« [男性必読!]離婚防止の科学 | トップページ | ○○さん »

2009/01/28

道路交通法施行令改正(2009/6/1)

飲酒運転など悪質運転への行政処分を厳格化することを柱とした道路交通法施行令の改正案が閣議決定されました。
2009年6月1日より施行されます。


処分の厳罰化は良いことですが、まだまだぬるいです!thunder


「酒気帯び運転」のうち、呼気1リットル中のアルコール濃度が0.25mg以上の場合、違反点数が13点から25点に引き上げられ、過去に違反歴がなくても一発で免許取り消しになります。
同0.15mg以上0.25mg未満の場合は6点から13点に引き上げ、免許停止期間が現行の30日から90日になります。
また「酒酔い運転」の違反点数も25点から35点に引き上げられます。


以前も書きましたが、車は容易に大量殺人兵器になり得ます。
酒を飲んで車を運転するなど言語道断。
「私はなぜ飲酒運転が禁止されているか判らない頭の悪い人間です」とアピールしているようなもの。

「酒気帯び運転」のうち、呼気1リットル中のアルコール濃度が0.25mg以上の場合は、免許取り消しで欠格期間5年に。同0.15mg以上0.25mg未満の場合は、免許取り消しで欠格期間2年にすべき。

「酒酔い運転」は無期限の免許永久剥奪にすべきです。
「危険運転致死罪」や「ひき逃げ」も同様に無期限の免許永久剥奪にすべき。annoy


免許を取り消し・剥奪したところで、運転する人はするので、一日も早く免許証のICチップをかざさないと始動しない自動車を開発、義務化してもらいたい。

|

« [男性必読!]離婚防止の科学 | トップページ | ○○さん »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/43874550

この記事へのトラックバック一覧です: 道路交通法施行令改正(2009/6/1):

« [男性必読!]離婚防止の科学 | トップページ | ○○さん »