« 大阪くいだおれ、江戸は何倒れ? | トップページ | カロリベジミックス »

2008/07/11

好色とは.....

前回の記事へのコメントで「好色」について書かれていましたので、別途記事にすることにしました。


NHKのテレビ番組『知るを楽しむ 歴史に好奇心』のテキストブックは、興味深いテーマのものをたまに購入しています。番組は見たことありませんが。

2008年6月のテーマは「江戸の色恋ものがたり」。

これまで「好色」という言葉は「女遊びが好きな(男性)」という意味だと思っていました。今日では批判的な意味で使われるケースがほとんどだと思います。しかしながら本来は全く違う意味でした。江戸時代において「好色な人」とは次のような意味だと書かれています。

「流行に敏感でセンスが良く、口の利き方も洒落ていて、人への気遣いも洗練されており、教養があって、三味線やその他の音曲や絵画などの芸術・芸能の能力も高く、恋心についてもよく理解できる」

これは男性にも女性にも使う、非常に評価の高い言葉だったとのこと。なので、このような魅力的な人間は本人が好む好まざるに関係なく異性が寄って来るのでしょう。.....あ、江戸時代はゲイがお盛んだったようなので、同性も寄って来たかもしれません。


好色とは現在の「ダンディ」に近いようです。
これからは「ダンディたーさん」と言われるように頑張ります。

ゲッツ!!

|

« 大阪くいだおれ、江戸は何倒れ? | トップページ | カロリベジミックス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/41800433

この記事へのトラックバック一覧です: 好色とは.....:

« 大阪くいだおれ、江戸は何倒れ? | トップページ | カロリベジミックス »