« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010/10/31

コエンザイムQ10

とりあえず3週見たけど、実にくだらない。down


意味不明なエピソードや稚拙な演出ばかり。


佐藤健と前田敦子である程度数字取れると思って、手を抜いて作ってるんじゃないの!?


佐藤健はせっかく「龍馬伝」で演技力を世間に知らしめたのに、このドラマで評価が下がりそう。役者歴に汚点を残す作品になりそうです。


もう来週から見なくていいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/29

non-no

情報収集の一環として、BS-TBSの「non-no TV」を毎週見てるうちに、雑誌の「non-no」を読みたくなったので買ってみた。普通きっと逆なのだろうけど。


Nonno_01


知ってるモデルさんがたくさん出てるし、ファッションやコスメも興味深い。佐藤健くんの特集があったり、ゴセイレッド・千葉雄大くんのコーナーがあったりとか。

600円にしては読み応えあるし。毎月買おうかな。
特別付録をどうするか困るけど。

ノンノって「non・no」と表記するのかと思ったら、「・」ドット(中点)ではなく「-」ハイフンを用いるんだね。


ちなみに知識としてトレンドを知っておきたいだけで、女装の趣味は全くありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/27

2010年台風14号接近中!

2010年10月26日21時現在、台風14号(チャバ)は沖縄の南にあって、西北西へゆっくり進んでいます。中心気圧は965hPa、中心付近の最大風速は35m/s。


勢力を強めながら北上し、10月31日には東海から関東にかけて接近または上陸する見込み。

[気象庁台風情報 10月26日21時]
Typhoon1014_01


ちなみにJTWCの予想では、もう少し北の進路で、紀伊半島南部に上陸し、関東北部を通って、福島の東に抜けるコースになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/26

村上佳菜子@2010年NHK杯エキシビジョン

今シーズンのエキシビジョンのプログラムは『ビー・イタリアン』。

SEXYな大人の女性をイメージした演技が素敵です。
四肢を大きく使った滑りは、非常に見映えが良いですね。

3F+2A, 3S+2Lo+2Loなどのコンビネーションを入れているのも彼女らしい構成。


[村上佳菜子 2010年NHK杯エキシビジョン]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/25

村上佳菜子@2010年NHK杯女子SP


[村上佳菜子 2010年NHK杯女子ショートプログラム]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/23

2010年フィギュアスケートNHK杯女子SPレビュー

村上佳菜子素晴らしいシニアグランプリデビュー!!


エキシビジョンかと思わせるような楽しいプログラム。
見る者を笑顔にする才能は失われていません。
ジャンプも良かったですが、スピンにキレとスピードがありました。


フリーでは、3F+3Tか3T+3Tか分かりませんが、自分の滑りができれば、表彰台に上れると思います。


Murakamikanako_01s

Murakamikanako_02s


浅田真央の出来は予想の範疇。
減点1の理由が気になります。時間かな?
全日本選手権までにある程度の形ができれば良いです。


全体的に点数が低めですが、今シーズンからSPの必須要素が変更されたことによるもの。これまでの点数と比較しても意味がありません。


アメリカのキャロライン・ザンは身体も大きくなり、大人になっていました。
(世間の流れに追随して表記はジャンじゃなくてザンにします)


レイチェル・フラットはさらに大人になっていてびっくり。
20代後半の貫禄があります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/21

2010年フィギュアスケートグランプリシリーズ開幕

2010年ISUグランプリ第1戦日本大会「NHK杯」、
明日10月22日(金)開幕!


(スケジュールは「たーさんの気になるBLOG」を参照のこと)


今シーズンの女子は、昨シーズンのファイナリスト二名、キムヨナとジョアニー・ロシェットがエントリーしていません。新たなコーチを迎えて間もない浅田真央もまだ本調子ではないようですし、GPファイナル進出者の予想は難しそう。


そんな中でたーさんが一番注目してるのは、もちろん村上佳菜子。
3F+3Tまたは、3T+3Tのコンビネーションジャンプを入れたプログラムで練習しているとのこと。PCSを低く評価されがちな若手選手が高得点を狙うには、3回転+3回転のコンビネーションが必要不可欠です。


村上佳菜子は第1戦と第4戦(スケートアメリカ)に出場。
ファイナル進出には、米国勢との争いがカギになりそうです。


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/19

小学校同窓会

先週の土曜日は小学校の同窓会でした。


オレは中学から私立に行ったので、超久々に会う人ばかり。
担任の先生方にもお会いすることができて、嬉しかったです。


みんないいオヤジ、オバサンになってるかと思いきや、そうでもなかった。


何を着て行くか非常に迷って、無難にスーツにしたのだけれど、もっとカジュアルな服装でよかったみたい。スーツ着るとかなり老けるので、いいオヤジに見えたに違いありません。ああ失敗sweat01


オレは声が若いとよく言われるのだが、先生曰く小学生の頃から声質が変わってないようだ。


1次会ではまだ緊張していて、あまり多くの人と話せず、2次会で打ち解けてきて、3次会でブレイクしました。2次会では飲みもののオーダーをするのが面倒で、あまり飲まなかったのだけれど、もっと飲んで早めにブレイクすれば良かった。


でも、小学校の友人といると、素に近い自分でいられることがわかりました。ああ、なんかこういうのいいな。confident


2次会では赤外線が飛び交い、メアドを交換したので、また飲みに行きたいなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/15

Cure Moonlight

『ハートキャッチプリキュア!』、ずっと見ていなかったのだが、しばらくぶりに見てみたら、キュアムーンライトが復活していた。


そろそろプリキュアを卒業する年頃かなと思っていたが、キュアムーンライトが出るのであれば、また観なければ。


なんか「大人のプリキュア」みたいな雰囲気が好きです。


Curemoonlight_01

Curemoonlight_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/14

また盗用か.....

アクセス解析を見ていたところ、また記事が盗用されているのに気付いてしまった。


Yahoo!知恵袋みたいなサイト『Sooda!』
茄子には灰汁がありますが、水にさらしさて灰汁抜きせずに調理した場合、どんな影響があるのでしょうか?
という質問に対する回答
Nasuaku_01


この回答は、2008年9月4日「なすのアク(クロロゲン酸)と油の話」の記事のコピペ。一箇所言い回しを変えていますが、それ以外同じ文章をそのまま載せています。


特に回答者の利益になるようなことはなさそうなので、質問者の役に立てたと思えばいいかなぁ。でも一生懸命書いた文章を安直にコピペして使われると、いい気分しないです。despair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/06

スキャンダルなんかブッ飛ばせ

SCANDALの8thシングル「スキャンダルなんかブッ飛ばせ」本日発売!


作詞作曲は阿木燿子・宇崎竜童夫妻によるもので、80年代アイドル風な曲に仕上がっています。



「愛が欲しい はないちもんめ」というフレーズがあるのですが、歌詞の漢字が「花一匁目」と間違って表記されています。ただしくは「花一匁」。


匁(もんめ)とは尺貫法における質量の単位。
貫の1000分の1で、1匁=3.75グラム。

花を買うときの単位に使われていたので、花一匁という言葉があるようです。


阿木燿子が漢字を間違えたとは考え難いので、歌詞をデータ化する際に間違えたのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほうりきやすか

昨日の朝、起きて取り急ぎ枕元の携帯にメモした名前「ほうりきやすか」。


夢に出てきた女性の名前なんだけど、どんな役で出演したのか覚えてない。目覚めたときにその名前がすごく気になってメモしたのはたしか。


「ほうりき」って珍しい名字だよね。
漢字だとおそらく「法力」か「宝力」。


いったい誰なのだ?(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/02

大魔神カノンにオダギリジョーが!

昨夜、『大魔神カノン』最終回に、オダギリジョーが巫崎カノン(里久鳴祐果)の兄役として出演してた!happy02


セリフは「おまえらしい歌になったな」だけでしたが、存在感十分。


エンドロールには「友情出演」とか「特別出演」として名前が載るのかと思いきや、役名も書かれないその他大勢の一人として載っていました。おそらく自らそうしてくれと言ったのだと思います。ジョーイカス!


オダギリジョーの出演は、『仮面ライダークウガ』を一緒に作った高寺重徳プロデューサーの人徳かなぁ。


『大魔神カノン』なかなか良かったです。
題名に「大魔神」と付いていますが、特撮シーンはあくまでも付随的なもの。山形の田舎から都会に出てきた一人の女性がさまざまな挫折を経て、人間として成長していく物語。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »