« 似非(えせ)エビちゃん | トップページ | 仮面ライダーキバ最終回、そしてディケイドへ »

2009/01/18

ユリウス・カエサル?or ジュリアス・シーザー?

昨晩放送の『世界不思議発見!』。

 「古代ローマ クレオパトラの魔法を解け!」
 かつて古代ローマで起きた大エジプトブーム!
 そこにはローマの英雄カエサルの戦略と
 エジプトの女王クレオパトラのかけた魔法が?

このような内容で、カエサルとクレオパトラにまつわるお話でした。


ところで、近年になって「ユリウス・カエサル」と呼ばれていますが、以前は「ジュリアス・シーザー」でしたよね?
世界史の授業で「ユリウス・カエサル」という名前を聞いた記憶がありません。寝ていたから覚えていない可能性も高いですが。


このブログでもそのことについて言及しています。たしかに我々シーザー世代は「カエサル」と言われても、なんかピンと来ません。
カエサルはラテン語、シーザーは英語。「外国人の名前のカタカナ表記は、なるべく原語の発音に近づける」という風潮にあるので、近年になって「ユリウス・カエサル」と呼ばれるようになりました。

世界史の教科書でも昔は「ジュリアス・シーザー」で載っていたものが、今では「ユリウス・カエサル」と記載されているみたいです。いったいいつ頃から教科書の表記が変更されたのでしょうか?


ただし、シェイクスピアの作品については、英語で書かれたものなので「ジュリアス・シーザー」とするのが正しいようです。


ちなみに、シーザーサラダはカエサルと同じ綴り「Caesar」と書くのですが、カエサルとは全く関係ありません。

|

« 似非(えせ)エビちゃん | トップページ | 仮面ライダーキバ最終回、そしてディケイドへ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

学校で習っていない言葉が日常生活で当たり前に使われていることで思い出したものに、「ポイント」という単語があります。

(例)A総理の支持率が30%から10ポイント下がって20%になった。

この「ポイント」って言葉は数学の授業では絶対に習いませんでした。annoy
いつの間にか(ここ10年くらい?)新聞やTVで当たり前のように触れることが多くなりましたが、数学が得意だっただけに気づいたときは戸惑いました。wobbly
今では教科書に載っているのでしょうか?

因みに、30%から10%下がると27%(30-30x0.1=27)です。

投稿: アオテツ | 2009/01/27 02:21

アオテツ様、コメントありがとうございます。


パーセントの差を表す「ポイント」という言葉は、いつのまにかニュース等で使われるようになりましたよね。


ちょっと気になったので調べたのですが、正確には「パーセントポイント」と言い、金融業界では以前より使われていた用語らしいです。
 
 
「ポイント」で思い出したのですが、同じように学校で習っていないのに日常生活で当たり前に使われている言葉で「ボイン」がありますよね。
「このボインちゃんheart」とか、「ナイスボインgood」とかいう言葉を最近よく耳にしますが我々世代には今ひとつピンと来ません。

投稿: たーさん | 2009/01/27 14:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/43771261

この記事へのトラックバック一覧です: ユリウス・カエサル?or ジュリアス・シーザー?:

« 似非(えせ)エビちゃん | トップページ | 仮面ライダーキバ最終回、そしてディケイドへ »