« ジャポニカロゴス『天下一ダジャレ武道会』 | トップページ | 山形のだし »

2008/08/27

ほんとにあった怖い話

昨夜放送の『ほんとにあった怖い話~夏の特別編2008~』を観ました。
『ほんとにあった怖い話』って、ほんとにあったことだからかなのか、あまり怖くないんだよね。なかにはちょっとじんとくるいい話もあったりして。


加藤ローサが出演した再現ドラマですが、仕事の疲れと、失恋のショックが重なったせいで心の病を患った女性が、長野県のとある病院で入院生活を送っていた.....というお話。

この女性が入院している部屋は個室なのだが、部屋がめちゃめちゃ広い!8~10畳くらいの広さで、ベッドの他に大きなソファやテーブルまで備わっている超VIPな部屋。東京であれば差額ベッド代が一日あたり5万円以上するであろう。地方だともっと格安なのかな?それとも霊のいる部屋だから特別価格なのか?

|

« ジャポニカロゴス『天下一ダジャレ武道会』 | トップページ | 山形のだし »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/42286778

この記事へのトラックバック一覧です: ほんとにあった怖い話:

« ジャポニカロゴス『天下一ダジャレ武道会』 | トップページ | 山形のだし »