧な演技でパーソナルベストに近い点数。TES(技術点)73.35は自己ベスト、シングル女子最高点かも。本人も納得の演技だったのではないでしょうか。それでも転倒したキムヨナとほぼ同点とは、現在のキムヨナがどれだけすごいかを物語っています。


コストナーは3フリップがシングルになってしまった以外はほぼノーミスでパーソナルベストをマーク。地元トリノで最高の演技ができたようです。


キャロライン・ジャン(ザン)も3ルッツで転倒した以外はほぼノーミスでパーソナルベスト。スパイラルシーケンス、レイバックスピン、コンビネーションスピンではGOE+1以上の高い評価を得ています。期待を上回る素晴らしい演技だったようです。


中野友加里は3トウループで転倒した以外は、ほぼノーミスの演技。総合得点ではパーソナルベストをマークしています。PCSでも55.12とロシアカップ同様の正当な評価をされています。3回転+3回転のコンビネーションジャンプを跳べないのにこれだけの点数を出せるとは素晴らしい。


キミー・マイズナーは一人蚊帳の外といった感じ。3回も転倒しているし、相当調子が悪かったようです。


|

« フィギュアスケート2007GPファイナル女子SP結果速報 | トップページ | GPファイナル2007女子フリーレビュー »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/17379637

この記事へのトラックバック一覧です: フィギュアスケート2007GPファイナル女子最終結果速報:

« フィギュアスケート2007GPファイナル女子SP結果速報 | トップページ | GPファイナル2007女子フリーレビュー »