« 厄払い(厄祓い) | トップページ | クロノティッシュ »

2008/01/12

四国旅行記②.⑤~香川編その弐~

こんぴら参りを終えて訪れたのは旧金毘羅大芝居(金丸座)
1835年に建てられたこの建物は、江戸時代は全国的にも有名な芝居小屋として賑わった日本最古の芝居小屋。昭和に入って一時期廃館となっていたのですが、近年になって修復工事が行われて当時の形そのままに復元されました。1985年以降は毎年春に歌舞伎の公演が行われています。


Kagawa_kompira12


公演の時期以外は内部を見学することができます。平日の夕方だったこともあり、自分以外の見学者は一人もいなくて、ゆっくり隅から隅まで見ることができました。
なお、前の記事に書いたとおり、誤ってデジカメの設定を高感度撮影にしているため、画質がかなり粗いです。
Kagawa_kompira13


舞台裏の控え室や舞台下(奈落)も見ることができます。この芝居小屋は今でも全て人力で装置を動かしており、回り舞台も舞台下で人間がエッコラエッコラ回しています。
Kagawa_kompira14


舞台下の通路
Kagawa_kompira15

 
ワイヤーアクションのように役者を吊り上げる装置
Kagawa_kompira16




この日は高松のホテルに宿泊。夕飯はホテルで紹介してもらったお店(日本料理屋)に行きました。お店の名前は忘れてしまったのですが.....。
ここでもカツオのたたきを食べたのですが、土佐酢でさっぱりとしていて高知で食べたのより美味しかった。
Kagawa_takamatsu01_2


これは穴子のお刺身。はじめて食べたのだけれど、身の締まった白身のお魚といった感じで美味しかった。
Kagawa_takamatsu02


イイダコの踊り。すだちを絞るとクニュ~っと動きます。
Kagawa_takamatsu03




これは高松のアーケド街にあった自転車の立体駐車場。東京でも見たことありません。番号を押すと自動的に自分の自転車が出てくるようです。高松は自転車に乗っている人が多くて、駐輪場があちこちにありました。
Kagawa_takamatsu04




高松では讃岐うどんを食べるのも楽しみだったのですが、19時くらいに閉店する店ばかりで、飲んだあとにうどんを食べるという感じではないようです。仕方ないので翌朝愛媛に移動する前に高松駅のうどん屋さんで食べました。かき揚げうどんを食べたかったのだけれど朝8時の時点で既に売り切れで、肉うどんにしました。
Kagawa_takamatsu05 
Kagawa_takamatsu06

|

« 厄払い(厄祓い) | トップページ | クロノティッシュ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

本当旅好きですね~キャッ(/д\*))((*/Д\)キャッ

写真すんごい綺麗☆


おいしいものうらやましい♪


投稿: つばもに。 | 2008/01/13 05:16

つばもに。さま、コメントありがとうございます!


全国制覇を目指して、今年もいろんなところへ旅して、美味しいものを食べまくりたいと思います。

投稿: たーさん。 | 2008/01/13 19:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/17661892

この記事へのトラックバック一覧です: 四国旅行記②.⑤~香川編その弐~:

« 厄払い(厄祓い) | トップページ | クロノティッシュ »