« ※注意※2009年の恵方は東北東ではありません! | トップページ | 「たーさんの気になるBLOG」はアメブロへ »

2009/02/04

甲・東北東・東微北の違い(図解)

昨日に引き続き「恵方」のお話。

東西南北を16分割した「東北東」

東西南北を32分割した「東微北」

風水などに用いられる二十四山(二十四方)の「甲(きのえ)」
2009年の恵方は、この「甲」の方角です。


どう違うのか文字だけだと分かりにくいので、図にしました。

Compass02
赤の範囲 =甲 , ピンクの範囲 =東北東 , 青の範囲 =東微北

昨日の記事では方位を点とみなして書きましたが、一定の範囲を持っていると考える方が妥当でした。たとえば東北東は67.5度の方角ですが、その左右11.25度の範囲を東北東とします。


東北東はその東寄り半分だけ甲と重なっています。
東微北はほぼ全てが甲に重なっています。


「2009年の恵方は東微北」
これはあながち間違いではないです。

「2009年の恵方は東北東」
これは50%の精度なので、正しいとは言えません。


「節分に恵方巻きを食べる」という風習を全国的に広めたいのであれば、商品を売るだけではなく、「恵方巻き」を文化として広めるべきです。そのためには恵方(歳徳神や二十四山)の説明をする必要があります。

以前は、恵方巻きの予約特典として「恵方コンパス」を付けるサービスを行っていたコンビニもあったようですが、とても良いアイデアだと思います。


個人が「2009年の恵方は東北東」などと言うのは構いませんが、企業やマスコミがそういうウソの知識を植え付けるのは、来年からやめて戴きたい。

|

« ※注意※2009年の恵方は東北東ではありません! | トップページ | 「たーさんの気になるBLOG」はアメブロへ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/43954222

この記事へのトラックバック一覧です: 甲・東北東・東微北の違い(図解):

« ※注意※2009年の恵方は東北東ではありません! | トップページ | 「たーさんの気になるBLOG」はアメブロへ »