« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007/12/29

2008年新・スーパーヒーロータイム&プリキュア

2008年スーパーヒロータイムおよびプリキュアの新シリーズは以下の通りです。


仮面ライダーキバ
 2008年1月27日(日)朝8時スタート
Kiba01s


主演はD-BOYSの瀬戸康史君。
明日12月30日(日)朝6時~9時に放送される「冬だっ!休みだっ!!クレヨンしんちゃん&ドラえもん!朝からどドーンと150分SP」の中でキバの見どころが紹介されるそうです。


炎神戦隊ゴーオンジャー
 2008年2月17日(日)朝7時30分スタート
Goonger_01


炎神(えんじん)戦隊ゴーオンジャーは車がモチーフ。ゴーオンは轟音とGo-onをかけてあるのだろうか。なんか轟轟戦隊ボウケンジャーとかぶるね。二作続けて女性が一人というのも如何なものか。ゲキレンジャーはメレがいたからまだいいけど。


☆yes!プリキュア5 Go Go!
 2008年2月3日(日)朝8時30分スタート
Precure5_gogo00s


一人と一匹増えてるよ。初代からMaxHeartへ移行したときと同じ手法か。紫の髪のコは何のプリキュアなのだろうか?キリっとした表情をしてるけど勇気のプリキュアとかかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/28

ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE

週刊少年ジャンプで連載中の『ピューと吹く!ジャガー』が実写映画化。2008年1月12日(土)より公開。


『ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE』公式HP


Jaguar01


<キャスト>
ジャガー : 要 潤
ピヨ彦 : 大村 学
ハマー : 小木博明(おぎやはぎ)
白川高菜 : 高橋真唯
三太夫セガール : なぎら健壱



ジャガー役が要潤というのはうまいキャスティングだと思う。ハマー役の小木博明もなかなかハマーっぽい。ピヨ彦は結構重要な役どころだが、この人で大丈夫なのだろうか。


実写であの面白さを醸し出すのはかなり難しいと思われるが、Vシネマや2時間ドラマではなく映画化するということはよほど自信あるのでしょうか。マンガとは別物のコメディ映画と考えた方が良さそうだが、果たしてどうなることやら。あまり期待せずに見に行こうかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/26

第76回(2007年)全日本フィギュアスケート選手権大会開幕

本日より大阪なみはやドームにて第76回全日本フィギュアスケート選手権大会が開幕。


<大会スケジュール>
シングル男子
SP : 12/26 17:00-20:55
FS : 12/27 17:35-21:45
シングル女子
SP : 12/27 13:15-17:20
FS : 12/28 15:10-19:15


テレビ放送スケジュールはこちらのフジテレビHPをご覧下さい。


12月28日は大阪へ行って、女子フリーをこの目で見て来ます!
水津瑠美、太田由希奈、西野友毬などGPシリーズのテレビ放送では見られない選手が見られるのも楽しみ。村元小月はエントリーリストに名前がないけど欠場するのかな。


今回、織田信成は欠場することになりました。自粛とのことだが、全日本選手権に出ないということは世界選手権出場の可能性もなくなる訳で、今シーズンを棒に振ることになります。本当に本人の意思なのかどうか分からないが、全日本選手権で演技を見るのを楽しみにしていたファンも多いと思うので、ファンの期待を二度も裏切ることになり、非常に残念だ。残念というか腹立たしいに近い。全日本選手権に出場したからって、それを非難する者などいないと思うのに、自粛する理由が全くわからん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/23

2008年新仮面ライダー

2008年1月27日(日)スタートの新仮面ライダーは.....

続きを読む "2008年新仮面ライダー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/22

アホアホカップル

居酒屋で隣の席になったカップルと店員の会話。
宴会の予約が入ってるからあと30分程度しかその席にいられないのだが、「禁煙席が空いたので移動しますか?」と店員が聞きに来た。スモーカーは女性の方。


男「どうする?」
女「うーん.....移動しよっか」
男「じゃあ移動します」
女「禁煙席で吸ったらダメなんですか?」
店員「周りが禁煙の方ばかりなので迷惑になりますし...」
男「そういうことかぁ」


禁煙席でタバコを吸ったらダメかと聞く女も女だが、男の方も相当アホっぽい。オレが男の方だったら、こんな女嫌だし、女の方だったらこんな男嫌だけど、ちゃんと釣り合いが取れてるもんだねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/21

おてもやん

アオテツ×たーさんコラボカクテル第二弾。
「おてもやん」誕生!


ウコンフォートに続き、またまたアオテツのマスターにお願いして作ってもらいました。マンゴーリキュールのマンゴヤンを使ったカクテル。アクセントのフサスグリがおてもやんぽさを演出しています。


Otemoyan

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/19

GPファイナル2007女子フリーレビュー

GPファイナルの演技に酔いしれて満足してしまい、レビューをUPするのがまたまた遅くなってしまいました。


いやぁまさにファイナルにふさわしい素晴らしい内容でした。キミー・マイズナーは目の前で浅田真央にあれだけ完璧な演技をされたら、ミスを連発してしまうのも分かるような気もします。他の5名はどれも素敵な演技でした。トリノへ見に行きたかったなぁ。


キムヨナは技の精度やスピード、表現力が超一流なだけではなく、メンタル的にも強い。今の彼女には死角ナシと言った感じです。自然となのか意識してるのか今シーズンは笑顔もできるようになって、文句のつけどころがありません。全ての技に関して完成度が高いけど、やはり彼女のジャンプは高くてきれい。最初の3F+3Tも良かったけど、中盤に見せた2A+3Tの3Tはすごく高くて驚きました。GPシリーズのチャンピオンにふさわしい演技で、世界選手権も楽しみです。


Kimyuna18
 
Kimyuna19
 
Kimyuna20
 
Kimyuna21
 
Kimyuna22
 
Kimyuna23
 
Kimyuna24


浅田真央はトリプルアクセルも決めて、完璧な演技。普段めったにない1番滑走というのも思い切った演技ができて良かったのはないでしょうか。1位は取れなかったけど、満足だったのではないかと思います。演技終了後に涙を見せたときには、オレもうるうる来てしまいました。トリプルアクセルは着氷時にほんの一瞬左足をついているようです。スローで見ないと分からなかったけど、荒川静香やジャッジはよく分かるなぁ。
今回、ショートプログラムで3ルッツを跳べないというミスがあったけど、強引にどこかで入れられないものだろうか。時間超過の減点1をくらっても、3回転ジャンプを入れた方が良かったような気がします。まぁその辺りは今後の課題かな。


Asadamao60
 
Asadamao62
 
Asadamao63
 
Asadamao64
 
Asadamao65
 
Asadamao66


コストナーは正直ここまでやるとは思っていなかった。NHK杯で優勝しているが、レベルの低い争いだったし。このメンバーで3位というのは最高の結果。地元の声援を力に変えられるのは素晴らしいことだと思います。
それにしてもNHK杯でのステップにレベル4がついたのはどうも納得いきません。個々の要素についてチェックできるほど目が肥えていないので、自分では確かめようがないのだけれど。

Kostner01
 
Kostner02
 
Kostner03
 
Kostner04


ジャンなのかザンなのかよく分からないけれども(英語のアナウンスはザンに聞こえます)、彼女の演技も素晴らしかった。GPシリーズを見ていて、ジャンプの失敗が目立っていたので、完成度はまだまだなのかなと思っていたけれど、3ルッツ以外のジャンプはノーミスで最初の3F+3Tはすごくきれいでした。それにしても彼女のスピンやスパイラルシーケンスは世界一と言っても過言ではありません。身体が柔軟なだけでなく、バランス感覚にも非常に優れています。スパイラルシーケンスであそこまで脚を上げて、かつ安定して滑れるのは彼女しかいません。年齢制限で世界選手権に出られないのが非常に残念。


Carolinezhang10
 
Carolinezhang11
 
Carolinezhang14
 
Carolinezhang16
 
Carolinezhang17


今シーズンの中野友加里はすごく調子がいいみたい。どの大会でも素晴らしい演技を見せてくれました。演技中の表情もすごくいい。トリプルアクセルも全て決めているし。女子でもSPで3Aを跳んで良いことにして欲しいくらい。全日本選手権も楽しみです。
中野友加里のジャンプは脚が「シェー」みたいに4の字になる特徴がありますが、なんでアクセルジャンプはそうならないんだろ?左足が身体から離れる分、慣性モーメントが大きくなって、回転運動の妨げになっているのだと思うので、普通のジャンプでも脚を伸ばして跳べれば3回転+3回転のコンビネーションも跳べるような気がします。


Nakanoyukari42
 
Nakanoyukari43
 
Nakanoyukari44
 
Nakanoyukari45




全日本選手権は2007年12月26日(火)開幕!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/16

フィギュアスケート2007GPファイナル女子最終結果速報

イタリア・トリノで行われているフィギュアスケート2007年グランプリファイナル、シングル女子の最終結果が判りました。テレビ放送を待たずに、すぐに結果を知りたい方は続きをお読みください。

続きを読む "フィギュアスケート2007GPファイナル女子最終結果速報"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/15

フィギュアスケート2007GPファイナル女子SP結果速報

フィギュアスケート2007年グランプリファイナル女子ショートプログラムの結果が判りました。テレビ放送を待たずに、すぐに結果を知りたい方は続きをお読みください。

続きを読む "フィギュアスケート2007GPファイナル女子SP結果速報"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/13

四国旅行記①~高知編~

11月中旬に四国へ旅行に行きました。全国の各都道府県に宿泊するのを目標にしているのですが、四国は初上陸。しかしながら徳島だけ希望する宿が取れなかったので、高知、香川、愛媛の三県をまわりました。


初日は高知。高知市内のホテルに宿泊し、高知城や高知の街を散策。県庁所在地ながらちょっと田舎な感じ。建物や街並が昭和っぽい気がする。
夕飯は散々迷った挙句、ガイドブックに載っていた「たたき亭」というお店に決定。高知名物の"ウツボのたたき"はこの店で誕生したそうです。


藁でカツオを炙っているところ
Kouchi_tatakitei01


カツオのたたき
(さほどカツオ好きでもないが炙りたては美味しい。)
Kouchi_tatakitei02


ウツボのたたき
(ムムム.....にちゃにちゃしてて今二つといった感じ)
Kouchi_tatakitei03


清水サバのお刺身
(鮮度はいいしこれが一番美味しかった)
Kouchi_tatakitei04


土佐巻き
(カツオのたたき、ニンニク、大葉などの太巻き。なかなか美味)
Kouchi_tatakitei05


味はまぁまぁ美味しかった。でも観光客向けの店のようで値段が高い。あまりおすすめしません。


橋の上でカピバラさんがたそがれていました。
Kouchi_kawa01




ちょうどキャンドルアップのイベントをやっていて、夜の高知城に行きました。点々と光っているのがキャンドルの灯りです。

Kouchijou01
 
Kouchijou02
 
Kouchijou03
 
Kouchijou04
 
Kouchijou05


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/12

京都へ霊獣探しの旅②~北野天満宮~

京都での最終日には鷹峯の源光庵、光悦寺、今宮神社、大徳寺とまわり、21の塔頭を擁する大徳寺では「たっちゅーの!」のポーズで写真を撮りたかったのですが、見知らぬ人に撮影を頼むのが恥ずかしくて断念。


そして、今回の目的の一つである北野天満宮に行きました。ここは菅原道真公が祀られている場所。重要文化財である三光門、および国宝である社殿に素敵な装飾が多くあります。


<<三光門>>
Kitano01


霊獣「獏」(木鼻)
Kitano_baku00


霊獣「唐獅子」
Kitano_shishi01


霊獣「犀(さい)」
Kitano_sai01


霊鳥「鳳凰」
Kitano_houou01


うさぎ
Kitano_usagi01




<<社殿(拝殿)>>
Kitano02



天満宮の神使「牛」
Kitano_ushi01_2


霊獣「獏」
Kitano_baku01
 
Kitano_baku02


珍しい霊獣「龍馬」
Kitano_ryuba01


霊獣「龍」
Kitano_ryu01


霊獣「麒麟」?
Kitano_kirin01


亀に乗った仙人?
Kitano_kame01



Kitano_tora02




ここは見るべき装飾が多くて小1時間くらいずっと見てました。掲載したもの以外にもたくさんの素晴らしい装飾が
あって楽しかったです。


源光庵
悟りの窓(丸い方)と迷いの窓(四角い方)
Kyouto07_satorimayoi


光悦寺
Kyouto07_kouetsuji01
 
Kyouto07_kouetsuji02


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/10

京都へ霊獣探しの旅①~西本願寺唐門~

フィギュアの記事を書くのに追われて、なかなか旅行記を書けないでいましたが、ようやく落ち着いてきました。11月初旬に京都へ行った主な目的は「食」「包丁」「霊獣探し」の三つです。食と包丁に関しては既に書きました。いや、食はまだ残っているんだけど、それは後回しにして、今回は「霊獣探し」について書きたいと思います。


昨年11月に日光東照宮へ行った際に霊獣等の彫刻に興味を持ち、いろいろ調べているうちに日本各地にある霊獣の彫刻を見てみたいと思うようになりました。『雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―』というサイトの「分類別目録―霊獣・動物部―」のページを参考にさせていただいているのですが、京都の西本願寺唐門および北野天満宮に興味深い彫刻が多くあるようですので、今回はこの二箇所に行きました。


西本願寺は初めて行ったのですが、唐門は本堂の左側にあって、一度外に出て左側へ回り込まないと行けないので、見に来る人はさほど多くないようです。
Nishihonganji_map01


しかしながら、この装飾は非常に素晴らしい!西本願寺へ来て、唐門を見ないなんてもったいない。写真を撮りながら30分くらいずっと見てました。
Karamon01


(以下の写真はクリックすると拡大します。)


虎①
Karamon_tora01_2


虎②
Karamon_tora02



Karamon_hyou01


麒麟①
(これぞ麒麟という感じで素敵!)
Karamon_kirin01


麒麟②
Karamon_kirin02


唐獅子①
(ここは唐獅子の装飾が多いですが、色彩も綺麗だし細工も細やかでどれも素晴らしい)
Karamon_shishi01


唐獅子②
Karamon_shishi02


唐獅子③
(扉の格子にはそれぞれ違った形の唐獅子が飾られています)
Karamon_shishi03


孔雀
(中央上部にあり立体的で美しい)
Karamon_kujaku01


龍に乗った人(中国の軍師・張良だそうです)
Karamon_ryu01


京都まで見に来た甲斐がありました。国宝に指定されているだけあって、どれも見事な装飾。彫刻の見事さに日の暮れるのを忘れることから「日暮らし門」とも呼ばれているそうだが、まさにそんな感じ。


北野天満宮については別途書きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/12/09

フィギュアスケート2007Jr.GPファイナル女子最終結果

フィギュアスケート2007、ジュニアのグランプリファイナルがポーランドで行われ、シングル女子はアメリカのミライ・ナガスが優勝!
ショートでは完璧に近い演技で2位に4点以上の差を付け堂々の1位だったものの、フリーではいくつかのジャンプでミスをし2位。しかしながらSPでの貯金が効いて総合得点で逃げ切りました。

Figure07_jrfinal


総合2位のレイチェル・フラット(USA)は、フリーで3ルッツ+3トウループの高度なコンビネーションジャンプを決めるなど完璧な演技で107.55のパーソナルベストをマーク。フリーでは2位のミライに5点近い差をつけましたが、ショートでのミスが響いて優勝を逃しました。ちなみにTES(技術点)ではミライと9点以上もの差があります。


キャロライン・ジャン(ザン?)、アシュレイ(アシュリー?)・ワグナー、ミライ・ナガス、レイチェル・フラットとUSAの層の厚さを考えると、ミライが日本人選手として大会に出るのも十分あり得る話なのではないか。


そして、日本の西野友毬が第3位!14歳の彼女は今シーズンJr.GPシリーズ初参戦ながら出場した2戦共に優勝した日本ジュニア界期待の新人。昨年の全日本ノービス選手権(ジュニアの下のクラス)で優勝、全日本ジュニア選手権では第6位、今年の全日本ジュニア選手権では第2位。今後が非常に楽しみな選手。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/07

NHK杯2007女子フリーレビュー ~ 武田奈也選手おめでとう!~

NHK杯観戦から帰って来て疲れてしまったので、レビューのUPが遅くなってしまいました。
仙台体育館は仙台駅から地下鉄で12分程度の場所にあって住宅地の中にぽつんと体育館があるようなところ。夜は看板がよく見えなくて「ほんとにこの先にあるんかな?」というひっそりたした場所で意外でした。


一昨年の全日本選手権、今年の世界選手権に続き、三回目のフィギュアスケート公式戦観戦。他の二大会と比べて出場人数がかなり少ないので、あっという間に終わってしまいました。ちょっと物足りなさを感じます。


[シングル女子最終順位]
Figure07_jpn_ttl


[シングル女子フリー結果]
Figure07_jpn_fs


今回のシングル女子フリーは初戦アメリカ大会同様レベルの低い試合となってしまいました。
TOPサラ・マイヤーの点数104.01は、ロシア大会にあてはめると第4位、フランス大会では第3位、中国大会では第2位、カナダ大会では第4位。


TES(技術点)は武田奈也の53.33が最高点。
他の先輩方がちょっと不甲斐ない。


コストナーのステップにレベル4(GOE+1.0)がついていたけど、今期最高点を与えるほど極めて素晴らしいステップのようには感じなかったのだが.....。


安藤美姫はケガによる負傷でついていなかったと言えばそれまでだが、プレッシャーに弱い気がします。高橋大輔やキムヨナのように当然優勝が期待されている試合で着実に勝てるようにならないと。演技後半からかわいそうで見ていられませんでした。全日本選手権ではなんとか3位以内を死守してもらって、この雪辱は世界選手権で晴らしてもらいたい。試合後はなんか吹っ切れた印象があってちょっと心配なんだけど引退とか言わないよね。


今大会で一番光っていたのはなんと言っても武田奈也!
ショートでは大きなミスなくパーソナルベスト。フリーでは3プリップで転倒してしまったものの、素晴らしい演技でこれまたパーソナルベスト。フリーの演技終了後に感極まって泣きそうな顔を見せたときには、オレも泣きそうになってしまいました。
ジャッジが少し厳しいねぇ。3フリップでは踏み切り時のエッジが異なると判定されていますが、スローで見るとちゃんとインエッジで踏み切っています。


日本人選手には珍しく、いつも笑顔を絶やさず見ていて気持ちいい。コメントも面白いし。恐らく今回の大会でファンが急増したことでしょう。オレのブログでも武田奈也での検索が多いです。

今回の画像はクリックすると別ウィンドウで拡大するものがいくつかあります。
Takedanana04_2
 
Takedanana05
 
ちゃんと左足のインエッジで踏み切っています。
Takedanana06
 
Takedanana07
 
Takedanana08
 
Takedanana09
 
Takedanana10
 
Takedanana11
 
Takedanana12_2
 
Takedanana13
 
採点結果催促の手拍子が出たことに驚いた様子
Takedanana14
 
Takedanana15
 
Takedanana16
 
Takedanana17




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »