« アサヒポイントゼロ飲みました | トップページ | 重量の不思議 »

2009/09/19

「鰍」


この漢字、なんと読むかわかりますか?


魚へんに秋と書きます。


秋の魚と言えば.....


そう!あれあれ!


あれですよ!
  




  




  
「かじか」です!!catface


こんなやつです。


カジカは海にいるやつと、川にいるやつがいるのですが、海のやつは「杜父魚」と書き、川のやつは「鰍」と書きます。また、渓流できれいな声で鳴いてるやつはカジカガエルです。


鰍は北陸ではゴリと呼ばれており、金沢のゴリ料理が有名です。佃煮(甘露煮)、刺身、から揚げ、骨酒、白味噌仕立てのゴリ汁など。


それにしても、秋を代表する魚と言えば誰もが「サンマ」を思い浮かべるのに、どうしてサンマは秋刀魚で、鰍がカジカなのだろう?


語源由来辞典によると、「鰍は中国ではドジョウを指すが、水底をはうように行動するところがドジョウに似ていることと、秋の魚であることから、日本ではカジカの漢字として用いられるようになった。」とのこと。

.....ふむふむ、なるほど。

一方Wikipediaによると、サンマが秋刀魚と表記されるようになったのは大正時代以降だそうです。「秋に獲れる刀のような形をした魚」という意味とのこと。すでに「鰍」の漢字はカジカに取られていたので、仕方なく秋刀魚にしたのかもしれません。

|

« アサヒポイントゼロ飲みました | トップページ | 重量の不思議 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/46248000

この記事へのトラックバック一覧です: :

« アサヒポイントゼロ飲みました | トップページ | 重量の不思議 »