« Bonne Année !! | トップページ | 大人のハイチュウ!?『苺のチーズケーキ味』 »

2009/01/04

頭の良い人、悪い人

2008年は「おバカ」がもてはやされる年でした。
羞恥心やPaboの明るい人柄に元気をもらった人も多いかと思います。しかしながら、「勉強できなくても(しなくても)いいのではないか」と誤解した子供も多いかもしれません。


オレは少なくとも中学までの授業は全て必要だと思っています。脳の発育のためにも必要ですし、ある程度の一般常識も身に付きます。また、体育や美術なども含めて、自分が将来進みたい分野を見定めるにはいろいろな知識や経験を積んだ方が良いからです。高校からはなにか秀でた才能や、特別に興味のあることが見つかれば、それに特化して勉強(鍛錬)するのも良いかと思います。


ただし語学だけは別です。特に英語が話せて無駄になることはありません。できるだけ早い時期から勉強して、最低限英語を、できればもう一ヶ国語くらい話せるとベストです。これは仕事で使えるというのももちろんですが、外国を旅行して、その土地の人と話をするということは素晴らしい経験になるからです。


オレはハワイが好きで何度か訪れたことがあるのですが、英語が堪能ではないので、もっといろんなことを話し合えたらもっと楽しいだろうなとよく思います。


おっと、外国語以前に日本語が大事でしたね。言葉や文字はその国の文化なので大切にしなければなりません。いくら英語が堪能でも正しい日本を使えなければ意味がありません。
「こんにちは」「こんばんは」を「こんにちわ」「こんばんわ」と書くなど、最近日本語の誤用・乱用が目立ちます。新しい言葉も文化であるという考え方もありますが、基本を知ってて使うのとそうでないのとでは雲泥の差があります。


今知らなかったとしても恥じることはありません。これから覚えれば良いのです。最初は「羞恥心」が読めなかった上地雄輔も今ではちゃんと読めますよね。羞恥心とPaboの6人は最初はただの明るい「おバカ」だったかもしれませんが、この一年でいろんな番組に出て、様々な人と出会い、知識や経験を積んで、もはやただの「おバカ」ではないでしょう。




オレが思う「頭の良い人」とは、短い時間で最善の策を考えられる人です。オレは頭の回転が速い方だと思いますが、いろんなケースを想定してその対策に苦慮してなかなか決断のできないタイプです。瞬時にベストな答えを出せる人は、本当に頭が良いと思います。たとえば一流の棋士や雀士はそういう人だと思います。それを直感的に出来る人は「天才」と呼ばれるのでしょう。


オレがこれまで経験して来て、頭の良い人だと判る指標があります。
「車の運転がうまい人間は頭が良い」


「運転がうまい」というのは、峠を速く走れるとか車庫入れが上手だということではありません。状況に応じて最適な運転が出来る人です。車の運転というのは、視覚や聴覚、ハンドルからの触覚などからいろいろな情報が入ってきて、かなり難しいものです。これを瞬時に判断して適切な対応が取れるのは、頭の良い人間にしかできません。


教習所で教わることは規則と技術に過ぎません。
等速直線運動をする物体の運動エネルギーは、質量と速さの2乗に比例します。乗用車の重量は約1t~2t。車は誰もが簡単に手にすることができる大量殺人兵器でもあります。1tの物に乗られた経験なんてありませんよね?その何倍、何十倍ものエネルギーなのですから、想像を絶する恐ろしい力です。多くの人がそんなことも考えずに運転しているのでしょう。飲酒運転などもってのほか。罰則をもっと厳しくすべきです。


オレが思う「頭の悪い人=バカ」とは、モラル(道徳意識)に欠ける人です。
これは環境に起因するところが大きいと思います。親がバカだと子供もバカなケースが多いです。昭和から平成になり、そういうバカな人間が増えて来たように思います。


バカな男女が快楽のために避妊をせずにセックスをして、その結果子供ができ、ろくな教育もせずにバカな大人になり......という連鎖でバカ人間が増えているのでしょう。前にも書きましたが、このバカの連鎖はどうやって止めれば良いでしょう?


親が子供を殺す、子供が親を殺す、夫が妻を殺す、妻が夫を殺す、なんとなく誰かを殺す。そんなことが当たり前の世の中になりつつあります。地球温暖化を抑止することも大事ですが、人と人との温暖化を促進することも必要なのではないでしょうか。

|

« Bonne Année !! | トップページ | 大人のハイチュウ!?『苺のチーズケーキ味』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

たーさん・・私は日本語と英語しか話せません。
高卒でトンと英語はご無沙汰でしたが40歳過ぎてから国際電話で覚えました。
読み書きより直接耳で聞き話す方が楽です。(左耳は聴覚無しですが)右耳だけで6年かけてナントカ通常の会話はマスターしました。
米国とカナダに合計60名程の友人が居ます。友人の皆・夫々が私にとって英語の先生です。

車は19歳の時に免許を取りました。昔なので自動二輪免許もセットで付いて来ました。うふ♪
でも実際にバイク等の二輪車には乗った事が有りません。
ずっとゴールド免許で車に傷を付けた事は無し。

でも未だ「馬鹿」だと思っています。母を乗り越える迄には到って居ないからです。

昔は近所付き合いがシッカリ在り町内には口煩い爺ちゃん婆ちゃんが一杯居ましたね。
彼らは若者の生き方を見詰め続けた。今 彼らにとって代わる人が存在しないのです。
存在していたら真っ先に「狙われる」存在に成り得る。
怖い時代ですね。親が自制心を持たない限り益々エスカレートする子供は排出され続けます。
何とかならないものでしょうか・・ふ~・・

投稿: nyan2 | 2009/01/04 19:24

nyan2さま、フィギュアだけでなくこんな記事にもコメントして戴き、ありがとうございます。


外国にそんなにたくさんの友人がいるなんて素敵なことですね。


40歳過ぎてから電話で英語を覚えたとは、素晴らしいです。私は英語で電話をする機会も少ないですが、相手が何を言っているか分かっても、緊張して言葉が出てきません。
ただでさえ英語が堪能ではありませんが、顔の見えない相手と英語で話すのはより難しいです。
以前働いてた会社では、部長の席によく外国人から電話が掛かってくるので、不在時にはできるだけ電話を取らないようにしていました。 (゚∇゚ ;)


たしかに昔は口煩い爺ちゃん婆ちゃんが居ましたよね。叱られる方もちゃんと言うことを聞いたものです。
よくマナーの悪い若者を目にすることがありますが、自分が直接迷惑を被らない限り、注意することはありません。ヘタに注意したら、いきなり刺されかねないので怖いです。自分の命と引き換えに世直しする勇気はありません。


本当に何とかならないものでしょうかね。think

投稿: たーさん | 2009/01/05 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/43630116

この記事へのトラックバック一覧です: 頭の良い人、悪い人:

« Bonne Année !! | トップページ | 大人のハイチュウ!?『苺のチーズケーキ味』 »