« パッションだけ..... | トップページ | 生暖かい夜 »

2010/01/18

あらためて「人切り伊蔵」

2010年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』で、「人斬り以蔵」こと岡田以蔵の役を佐藤健くんが演じてるので、「人切り伊蔵」というフレーズでの検索で訪れる方がおられます。


「いぞう」で変換しても「以蔵」は出ず「伊蔵」が出るので、間違って検索してしまうのでしょう。


坂本龍馬(1836年生まれ)と岡田以蔵(1838年生まれ)は2歳しか違わないのに、40歳の福山雅治と20歳の佐藤健が演じるってすごいですね。1話・2話は1852年頃の話なので、福山龍馬は16歳からスタート。catface


さて、以前の記事にも書きましたが、岡田以蔵は芋焼酎で有名な「森伊蔵」とは字も違いますし全く関係ありません。森伊蔵酒造四代目当主の名前が「森伊蔵」というのだそうです。


その森伊蔵ですが、一升瓶の定価は3000円しないのに、2万5千円前後で取り引きされています。一升瓶の焼酎を一万円以上で買う人間は、よほど金が有り余っているか愚者かのどちらかですね。ブランドネームで物の価値を測るのは日本人の悪しき体質。自分の舌でうまい焼酎を探せばいいのに。

|

« パッションだけ..... | トップページ | 生暖かい夜 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/47324283

この記事へのトラックバック一覧です: あらためて「人切り伊蔵」:

« パッションだけ..... | トップページ | 生暖かい夜 »