« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008/01/17

直木35、たーさん40

第138回芥川賞は川上未映子さんの「乳(ちち)と卵(らん)」、同直木賞は桜庭一樹さんの「私の男」に決まりました。
とは言うものの、小説を読まない人なので、これらの賞にはほとんど関心ありません。ありませんが、ふと気になった。


芥川賞が芥川龍之介なのは知ってるけど、直木賞の直木って誰?
浦沢直木?いや、あれは直樹か。


Wikipediaで調べたところ、直木三十五(なおきさんじゅうご)という人物とのこと。たーさん初顔合わせ。無知でごめんなさい。本名は植村宗一で、植を分解して逆にして直木。三十五は年齢なのだそうだ。安直だが素敵なお名前。


オレも改名して「たーさん40」(たーさんふぉーてぃ)にしようかな。


あっ、川上未映子さんってなかなか面白い人だね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/14

クロノティッシュ

Blacktissue01


品   名 : 黒のティッシュ(BLACK TISSUES)
枚   数 : 160組(320枚)
価   格 : 500円(税込み希望小売価格)
大昭和ファースト株式会社
「カラーペーパー製造のノウハウを活かし、色落ちしない染料の組み合わせを重ね、柔らかな風合いを持つ国内メーカー初の黒いティッシュペーパーを実現しました。北米産の厳選されたパルプを使用したなめらかな肌ざわりの黒いティッシュペーパー。
ファッション性の高い黒のパッケージはまるでインテリアの一部のようにお部屋にとけこみ、さりげない高級感を演出します。」




たぶん大手製紙メーカーも開発する技術はあるのだろうけど、本気で商品化しようとする人はいなかったのだろうなぁ。以前記事に取り上げた『超鼻セレブ』が好評だったことを受けて作ったのかもしれぬが、500円も出して買う人の気が知れん。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/01/12

四国旅行記②.⑤~香川編その弐~

こんぴら参りを終えて訪れたのは旧金毘羅大芝居(金丸座)
1835年に建てられたこの建物は、江戸時代は全国的にも有名な芝居小屋として賑わった日本最古の芝居小屋。昭和に入って一時期廃館となっていたのですが、近年になって修復工事が行われて当時の形そのままに復元されました。1985年以降は毎年春に歌舞伎の公演が行われています。


Kagawa_kompira12


公演の時期以外は内部を見学することができます。平日の夕方だったこともあり、自分以外の見学者は一人もいなくて、ゆっくり隅から隅まで見ることができました。
なお、前の記事に書いたとおり、誤ってデジカメの設定を高感度撮影にしているため、画質がかなり粗いです。
Kagawa_kompira13


舞台裏の控え室や舞台下(奈落)も見ることができます。この芝居小屋は今でも全て人力で装置を動かしており、回り舞台も舞台下で人間がエッコラエッコラ回しています。
Kagawa_kompira14


舞台下の通路
Kagawa_kompira15

 
ワイヤーアクションのように役者を吊り上げる装置
Kagawa_kompira16




この日は高松のホテルに宿泊。夕飯はホテルで紹介してもらったお店(日本料理屋)に行きました。お店の名前は忘れてしまったのですが.....。
ここでもカツオのたたきを食べたのですが、土佐酢でさっぱりとしていて高知で食べたのより美味しかった。
Kagawa_takamatsu01_2


これは穴子のお刺身。はじめて食べたのだけれど、身の締まった白身のお魚といった感じで美味しかった。
Kagawa_takamatsu02


イイダコの踊り。すだちを絞るとクニュ~っと動きます。
Kagawa_takamatsu03




これは高松のアーケド街にあった自転車の立体駐車場。東京でも見たことありません。番号を押すと自動的に自分の自転車が出てくるようです。高松は自転車に乗っている人が多くて、駐輪場があちこちにありました。
Kagawa_takamatsu04




高松では讃岐うどんを食べるのも楽しみだったのですが、19時くらいに閉店する店ばかりで、飲んだあとにうどんを食べるという感じではないようです。仕方ないので翌朝愛媛に移動する前に高松駅のうどん屋さんで食べました。かき揚げうどんを食べたかったのだけれど朝8時の時点で既に売り切れで、肉うどんにしました。
Kagawa_takamatsu05 
Kagawa_takamatsu06

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/09

厄払い(厄祓い)

何を隠そう今年は前厄です。
神社仏閣の装飾を見るのは好きですが信仰心のかけらもないので、厄払いなど不要ではないかと思っております。しかしながら、やらないで事故や病気になったら「ほらみろ」とか言われるに違いないので、どこかで厄払いをしてもらうことにしました。


そもそも厄払いはどこでしてもらうべきなのだろうか?
神社?お寺?どっちでもいいの?
それとも厄除け大師とか呼ばれる有名なところに行くべき?


Yahxx!知恵袋にはこんな回答がありました。
「住んでいる地域の守り神とされる氏神様といわれる神社に参詣するべきでしょう」
ぷぷぷ。各神社の担当地域って日本全国詳細にきちんと決められているものなの?市町村の合併があるたびにちゃんと更新されてるのかな?


厄払いのお布施はどのくらい支払うべき?
金額の多い方が効き目も高いのかな?


信仰宗教に関係なく、日本に居住する限りは厄払いをすべき?


厄払いの祈祷をしてもらったからと慢心するのと、厄払いはしてないけど厄年だから気をつけなきゃと思うのと、どちらが良い?


ネット上で厄払いできないものだろうか?


考え出したらきりがないので、小旅行を兼ねてどこか郊外の神社にでも行こうかなと思います。そんな気持ちで厄払いしてもらっても意味がないとか言われそうだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/07

DITA(ディタ)とSOHO(ソーホー)は同じではない

こう見えてオレはライチリキュールが好物です。
ライチリキュールはDITA(ディタ)が好きです。


ディタはダジャレになりやすいところも好きです。
「ディタソーダを飲むと痛そうだ」とか、ディタとブルーキュラソーを使ったチャイナブルーというカクテルがあるのですが、「Youもチャイナブルーにしちゃいな」とか。


DITAをネットショップで買おうと思って探していたところ、本場フランスをはじめ海外では「SOHO」というブランド名で売られていることが分かりました。中身は同じと書かれており、SOHOの方が若干安かったので、こちらを購入しました。昨夜、SOHOを飲んでみたのですが.....




うへっ!これDITAじゃない!
香りも違うし、味も違う。なんか臭いんだよね。DITAは日本人の口に合うように調整されてるのかな。よく見るとアルコール度数も違う。DITAは24度、SOHOは21度。中身は同じって書いた人はSOHOを飲んだのだろうか。双方を飲まずしてコメントしてもらいたくない。


......あっ、いや、別にダジャレを言いたかった訳じゃないんだけど。SOHOは友人が来たときにでも飲んで戴くとして、DITAを新たに買うことにします。


Soho_dita


もしバーテンダーで「DITAとSOHOは同じ味」だと感じる人がいたら、センスがないので別の仕事をした方がいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/05

四国旅行記②~香川編~

書かなきゃ行けない記事が溜まってるのだが、長文を書く意欲がなくてダメだなぁ。昨年の出来事はなんとか1月中には書き終えたい。


四国旅行二日目は香川に行きました。高知駅からJR土讃線に乗り琴平で下車。予報では曇りでしたが、あいにく小雨の天気でした。参道を通り、こんぴらさん(金乃比羅宮)へ。長い階段をてくてく上って行くのですが、入り口にあたる大門ですでにヘトヘト。ここまで365段。冬なのに汗だくです。


Kagawa_kompira01


書院にて円山応挙の障壁画などを観覧。オレとしては伊藤若冲の「百花図(花丸図)」が一番印象的でした。


翌日まで気付かないのだが、書院の外観を撮影する際に誤ってISOを2000にセットしてしまい、その後もそのまま写真を取り続けてしまいました。なので、書院以降の写真はノイズが多くてザラザラした感じになっています。


ここにも霊獣がいました。彩色はしてないけど、なかなか見事な彫り物です。
麒麟(たぶん)。
Kagawa_kompira03 

Kagawa_kompira04


書院の近くでこんなものモノを発見!
造船会社が奉納した大型船のスクリューだそうです。
直径6m、重さ19.2t 。
Kagawa_kompira05


金乃比羅宮には農業殖産、漁業航海、医薬、技芸など広汎な神徳を持つ神様である大国主神の和魂神(にぎみたまのかみ)が祀られています。なので、海運の無事を祈って、海での仕事に携わる人が多く参拝に来るようです。


旭社の屋根の裏はこのような装飾がされていました。
なかなか珍しいです。
Kagawa_kompira08


書院から旭社まで290段。
ここからさらに急な階段を130段登ったところに御本宮があります。めちゃめちゃ急な階段で、上りはまだいいのですが、下りでコケたら死に至るかもしれません。
Kagawa_kompira09 
Kagawa_kompira10


御本宮から530段上ると奥社があるのですが、既に体力を使い果たし、そんな元気はこれっぽっちもありませんでした。奥社まで行く人はあまりいないみたい。参拝客は高齢者が多いのですが、オレが一番へばってたような気がします。計785段の階段はかなりきつかった。


長くなってしまったので、香川編のつづきはまた後日載せますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/03

蜘蛛事件

昨年末に大阪へ全日本フィギュアスケート選手権を見に行き、その日は大阪に泊まって、翌日は京都へ移動しました。河原町にあるホテルに泊まったのですが、明け方ふと目を覚ましました。


目をあけると、胸の上あたりになにかが見える。それは天井から糸でぶるさがっているクモでした。しかもタランチュラくらいの大きさ(全長8cmくらい)で、まっ黄色のクモ!見た瞬間、脚をシャカシャカ動かしやがった。ぎょえーっ!キモっ!びっくりして、ふとんごとクモをはねのけて飛び起きました。


すぐに部屋中の灯りをつけ、窓際のイスへ移動。
どうしたものか.....。とりあえず落ち着け。
あんな大きいクモは希少だろうから生け捕りにした方がいいかな。いや、待てよ。そもそも日本にあんなクモが生息しているだろうか?最近は外国のクモをペットにしてる人もいるみたいだから、それが逃げ出したのかな。でも、それがホテルの4Fにいるとは考え難いし。夢だろうか?もしくは小さいクモを見間違えたのかな。


生け捕りもいいが、クモも動くスピードも分からないし、結構素早くて襲ってきたら嫌だな。あの大きさと色からすると、毒蜘蛛の可能性も高いし。基本的にクモは嫌いじゃなくて、家に出没するクモは害虫を食べてくれるから、殺さずにそのままにしておくのだが、ここはやはりとどめを刺した方が良さそうだ。クモがまだ中にいると思われるふとんを上から何度も踏んづけました。


これだけ踏めば、さすがに死んだだろう。
恐々ふとんをあけてみました.....


ありゃ?なにもいない!
小さいクモすらいない。
逃げた可能性がないとも言えないが、夢だったのかなぁ。夢にしてはやけにリアルで、たしかにクモを見て飛び起きたんだけど。それとも霊的なものかな。なんかちょっと嫌な感じのする部屋だったから、もしかするとそういうたぐいのものかも。まぁとりあえず夢だったということにしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/02

クリオネ?

昨年12月31日のニュース記事に載っていた写真です。
三つの銀河が衝突した模様が観測されたそうだ。
「宇宙に羽ばたく鳥」という題名がつけられているのだが、オレにはクリオネにしか見えないなぁ。


ところでクリオネって一見かわいいけど、食事中は化け物みたいだよね。
かなり衝撃的なので心臓の弱い方は見ない方が良いかもしれません。
クリオネ食事動画
クリオネ風食事イラスト


Ginga_kurione

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/01/01

Gott Nytt År !

「Gott Nytt År」スウェーデン語で「あけましておめでとう」の意味です。何故スウェーデン語かと言いますと、今年は世界フィギュアスケート選手権大会がスウェーデンのイェーテボリで開催されるから。スウェーデンまで見に行こうかな。


日記の公開時刻を東京の日の出の時刻(6時50分)にしてみました。天気予報は晴れなので、東京では初日の出を拝めたのではないかと思います。


昨年の記事数は123件。平均3日に1回の更新って感じか。まぁ今年も無理せず書けるときに書くようにしたいと思います。
ただ、たーさんらしい面白い記事が少なかったので、今年はそういう記事を多く書きたいなぁ。


オレ様と皆様にとって素敵な年になりますように!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »