« フィギュアスケートNHK杯2007開幕 | トップページ | フィギュアスケート2007Jr.GPファイナル女子最終結果 »

2007/12/07

NHK杯2007女子フリーレビュー ~ 武田奈也選手おめでとう!~

NHK杯観戦から帰って来て疲れてしまったので、レビューのUPが遅くなってしまいました。
仙台体育館は仙台駅から地下鉄で12分程度の場所にあって住宅地の中にぽつんと体育館があるようなところ。夜は看板がよく見えなくて「ほんとにこの先にあるんかな?」というひっそりたした場所で意外でした。


一昨年の全日本選手権、今年の世界選手権に続き、三回目のフィギュアスケート公式戦観戦。他の二大会と比べて出場人数がかなり少ないので、あっという間に終わってしまいました。ちょっと物足りなさを感じます。


[シングル女子最終順位]
Figure07_jpn_ttl


[シングル女子フリー結果]
Figure07_jpn_fs


今回のシングル女子フリーは初戦アメリカ大会同様レベルの低い試合となってしまいました。
TOPサラ・マイヤーの点数104.01は、ロシア大会にあてはめると第4位、フランス大会では第3位、中国大会では第2位、カナダ大会では第4位。


TES(技術点)は武田奈也の53.33が最高点。
他の先輩方がちょっと不甲斐ない。


コストナーのステップにレベル4(GOE+1.0)がついていたけど、今期最高点を与えるほど極めて素晴らしいステップのようには感じなかったのだが.....。


安藤美姫はケガによる負傷でついていなかったと言えばそれまでだが、プレッシャーに弱い気がします。高橋大輔やキムヨナのように当然優勝が期待されている試合で着実に勝てるようにならないと。演技後半からかわいそうで見ていられませんでした。全日本選手権ではなんとか3位以内を死守してもらって、この雪辱は世界選手権で晴らしてもらいたい。試合後はなんか吹っ切れた印象があってちょっと心配なんだけど引退とか言わないよね。


今大会で一番光っていたのはなんと言っても武田奈也!
ショートでは大きなミスなくパーソナルベスト。フリーでは3プリップで転倒してしまったものの、素晴らしい演技でこれまたパーソナルベスト。フリーの演技終了後に感極まって泣きそうな顔を見せたときには、オレも泣きそうになってしまいました。
ジャッジが少し厳しいねぇ。3フリップでは踏み切り時のエッジが異なると判定されていますが、スローで見るとちゃんとインエッジで踏み切っています。


日本人選手には珍しく、いつも笑顔を絶やさず見ていて気持ちいい。コメントも面白いし。恐らく今回の大会でファンが急増したことでしょう。オレのブログでも武田奈也での検索が多いです。

今回の画像はクリックすると別ウィンドウで拡大するものがいくつかあります。
Takedanana04_2
 
Takedanana05
 
ちゃんと左足のインエッジで踏み切っています。
Takedanana06
 
Takedanana07
 
Takedanana08
 
Takedanana09
 
Takedanana10
 
Takedanana11
 
Takedanana12_2
 
Takedanana13
 
採点結果催促の手拍子が出たことに驚いた様子
Takedanana14
 
Takedanana15
 
Takedanana16
 
Takedanana17




|

« フィギュアスケートNHK杯2007開幕 | トップページ | フィギュアスケート2007Jr.GPファイナル女子最終結果 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/17294640

この記事へのトラックバック一覧です: NHK杯2007女子フリーレビュー ~ 武田奈也選手おめでとう!~:

« フィギュアスケートNHK杯2007開幕 | トップページ | フィギュアスケート2007Jr.GPファイナル女子最終結果 »