« 鰍 | トップページ | manifestoholic »

2009/09/21

重量の不思議

「重量」とタイピングしてて、ふと気付いたんだけど.....


この重量っていう漢字、下のラインが揃ってないよね。
量が少し浮いてるように見える。


このフォントでこのサイズだと簡略化されて表示されるのかぁ。
重は「里」の下部が二本線だけど、量は一本になってる。


他に里が付く漢字を見てみました。

「童」はスペース的に二本入ると思うのだが、一本線だ。

「厘」はちゃんと二本線で里と書いてあるが.....
厘童量重

厘も童も浮いてるぞ!



ムムム.....


Σ|●゚Д゚●|


いや、違う!!
重が下にはみ出てるんだ。

里重宝重国重画重星重呈


画数の多い漢字と比較しても.....

龗重鱻重麤重籲重龖重虂重鬭


やっぱり重だけ下の線がはみ出してる。
なんで重だけなんだ?重いからか?





「重量」のフォントとサイズを変えて比較してみたところ、
おもしろいことがわかりました。

Juryofont_01


ゴシック系では、
フォントサイズ9ptと10ptで「重」が下にはみ出ています。


明朝系では、
フォントサイズ11ptと12ptで「量」が下にはみ出ています。


ウ・・ ウ~ン(-ω-`;。) 不思議だ。

|

« 鰍 | トップページ | manifestoholic »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/46264040

この記事へのトラックバック一覧です: 重量の不思議:

« 鰍 | トップページ | manifestoholic »