« 映画『ヤッターマン』 | トップページ | 雪洞 »

2009/03/02

テクスチャーって何?

こう見えて整髪剤にはポマードでなくワックスを使っています。

ここ数年使っているのがギャツビーのムービングラバー。
ショートヘアなので、整髪力の高いスパイキーエッジかワイルドシェイクを使っているのですが、新製品のパーフェクトホールドワックス・エクストラハードを買ってみました。


「最硬ホールド」という売り文句なのですが、整髪力はスパイキーエッジとさほど変わらない気がします。

しかしながらこのワックス、めちゃめちゃ硬い!
バターくらいの硬さ。
なので、手の平でよく揉んで軟らかくしてからでないと使えません。伸びも悪く髪にも念入りになじませないとダメで、セットするのに非常に時間がかかります。


巷での評価が気になったので、ネットで調べてみました。
意外にも概ね評価は高いのですが、やはり硬いという意見が多いです。

とあるクチコミサイトの書き込みを見たところ、複数の人が硬さを表現するのに「テクスチャ」という言葉を使っていました。「すごく硬いテクスチャ」とか「少し固めのテクスチャ」とか。


テクスチャ=テクスチャーって「見た目の質感」みたいな意味だと思っていたのだけれど、こういう使い方で合っているのかな?


辞書にはこう書かれています。
 1. 織物の織り方。また、織り地。生地。
 2. 木材・石材などの手ざわり。感触。また、質感。


本来は物体の表面の手触りや質感を現す言葉のようです。
上記書き込みのテクスチャは「粘度」という意味ですよね。


ヘアスタイリングの専門用語でワックス等の粘度を表すのに「テクスチャー」という言葉が使われているのかな?

それとも意味は適当だけど、カッコつけて「テクスチャ」と書いてみただけだろうか?

|

« 映画『ヤッターマン』 | トップページ | 雪洞 »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/44216082

この記事へのトラックバック一覧です: テクスチャーって何?:

« 映画『ヤッターマン』 | トップページ | 雪洞 »