« 蜘蛛事件 | トップページ | DITA(ディタ)とSOHO(ソーホー)は同じではない »

2008/01/05

四国旅行記②~香川編~

書かなきゃ行けない記事が溜まってるのだが、長文を書く意欲がなくてダメだなぁ。昨年の出来事はなんとか1月中には書き終えたい。


四国旅行二日目は香川に行きました。高知駅からJR土讃線に乗り琴平で下車。予報では曇りでしたが、あいにく小雨の天気でした。参道を通り、こんぴらさん(金乃比羅宮)へ。長い階段をてくてく上って行くのですが、入り口にあたる大門ですでにヘトヘト。ここまで365段。冬なのに汗だくです。


Kagawa_kompira01


書院にて円山応挙の障壁画などを観覧。オレとしては伊藤若冲の「百花図(花丸図)」が一番印象的でした。


翌日まで気付かないのだが、書院の外観を撮影する際に誤ってISOを2000にセットしてしまい、その後もそのまま写真を取り続けてしまいました。なので、書院以降の写真はノイズが多くてザラザラした感じになっています。


ここにも霊獣がいました。彩色はしてないけど、なかなか見事な彫り物です。
麒麟(たぶん)。
Kagawa_kompira03 

Kagawa_kompira04


書院の近くでこんなものモノを発見!
造船会社が奉納した大型船のスクリューだそうです。
直径6m、重さ19.2t 。
Kagawa_kompira05


金乃比羅宮には農業殖産、漁業航海、医薬、技芸など広汎な神徳を持つ神様である大国主神の和魂神(にぎみたまのかみ)が祀られています。なので、海運の無事を祈って、海での仕事に携わる人が多く参拝に来るようです。


旭社の屋根の裏はこのような装飾がされていました。
なかなか珍しいです。
Kagawa_kompira08


書院から旭社まで290段。
ここからさらに急な階段を130段登ったところに御本宮があります。めちゃめちゃ急な階段で、上りはまだいいのですが、下りでコケたら死に至るかもしれません。
Kagawa_kompira09 
Kagawa_kompira10


御本宮から530段上ると奥社があるのですが、既に体力を使い果たし、そんな元気はこれっぽっちもありませんでした。奥社まで行く人はあまりいないみたい。参拝客は高齢者が多いのですが、オレが一番へばってたような気がします。計785段の階段はかなりきつかった。


長くなってしまったので、香川編のつづきはまた後日載せますね。

|

« 蜘蛛事件 | トップページ | DITA(ディタ)とSOHO(ソーホー)は同じではない »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/17586711

この記事へのトラックバック一覧です: 四国旅行記②~香川編~:

« 蜘蛛事件 | トップページ | DITA(ディタ)とSOHO(ソーホー)は同じではない »