« 豚耳の読み方 | トップページ | 2008 FigureSkating GrandPrixSeries »

2008/10/22

2008年フィギュアスケートJr.GPシリーズ

いよいよフィギュアスケートのシーズン到来です。happy01
2008年のGPシリーズは、10月23日より開催のスケートアメリカで開幕!


一方、ジュニアのGPシリーズは既に全8戦を終え、12月上旬に行われるJr.GPファイナルの出場者8名が決まっています。

ジュニア女子GPシリーズ順位
1. Kristine MUSADEMBA (USA)
2. Yukiko FUJISAWA (JPN)
3. Alexe GILLES (USA)
4. Kanako MURAKAMI (JPN)
5. Amanda DOBBS (USA)
6. Becky BERESWILL (USA)
7. Angela MAXWELL (USA)
8. Diane SZMIETT (CAN)

アメリカと日本の対抗戦という感じ。
日本勢はジュニアGPシリーズ初参戦の藤澤亮子(13歳/中学1年生)と村上佳菜子(13歳/中学2年生)がファイナル進出という予想外の結果。昨シーズンのジュニア界を席巻した西野友毬(15歳)は初戦フランス大会で15位と揮わず、日本スケート連盟の今シーズンの取り決め(※1)により、その後の大会に出場できませんでした。

【※1】
2008年Jr.GPシリーズ女子は、1~6戦まで二名ずつ派遣し、成績上位4名がラスト2戦に出場するという取り決め。


昨シーズンのジュニアで活躍したアメリカのRachael FLATT、Mirai NAGASU が、二人ともシニアのGPシリーズに昇進したこともあり、今シーズンのジュニア女子はここ数年に比べて少し見劣りする感じ。


今シーズンのJr.GPシリーズ女子最高得点は、第4戦チェコ大会で藤澤亮子の出した148.25ポイント。
昨シーズンの最高得点は、Mirai NAGASU の159.14ポイント。一昨年は、Caroline ZHANG の162.43ポイント。


しかしながら、数字が全てではないので、Jr.GPファイナルを映像で観られるのを楽しみにしています。

|

« 豚耳の読み方 | トップページ | 2008 FigureSkating GrandPrixSeries »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/42856364

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年フィギュアスケートJr.GPシリーズ:

« 豚耳の読み方 | トップページ | 2008 FigureSkating GrandPrixSeries »