« 恐怖のエスカレーター | トップページ | 高山都@『ROOKIES-ルーキーズ-』 »

2008/04/01

エイプリルフール

今日はエイプリルフール。
フールってバカ者とか愚か者のことだよね。巧妙なうそをつく人って決してバカではないと思うのだが、なんで嘘をついても良い日のことをエイプリルフールと呼ぶのだろうか?


ちょっと気になったので、その起源について調べてみました。
英語では「April Fool's Day」といいます。foolには「バカ者」の他に「道化師」という意味もあるのです。


15世紀のフランス国王シャルル9世のもとにジャン・ポール・ビエットという一人の道化師がいました。中世のヨーロッパでは上流階級の者がお抱えの道化師を持つことが一般的でした。宮中の晩餐会などで芸を披露し人々を楽しませるのが彼の仕事です。

毎年4月1日は近隣諸国との友好を図るため、各国の国王を集めて盛大な晩餐会が開かれます。ジャンの芸は非常に面白いと評判で、彼の芸を楽しみにやってくる王様も少なくありませんでした。

ある年の4月1日、この日も近隣諸国の王が集められ晩餐会が開かれました。しかしジャンは不治の病に冒され、立っているのもままならないほどでした。ジャンはやつれた顔を化粧でごまかして必死の思いで芸を披露し、観客を大いに湧かせました。晩餐会が終わった後、シャルル9世はジャンを呼んでこう言いました。

「皆、非常に喜んでおられた。これからも余のために面白い芸を見せておくれ。」

「もちろんですとも。これからもずっと私の芸で王様を笑顔にして差し上げます。」余命幾ばくもないと分かりながらも、ジャンは笑顔でこう答えました。


それから数日してジャンは息を引き取りました。


ジャンの死を知った王様は非常に悲しみ、苦しくても死の間際まで道化師を演じてくれたことに感謝しました。そして彼の功績をたたえ、4月1日を「Avril idiot (April fool)」と呼び、人を楽しませるような嘘を言い合うお祭りの日にしました。


これがエイプリルフールの始まりです。








もちろんこの逸話もうそです。(≧ω≦。)プププ

<4月2日追伸>
エイプリルフールの起源については、有力とされる説もあるがあまり定かではない。なので、「ウソをついていいのは午前中まで!」などと言う人もいるが、そのルール自体がどうも嘘っぽい。

|

« 恐怖のエスカレーター | トップページ | 高山都@『ROOKIES-ルーキーズ-』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

えっ…この逸話もうそなの!?
普通にありそうなのにぃsweat01
明日も就職活動でーす…><

だいぶあたたかくなってきたけど、夜は寒いから体調管理には気をつけないとねribbon

投稿: alice | 2008/04/10 00:26

aliceコメントありがとう!
たまに覗いてくれてたんだねhappy01


昼間は暑いくらいだけど、まだ朝晩は寒いよね。
いろいろ大変だと思うけど、aliceも就活頑張ってネnote

投稿: たーさん | 2008/04/10 00:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/40719926

この記事へのトラックバック一覧です: エイプリルフール:

« 恐怖のエスカレーター | トップページ | 高山都@『ROOKIES-ルーキーズ-』 »