« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008/04/27

H2S「重いガスがいっぱい」

最近、硫化水素による自殺が急増している。
自殺を肯定する気は全くないが.....

①楽に死ねる方法を調べて死ぬなんて下衆。
②流行に乗った死に方なんて無粋極まりない。
③他の人間を巻き添えにするなど愚の骨頂。


はっきり言って、硫化水素による自殺はめちゃめちゃカッコ悪い。あの世でも、「オマエ、硫化水素で自殺したのか!?ダッセェ!」とか言われて、永遠に蔑まれるに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/26

聖火リレー

世の中、自分勝手な人間ばかりで辟易する。


聖火リレーを妨害することが、チベット弾圧と同じくらい愚劣な行為だということに何故気付かないのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/10

中野サンプラザ

JR中野駅南口前を歩いていたときのこと。
女性二人が立ち止まって話をしていました。


女性A「この辺ってよく分からないのよねぇ」

女性B「向こう側にサンプラザ中野があるよね」


サンプラザ中野って.....爆風スランプだからcatface


ところで、中野サンプラザ取り壊しの話も出ているようだが、中野区のシンボルとして長年親しんできた建物なので、なくなっちゃうと寂しいなぁ。あの斜面を雪遊びのソリみたいのに乗って滑ってみたいし。


Sunplaza01


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/07

高山都@『ROOKIES-ルーキーズ-』

TBS系で4月19日(土)より放送開始の新番組『ROOKIES-ルーキーズ-』のオーディションで高山都ちゃんが1位になり、同番組への出演が決まりました。shine おめでとう!ヽ(●´▽`●)ノ


【<ルーキーズ>ヒロインに大阪出身の高山都さん 癒し系お姉さんで出演へ】
不良たちが野球を通じて更生していく青春テレビドラマ「ルーキーズ」のヒロインが6日、ネットオーディションなどでの投票の結果、大阪府出身の高山都さん(25)に決まった。高山さんは購買部の店員役で同作に出演する。
高山さんは同作の公式サイトとポータルサイト「ヤフー」の連動企画で行われたネットオーディションを通じて応募。約1200人の中から投票で選ばれ、この日東京・赤坂で行われたイベントで発表された。

Takayamamiyako01


本人曰く「あ、ちなみにね、ワタシの役は、原作にない、購買部でバイトしてる姉やんだよ。なので、ヒロインとかじゃーないのですわ。」とのこと。

彼女は元々モデルさんなので、女性誌を読まれる方は見覚えがあるという人も少なくないと思います。最近はCMやドラマなどでも活躍しており、福山君主演の『ガリレオ』にも大学の研究生役で出ていました。

このブログを始めた頃から右バナーの「お気に入りブログ」に彼女のブログへのリンクを貼っています。頻繁に更新しており、内容もかなり面白いので時間のある方は覗いてみてください。

高山 都公式ブログ 『ラブピスミヤレのおとぼけワールド
(いきなり動画が再生されるのでご注意を!)


↓こちらはYahoo!テレビ特設ブログ。
↓撮影現場の裏話を都ちゃんがレポートします。
ドラマ・ROOKIESの撮影レポート

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/04/01

エイプリルフール

今日はエイプリルフール。
フールってバカ者とか愚か者のことだよね。巧妙なうそをつく人って決してバカではないと思うのだが、なんで嘘をついても良い日のことをエイプリルフールと呼ぶのだろうか?


ちょっと気になったので、その起源について調べてみました。
英語では「April Fool's Day」といいます。foolには「バカ者」の他に「道化師」という意味もあるのです。


15世紀のフランス国王シャルル9世のもとにジャン・ポール・ビエットという一人の道化師がいました。中世のヨーロッパでは上流階級の者がお抱えの道化師を持つことが一般的でした。宮中の晩餐会などで芸を披露し人々を楽しませるのが彼の仕事です。

毎年4月1日は近隣諸国との友好を図るため、各国の国王を集めて盛大な晩餐会が開かれます。ジャンの芸は非常に面白いと評判で、彼の芸を楽しみにやってくる王様も少なくありませんでした。

ある年の4月1日、この日も近隣諸国の王が集められ晩餐会が開かれました。しかしジャンは不治の病に冒され、立っているのもままならないほどでした。ジャンはやつれた顔を化粧でごまかして必死の思いで芸を披露し、観客を大いに湧かせました。晩餐会が終わった後、シャルル9世はジャンを呼んでこう言いました。

「皆、非常に喜んでおられた。これからも余のために面白い芸を見せておくれ。」

「もちろんですとも。これからもずっと私の芸で王様を笑顔にして差し上げます。」余命幾ばくもないと分かりながらも、ジャンは笑顔でこう答えました。


それから数日してジャンは息を引き取りました。


ジャンの死を知った王様は非常に悲しみ、苦しくても死の間際まで道化師を演じてくれたことに感謝しました。そして彼の功績をたたえ、4月1日を「Avril idiot (April fool)」と呼び、人を楽しませるような嘘を言い合うお祭りの日にしました。


これがエイプリルフールの始まりです。








もちろんこの逸話もうそです。(≧ω≦。)プププ

<4月2日追伸>
エイプリルフールの起源については、有力とされる説もあるがあまり定かではない。なので、「ウソをついていいのは午前中まで!」などと言う人もいるが、そのルール自体がどうも嘘っぽい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »