« 生暖かい夜 | トップページ | ※注意※2010年の恵方は西南西ではありません! »

2010/01/30

バーボンの風味がしないバーボンワッパーの不思議

バーガーキングが昨年12月より販売している「バーボンワッパー」。食べた人の感想を見ると、「バーボンの味がする」とか「バーボンの香りがする」といった記述が多くみられます。


以前の記事に書きましたが、私にはバーボンの風味は全く感じられませんでした。


確認のため、あらためてバーガーキングへ行って来ました。前回はジュニアだったので、今回は普通サイズを注文。


前回に比べてバルサミコ酢の風味が抑え目な感じです。前は包装紙を開けたときからかなり強い匂いがしていました。


▽・エ・▽くんくん.....
やはりバーボンの匂いはしません。


φ(c・ω・。)ψ もぐもぐ.....
やはりバーボンの味もしません。
ソースだけを舐めましたが同じです。


バーボンワッパーのソースには「0.15%」のアルコール分が含まれているとのこと。仮に使用しているバーボンのアルコール度数を45%だとすると、300倍に希釈している計算になります。1個あたりのソースを30ccとすると、使われているバーボンの量は、わずか0.1cc。


0.1ccのバーボンの風味を感じることができるって、超人的な嗅覚と味覚ですよ。


「バーボンワッパー」という名称なので、バーボンの風味がするものだと思い込んでしまっているのですね。だからバルサミコ酢の風味をバーボンだと勘違いしてしまう。たとえバーボンが全く使われていなかったとしても、気付く人はいないでしょう。

|

« 生暖かい夜 | トップページ | ※注意※2010年の恵方は西南西ではありません! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/47424400

この記事へのトラックバック一覧です: バーボンの風味がしないバーボンワッパーの不思議:

« 生暖かい夜 | トップページ | ※注意※2010年の恵方は西南西ではありません! »