« NANOX(ナノックス)くさいぞ!! | トップページ | ウインカー出さないドライバー多すぎる »

2010/08/12

マーケティング頭脳を搭載した次世代自販機

JR東日本ウォータービジネスは、2010年8月10日より、品川駅に次世代自販機2台を設置した。

Jreastwarter_01_3


[1]大型タッチパネルディスプレイ
1. 大画面ディスプレイで商品本来の魅力を表現。
2. タッチパネル式でお客さまはシンプルかつ楽しく操作が可能。
[2]高度なマーケティング頭脳
1. 自販機上部のセンサで顧客属性(年代・性別)を判定し、属性毎にお勧め商品を表示。
(注) 映像は保存できず、個人情報は記録できません。
2. 季節、時間帯、環境に応じた商品訴求を行い、お客さまの需要を喚起。
3. 売り切れ商品の画像が消滅し、機内在庫がある商品に置き換わることで、赤ランプ(売り切れ)非表示を実現。
4. 属性情報を含むPOS情報を取得でき、マーケティングデータとして活用。


投資効果があまり期待できないそうにないですね。
年代・性別で商品を勧めてくださるなんて、大きなお世話だ!
自分が飲むものは自分で決める!

オレはあまのじゃくなので、機械に勧められた商品は敢えて買わないでしょう。catface

|

« NANOX(ナノックス)くさいぞ!! | トップページ | ウインカー出さないドライバー多すぎる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/49125817

この記事へのトラックバック一覧です: マーケティング頭脳を搭載した次世代自販機:

« NANOX(ナノックス)くさいぞ!! | トップページ | ウインカー出さないドライバー多すぎる »