« 第77回(2008年)フィギュアスケート全日本選手権 大会スケジュール | トップページ | 長野の焼き鳥屋にて »

2008/12/27

第77回(2008年)全日本フィギュアスケート選手権 女子SPレビュー

ビッグハットって無駄に大きいだけでキャパ小さいし、席間が狭くて落ち着いて見れないし、オリンピックの会場だったとは思えない。angry
交通の便が悪くて、帰りは長野駅まで歩きましたが、25分くらいかかりました。今日みたいに寒いと結構キツイですね。たぶん明日も歩くと思いますが。


全日本選手権は毎年のことながら、1割り増しといった感じの点数ですね。特に浅田真央の点数にはみな驚いたみたいで(予想外に高くて)会場が一瞬静まり返りました。中野友加里はノーミスの演技で、すごく良かったです。安藤美姫は、なんと表現すればいいのでしょう、情熱的ではなくクールな感じの演技でした。武田奈也はケガを押しての出場とは思えないはつらつとした演技。笑顔が素敵でした。


その他、印象的だったのは、7位に入った村上佳菜子の演技。振り付けがとってもかわいくて楽しかったです。ジャンプだけでなくスピンやステップもキレがあって良かった。技術点だけを見ると4位の成績。今後が楽しみです。


浅田真央の優勝は間違いないと思いますが、2位以下が予想できません。鈴木明子もNHK杯のような演技ができれば逆転可能ですし、逆に安藤美姫はGPファイナルのような演技だと4位以下もあり得ると思います。

|

« 第77回(2008年)フィギュアスケート全日本選手権 大会スケジュール | トップページ | 長野の焼き鳥屋にて »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/43539436

この記事へのトラックバック一覧です: 第77回(2008年)全日本フィギュアスケート選手権 女子SPレビュー:

« 第77回(2008年)フィギュアスケート全日本選手権 大会スケジュール | トップページ | 長野の焼き鳥屋にて »