« 2010年フィギュアGPファイナルSPレビュー(+Jr.女子GPF) | トップページ | ×エキシビジョン ○エキシビション (記憶違いに関する考察) »

2010/12/12

2010年フィギュアGPファイナル女子フリーレビュー

安藤美姫、鈴木明子、村上佳菜子、一つ飛んで、アリッサ・シズニー、ファイナルにふさわしい実に素晴らしい演技でした。


たーさん感激!!


久々に安藤美姫のガッツポーズも見れたし。
彼女はショートでも3回転+3回転を跳ばないプログラムにした方がいいですね。


村上佳菜子はジャンプやスピンも素晴らしいですが、ゾロの剣闘シーンをイメージしたステップが見ものです。ステップを踏みながら、あれだけの演技ができるとは素晴らしい!PCSも日に日に上がる訳です。


一方、コストナー......( ´_ゝ`)
実につまらないプログラム。
特に見るべき箇所もなく、なんかあっという間に終わってしまいました。
ルッツもフリップも跳ばないで、単独の2Aを二回跳ぶという超保守的なジャンプ構成。ジュニアでもあれはないです。その下のノービスクラス並み。あんなプログラムには、PCSをもっと低くするべき。他の選手が新たなレベルに挑戦してる中で、一人だけ時代に逆行してる感じ。選手としてもはや限界を迎えてるのかもしれません。

|

« 2010年フィギュアGPファイナルSPレビュー(+Jr.女子GPF) | トップページ | ×エキシビジョン ○エキシビション (記憶違いに関する考察) »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77209/50276327

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年フィギュアGPファイナル女子フリーレビュー:

« 2010年フィギュアGPファイナルSPレビュー(+Jr.女子GPF) | トップページ | ×エキシビジョン ○エキシビション (記憶違いに関する考察) »