« 2008年11月2日勝浦の気温 | トップページ | 男前豆腐店クリームパン »

2008/11/04

山形県酒田市飛島

我が家のトイレに貼ってあるアンティークマップのカレンダー。
11月は日本地図でした。1655年にイタリアの宣教師マルティーニが作製したもの。1655年は徳川4代将軍・家綱の時代。

Tobishima_10


この当時に作られたにしてはなかなか正確に描かれていると思います。特に貿易の拠点となった長崎周辺はかなり細かな島々まで描かれています。しかしながら一箇所すごく気になる部分が.....。

Tobishima_01a


現在の山形県酒田市飛島。この地図でも「Tobishima」と記されているように見えます。周囲が10km程度の小さな島なのだが、結構大きく描かれている。しかも飛島と本州の間にもいくつかの島々が描かれています。

現在、飛島の周辺には小さな島(岩?)はあるものの、地図にあるような大きな島は点在しません。佐渡島との間に粟島があるくらいです。

現在の飛島周辺の地図
Tobishima_02 
Tobishima_03


あれらの島々は当時は存在したけど、やがて消滅してしまったのだろうか?
飛島をデフォルメしてあるのは、なにか意味があるのかな?

江戸時代に大坂から蝦夷地まで行き来していた北前船が一時的に寄港することもあったようだが、さほど重要な拠点ではなかったように思えます。

|

« 2008年11月2日勝浦の気温 | トップページ | 男前豆腐店クリームパン »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ほんとだ・・・
なんであんなにでっかく書いてあるんだべw

でもほんと1655年にしちゃ正確だよねっ!
びっくり(゚ロ゚屮)屮

投稿: なな | 2008/11/04 19:49

飛島懐かしい~

でっかいね~!
昔は大きかったんじゃない?
って違うかッ

∵ゞ(´ε`●) ブ!!ww

投稿: つば | 2008/11/04 22:16

なな様、コメントありがとうございます。


伊能忠敬が中心となって作成した大日本沿海輿地全図が完成したのは1821年なので、その160年以上前にこれだけの地形が把握されていたとは驚きです。


ちなみに大日本沿海輿地全図では、飛島は大きさは小さいものの、なぜか二つ描かれています。
http://www.gsi.go.jp/MAP/KOTIZU/sisak/i070.html

投稿: たーさん | 2008/11/05 00:35

つばさま、コメントありがとうございます。


「飛島懐かしい」ということはもしかして飛島出身ですか?catface

投稿: たーさん | 2008/11/05 00:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/43009971

この記事へのトラックバック一覧です: 山形県酒田市飛島:

« 2008年11月2日勝浦の気温 | トップページ | 男前豆腐店クリームパン »